【2020モデル】FUJI SL-A 1.3。ROUBAIXの後継機として登場したアルミレーサー。

FUJIのアルミロードと言うとROUBAIX(ルーベ)がありましたが、2020年モデルからSL-Aと名前が変わりました。
フラットバーロードのルーベオーラも名前が変わりMADCUPとなりましたが、

【2020モデル】FUJI MADCAP。ルーベオーラの後継機として登場したフラットバーロード。

どうも大人の事情で、ルーベという名前を使うことがマズイことになったという話も・・・

管理人
管理人
スペ〇ャラ〇ズドの影響?

詳しくはわかりませんが。

2020 FUJI SL-A 1.3


FUJIの軽量カーボンフレームにSLという車種がありますが、SL-Aはそれのアルミ版。
なのでジオメトリも同じだそうです。

前作のルーベは、フレーム重量が1080gと軽量アルミだったわけですが、SL-Aのフレーム重量は記載がありません。
ただし、105完成車のSL-A1.3が8.5キロとなっていて、ルーベ1.3(105完成車)も8.5キロでしたので、フレーム重量は同じと見て良さそうです。
パーツスペックも同じような感じですし。


フラッグシップモデルであるSLと同じジオメトリーとBB規格を採用し、カスタム 次第で7kg切りも可能なハイスペックプラットフォーム。FC-440フルカーボンフォークは振動吸収性と路面追随性能が高い一方で、高速コーナーの安定性も高次元で実現する剛性を併せ持つ。ロングライドからクリテ、ヒルクライムまでこれ1台でこなせるオールラウンドロード。フレームは全くの同スペックでアルテグラ仕様と新型105仕様の完成車をラインナップしている。これからレースに挑戦しようと考えているビギナーや学生のレーサーなどに特におすすめできる即戦力レースバイク。

https://www.fujibikes.jp/2020/products/sl_a_1.3/index.html

フジのHPではこのような説明がありますね。

ちなみに私、この文章を読んだ時、

管理人
管理人
最後のところ、【カレースパイス】に見えてしまったのはナイショです。

即戦力、で切らないと、私のように【カレー】と見えてしまい意味不明になります。

実際のところ、このバイクで重いのはホイールで、前後で1943gだそうです。
まあ、アルミ+105完成車で、いいホイールが付いてくることなんてほとんどないので、FUJIだけの欠点ではありませんが、どうしても鉄下駄ホイールが付いてきてしまうのがこの価格帯ですね。

スペックはこちら。

フレーム 6066アルミ
フォーク フルカーボン
STI 105
クランク Oval Concepts 300 52-36
FD,RD 105
スプロケ 105 11-30T
ブレーキ 105
ホイール Oval Concepts 327
タイヤ Vittoria Zaffiro Pro, 700 x 25c
定価(税別) 179,000

Oval Concepts 300というクランクが付いてきますが、重量は818g。
105のクランク(FC-R7000)が重量で言うと742.6 g (52-36T)なので105よりもちょっと重いクランクということですね。
まあ、クランクについてはシマノにしたほうが変速はいいのですが、どうせ変えるならアルテグラのクランクのほうがいいです。
アルテグラ以上だと、チェーンリングまで中空化しているので、フロント変速がキレを増します。

FC-RS500(RS510)からのクランク交換はアルテグラがオススメ。

シマノ FC-R8000 52X36T 170mm 11S IFCR8000CX26
シマノ(SHIMANO)
売り上げランキング: 69,772

ちょっと値段が上がりましたが

2019モデルのルーベ1.3が税別で159,000円でしたので、2万円アップですね。
フジのフレームって、キレ味鋭い加速という勝手なイメージがあるのですが、ルーべ同様の軽量アルミは継続のようです。

カラーは1種類のみのようで、エレクトリックブルーのみのようです。
ブルー系ってありそうでそんなに多くないので、欲しい人も多いのではないでしょうか?

FUJIの場合、実はそんなに取扱店が多いわけでもありません。
アメリカンブランドとしては、トレック、スペシャライズド、キャノンデールの3大巨頭がいるので、どうしても影が薄くなりがちなFUJIですが、フレームの出来と価格では結構いい線を行っています。

他人と被りにくいというメリットもあるのと、軽量アルミで実力を備えているので、影の狙い目アルミフレームかもしれません。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする