ビアンキ乗りなら考えてほしい、チェレステパーツの活かし方

ビアンキと言えば、だれもが知っているチェレステカラー。

チェレステのロードバイクやクロスバイクに乗ると、チェレステのパーツが気になり始めます。



私もビアンキ乗りでチェレステのバイクを持っています。
そんな私が、チェレステを活かすカラーについて書いていきます。

世の中には、チェレステのパーツがたくさんある

ビアンキとは関係ないパーツメーカーであっても、チェレステカラーのパーツを出しています。
これは明らかにビアンキ乗りにターゲットを絞った商品だと思います。

例えば、タイヤ。
ブリジストンのタイヤに、メーカーはグリーンと言っていますがチェレステと思わしきタイヤがありますね。

サイクルコンピューターにもチェレステがあります。
ていうか、キャットアイがチェレステのサイコンを出しているのを知りませんでした。

バルブキャップにもチェレステがあります。

チェレステのバーテープはもうお馴染み。
吸いつくような感触で握り心地抜群のリザードスキンズのバーテープにもチェレステがあります。

Lizard Skins(リザードスキンズ) DSP 2.5 バーテープ チェレステ DSP 2.5
Lizard Skins(リザードスキンズ) (2012-02-20)
売り上げランキング: 60,937

サドルにもチェレステがあります。
完成車の段階でチェレステサドルが付いてくる場合もありますね。

ブラケットカバーにもチェレステがあります。
私がチェレステのロードバイクを買ったときには、ブラックのブラケットカバーが装着していましたが、付属品にチェレステのブラケットカバーが付いてきました。

ライトがチェレステなのは、もはや常識かもしれません。

リア用ライトもチェレステです。

チェレステのCO2インフレーター。

BIANCHI(ビアンキ) CO2 インフレーター <チェレステ> P02090001XX0
BIANCHI(ビアンキ)
売り上げランキング: 48,150

ボトルケージがチェレステなのもビアンキ乗りとしては常識です。

あまり知られていませんが、ミシュランのラテックスチューブはチェレステです。
チューブですので、外からバイクを見ても全く分かりませんwww

ビアンキストアに行ったとき、チェレステのBB(ボトムブラケット)を勧められました。
BBのカップがチェレステでした。
セラミックベアリングのBBでしたが、これはビアンキストア限定品なのか、通販では見つかりません。

まあ、ビアンキ乗りにターゲットを絞った商品の多さには驚かされます・・・



知っておいたほうがいいこと。全てチェレステはクドイ!

チェレステカラーのフレームに、バーテープやサドルやタイヤなどチェレステにして、サドルバッグやサイコンやライトなどの装備品もチェレステに・・・とやってみればわかりますが、恐ろしくクドイです。
私も最初、チェレステパーツを集めていましたが、チェレステが勢ぞろいした結果、とにかくクドイ車体が完成します。

私が行きついた結論としては、チェレステを活かすほかのカラーを差し色にすべしということです。

私が前に見たバイクですが、チェレステのフレームに、ホイールはフルクラムのレーシングゼロを入れていました。
レーシングゼロと言っても、スポークがレッドの限定品です。

これがまた、チェレステのフレームに合うんです。
特に、2011年ころのインフィニートなどのフレームに合わせると、最高にかっこいい。

このホイールは限定品なので手に入らず、タイヤをサイドラインがレッドのタイヤにしてました。

いろいろ試行錯誤した結果、チェレステに合うのは、レッド、ホワイト、ブラックの三つです。
これらをうまく差し色に使うと、フレームのチェレステが映えるのです。

フルチェレステに憧れる気持ちはわかりますが、チェレステはほどほどに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up