やっぱりディスクブレーキのロードバイクは流行らないのか?俺が独自の視点で語る!

ディスクブレーキのロードバイクが登場するようになってもうしばらく経ちますが、いまだに「ディスクブレーキってどうなのよ?」と感じている人は多いと思います。



実際のところ、自転車屋で店頭に並ぶロードバイクの傾向や、自転車屋へのインタビュー、私独自の視点から解説します。

自転車屋の在庫状況

大きめの自転車屋3軒、個人経営の自転車屋1軒を視察した限りでは、大きめの自転車屋でディスクブレーキのロードバイクが3台ほどありましたが(3軒で3台)、個人経営の自転車屋には0台でした。

大きい自転車屋の店員に聞いたところ、ディスクブレーキ車は取り寄せになると言われました。
口ぶりからは、あまりディスクブレーキ車の販売に積極的ではないような印象を受けました。

親しい店でディスクブレーキ車について聞いたところ、正直な話でいえば「様子見」と言っていました。
というのも、市場がディスクブレーキ一本に向かうならディスクブレーキ車を扱わないといけないが、従来のリムブレーキ車に乗っている人が、わざわざディスクブレーキ車を欲しがる理由が全くないため、ディスクブレーキ車が淘汰されてしまう可能性もあるとのこと。
わざわざディスクブレーキ車を欲しがる理由がないというのは、今まで使っていたフレームもホイールも、何の役にも立たないゴミになってしまうからだそうです。
愛用していた決戦用の高いホイールも、ディスクブレーキ車では全く使えないため、一からすべて買い直しになってしまい、そうなると費用的に大変というのが大きな理由だそうです。

ロードバイク一台目の人にも、上記理由からディスクブレーキが淘汰された場合に、パーツ調達で困る可能性があるため、店からは積極的に勧めることはしてないそうです。
ディスクブレーキ車が欲しいという人には、取り寄せで売るそうですが、そもそもディスクブレーキ車を欲しがる人がほぼいないということでした。



ロード用ディスクブレーキの「効き」

「ディスクブレーキはガツンと効くから、ロードでは危ない」という意見があります。
ロードのブレーキは、止まるためではなくあくまでもスピードコントロールだという考えから、危ないという発想なんだと思います。

ですが実際にロード用ディスクブレーキ車に乗ってみると、ガツンと効くような感覚は全くありません。
むしろ、キャリパーブレーキのほうがガツンと効くかもしれません。
これはかなり意外でした。

プロショップの人にも聞きましたが、普通の体力の大人の男性が乗る分には、キャリパーブレーキと晴天時走行では変わらない感覚だそうです。
ここであえて「男性」と書きましたが、手が小さく筋力も弱い女性が乗る分には、「すごく効く」という感覚になるそうです。
これはそういうセッティングにしているからだそうで、手の小さい人や筋力が弱い人が使う分には、十分なメリットがあるそうです。

ところが雨天時などのウェット状況になると、明らかな違いを感じます。
リムブレーキだと、ウェット状態ではブレーキ力が極端に下がりますが、ディスクブレーキではウェット時でもブレーキ力が下がりにくい感触です。

実際のところ、ディスクブレーキ車の発展はあるのか?

これについては非常に難しいと言わざるを得ません。
プロ選手は、スポンサーからの提供でバイクをもらえるので、ディスクブレーキ車になるのに当たって経済的に負担が生じるわけでもありません。
ところが、一般人は小遣いのなかからやりくりして買うわけです。
例えばですが、今までLOOKのフレームでデュラエース組、パーツも高いのをつけて総額100万程度のバイクに乗っていた人がいるとします。

そういう人が、また100万出してディスクブレーキ車を買うかと言われたら、正直ノーです。
せっかく持っていた決戦用ホイールも、ディスクブレーキ車には使えません。
そのためにわざわざ決戦用ホイールも含めて買い替えるかというと、恐らくは全くありえないでしょう。

そうなると、買うのはどちらかというと、新規購買層に限られてきます。
今までロードに乗っていた人が積極的にディスク車に買い替えるかというと疑問ですが、新規購買層は見た目のカッコ良さなども重視してディスクブレーキを選ぶかもしれません。

ですが、店頭には相変わらずリムブレーキ車ばかりが並んでいて、わざわざ取り寄せするくらいならいいやという人もいるでしょう。

こうなってくると、ディスクブレーキ車が流行る可能性は低い気がします。

実際、私は毎週いろんなところに走りに行きますが、ディスクブレーキ車は見たことがありません。

いろんな事情を考えると、今は様子見というほうが正解だと思いますね。

Shimano – Ultegra (アルテグラ) 6800 ブレーキキャリパー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up