メリダの2020年モデルが発表されているわけですが(アルミフレーム編)。

コスパがいいと評判のメリダですが、2020年モデルが発表されています。
実はまだ詳しく分かってない点やメーカーサイトもまだ2019モデルのままのようなのですが、今のところ分かっている点について書きます。

※アルミフレームの話だけです。



スクル、リアクト、ライドは継続

個人的にはアルミフレームの三兄弟、スクルトゥーラ、リアクト、ライドのどれかがモデルチェンジしてフレームが変わるのでは?と勝手に期待していたのですが、どれもフレームは同じで継続モデルになっているようです。

リアクトはリアクト400のみがアルミフレームで、ライドは過去にカーボンフレームなどもありましたが、2019モデルからはライド80というアルミ+プラリスの完成車のみとなってました。
これについても、2020年モデルでは継続のようです。

バーレーンメリダカラーはありません

例年、アルミスクルトゥーラの最高峰のスクル700や、リアクト400にはチームレプリカカラーがありました。
ランプレ時代はランプレメリダカラー、バーレーンメリダ時代はバーレーンメリダカラーですね。

2020年モデルでは、全ての車種にバーレーンメリダカラーがありません。

こちらは2019モデルのスクル700。


(フロアポンププレゼント) MERIDA メリダ 2019年モデル SCULTURA 700 スクルトゥーラ700 ロードバイク

こちらは2019モデルのリアクト400。

《在庫あり》MERIDA(メリダ) 2019年モデル REACTO400 (リアクト400)[エアロロード][ロードバイク・ロードレーサー]

2020年モデルの画像はチラホラ出回っているのですが、アルミフレームのスクルトゥーラについては、基本的には単色系にメリダのロゴというシンプルなカラーリングになっていました。
スクル700はブラック、もしくはレッド。
スクル400はホワイト、もしくはブルー。

通販禁止が拡大?

メリダの自転車ですが、メーカーからMGD(メリダグローバルディーラー)と指定されているものについては、通販禁止で対面販売のみとなっています。
以前からカーボンフレームについては全てMGD、つまり通販禁止になっていたのですが、これはまだハッキリと確定しているのか不明ですが、スクルトゥーラ700と400、リアクト400などもMGDになっているとの情報があります。

そうなると、通販可能なメリダの自転車というと、スクルトゥーラ100(クラリス)、ライド80(クラリス)、SILEX100、クロスバイクなどに限られてくるのかもしれません。

ここはまだハッキリ分かってない部分もあるので、もう少し様子見るしかありません。

とりあえず、2019モデルについてはまだ在庫があるようです。

見たところ、ほぼ全てのサイズとカラーで在庫があるようです。
リアクト400って、登場したときはかなり人気が出たような印象だったのですが、最近はそうでもないのでしょうか?
個人的には見た目が好きなんですが。

メリダの2020年モデルの動向を見ていると、ここ最近はE-BIKEに力を入れているような印象を受けます。
メリダの場合、開発拠点はヨーロッパにありますし、ヨーロッパでのE-BIKE市場は日本とは比較にならないほどらしいですし。
ヨーロッパ寄りの感じなんですかね?

台湾ブランドはコスパがいい、と言われていた時代もありますが、近年見ていて、そこまでジャイアントやメリダがすごくお買い得だなという印象が減っている気がしてます。
台湾でも例えばGUSTOのような激安カーボン車を出すブランドが出てきたりしてますし、やや影が薄くなってきているのかもしれません。

個人的には、リアクト400のアルミフレームでフラットバーロード組んで遊んでみたいなといつも妄想するのですが。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする