11sスプロケにはデュラ、アルテグラ、105とあるけど、何が違うのか?

11速用のスプロケには、シマノでいうとデュラエース、アルテグラ、105とあります。
デュラエースのスプロケについては別格で高いのですが、そもそもグレード間でスプロケの作りの違いはあるのでしょうか?




デュラ、アルテグラ、105のスプロケ構造の違い

まずは品番のまとめです。

グレード 品番 特記事項
デュラエース CS-R9100
アルテグラ CS-R8000
CS-HG800-11 11-34Tのみ
105 CS-R7000
CS-HG700-11 11-34Tのみ

R9100とかR8000というのはシリーズ名ですが、先頭の【CS】というのは、カセットスプロケット(Cassette-Sprocket)の略だと思われます。
品番については、リアディレーラーならRD-R9100などとなりますし、よーく見ると結構わかりやすいもんです。

アルテグラと105には11-34Tのスプロケがあるのですが、これについてはあえて品番を分けている理由があります。
構造が全く違うからです。
普通、11速用ホイールにスプロケを入れる場合、スプロケをそのまま入れます。
ところがアルテグラと105の11-34Tスプロケについては、付属する1.85mmスペーサーを入れてからスプロケを入れる構造になってます。

ついにきた!!10速ホイールに付けられるシマノ11速スプロケ,CS-HG800-11。

なので11速の11-34Tスプロケについては、実は10速ホイールでも使えるんですね。
7900デュラエースのホイールなど。

スプロケの違いについてまとめました。

デュラエース アルテグラ 105
スプロケ素材 チタン(ロー側5枚)

スチール(トップ側6枚)

スチール スチール
スパイダーアーム素材 カーボン、アルミ 樹脂 樹脂
ロックリング素材 アルミ アルミ スチール
歯数、重量 175 g (11-25T)

193 g (11-28T)

211 g (11-30T)

189 g (12-25T)

205 g (12-28T)

232 g (11-25T)

251 g (11-28T)

269 g (11-30T)

243 g (12-25T)

300 g (14-28T)

292 g (11-32T)

335 g (11-34T)

284 g (11-28T)

304 g (11-30T)

320 g (11-32T)

269 g (12-25T)

379g (11-34T)

定価(税別) 25,319~27,458 8,123~9,154 4,862~5,624

同じ11-28Tで見ても、

デュラエース アルテグラ 105
193g 251g 284g

デュラと105では、100g程度の差があります。
ちなみにアルテグラとデュラのスチール部分のスプロケはブラスト加工という梨地になってます。
このようにすることで強度を上げているらしいですが。
触った感じ、何となくザラザラした感触になってます。

値段見てもわかるように、デュラエースのスプロケは断トツで高いです。
これの理由ですが、ロー側5枚がチタン製であることや、カーボン製のスパイダーアームを使っていることなどが挙げられます。

歯数の設定には大きな差があり、一番豊富なのはアルテグラですね。
アルテグラには14-28Tという、いわゆるジュニアカセットがあります。
これは高校生などがレースに出るときに、ギア比制限があるので、それをクリアするためのスプロケです。

高校生が守らないといけない【ギア比制限】って何?スプロケは何を選ぶ?

デュラエースではチタン製のスプロケが使われているのですが、チタン合金の特徴としては、軽量性、高強度、腐食に強いということが挙げられます。
ただ、チタン合金に言える欠点は、磨耗には弱めです。

デュラエースのホイールも、フリーボディがチタン製になってますが、軽量化のためですね。
そのためデュラエースのホイールは高くなっています。

ちなみにですが、チタンはアルミよりは比重が重いです。
アルミ製のスプロケットというのも、サードパーティから出ています。

トップギアのみスチールで、あとは全てアルミだそうです。
TNIのサイトを見ると、11-23Tで98g、12-28Tで117gともはや意味不明な数字を叩き出してます。
ただ、どうしても歯の加工精度がシマノよりも落ちるので、変速性能はガタ落ちします。
あと、耐久性についてはどうなんでしょうかね?
何が何でも軽量化したい人向けの、最後の飛び道具なのかもしれません。

デュラエースのスプロケの問題点

シマノ CS-R8000 11S 11-30T 12345791470 ICSR800011130
シマノ(SHIMANO)
売り上げランキング: 1,837

一般的に、どのパーツもデュラエースが最も性能がよく、最も耐久性が高いことが多いのですが、スプロケについてはデュラエースの耐久性は引くとも言われます。
これは、ロー側がチタン製で磨耗に弱いこともあるようですが、磨耗で交換するよりも、カーボン製スパイダーアームが壊れることがそこそこあるらしいです。

デュラのスプロケは使ったことないのでわかりませんが、なんだかんだアルテグラあたりのほうがいいのかもしれません。

ただ、デュラのスプロケにはある種の特権があり、唯一12-28Tが存在します。
トップ11Tなんて使わないけど、ジュニアカセットの14Tスタートは下りで足りないし・・・という人には、12-28Tあたりって最高なんでしょうけど、なぜかデュラエースの特権です。
その代わり、デュラエースには32Tとか34Tのスプロケはありません。

変速性能の差

リア変速の場合、変速性能差はグレードによっても正直小さいのですが、スプロケ単体だと私にはよくわかりません。
まあ、違いを感じ取れる人もいるのかもしれませんので、全くないとはいい切れませんが・・・

理論上というか、シマノ的にはデュラエースもアルテグラも変速性能の差はない、という形にしていると聞きます。
ただ、変速性能というのは、レバータッチだったり、ワイヤーの引きだったり、様々な要素が加わってくるわけで、全く差がないということはないでしょう。

個人的には、今使っているアルテグラのスプロケを、夜中にコッソリ105に変更されていたとしても、たぶん気が付きません。

迷ったらアルテグラでいいかと

スプロケについてですが、迷ったらアルテグラでいいんじゃないかと思います。
デュラエースはスパイダーアームの破損事例がそこそこあると聞きますし、歯数の種類もアルテグラが多いですし。
強度も理論上は105より上という扱いになってます。

シマノ CS-R8000 11S 11-28T 12345791358 ICSR800011128
シマノ(SHIMANO)
売り上げランキング: 1,837

注意点ですが、アルテグラや105の32Tとか34Tスプロケは、リアディレーラーがGSじゃないと対応していません。
また、ジュニアカセットの14-28Tは、リアディレーラーがSSじゃないと対応しません。

シマノ CS-R8000 11S 14-28T 45678901358 ICSR800011428
シマノ(SHIMANO)
売り上げランキング: 15,960




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする