コーダブルームのジュニアロードバイク、FARNA24を見ていく

小学生のお子様向けのロードバイクをお探しの方は、あまりの選択肢の少なさに愕然とすることでしょう。
しょうがないです。
ジュニアロードバイクについては、正直なところ需要が少なすぎるため、ほとんどのメーカーは作ってすらいません。



そんな中で、日本発のブランドであるコーダブルームが出しているFARNA24がなかなか良さそうだということでご紹介いたします。

FARNA24のスペック

フレーム アルミ
フォーク アルミ
クランク PROWHEEL 48/34

クランク長152㎜

フロント

ディレーラー

FD-2400

(クラリス)

リア

ディレーラー

RD-2400-SS

(クラリス)

シフター ST-2400

(クラリス)

スプロケ シマノ13-26T(8s)
タイヤ 24インチ
ブレーキ シマノ R451
付属品 ベル、リフレクター、

補助ブレーキレバー、

ペダル

重量 9.1キロ
適応身長 135~150センチ

ジュニア用ロードバイクなので24インチタイヤ採用。
適応身長が135~150センチなので、9歳~12歳くらいでしょうか。

ジュニアロードバイク選びで大切なこと

ジュニア用ロードバイク選びでは、フレームの素材とかフォークの素材だというのは正直なところ大きな要素ではありません。
もちろんですが、ジオメトリがどうのこうのとかもあまり関係ありません。
そもそもジオメトリで選べるほど車種もありませんし。

子供で最も問題になるのは、手が小さいということです
そのためSTIのブレーキレバーではまともに握ることすらできず、STIでブレーキの制動力を発揮することはほぼ無理だと考えていいです。

したがってほとんどのジュニアロードバイクには、補助レバーがついています。
補助レバーはジュニアロードバイクでは必須のアイテムと言っていいでしょう。

次に、同じく手が小さいため、STIではまともに変速できない場合があります
そのため、ジュニアロードバイクの中には、STIではなくハンドルにサムシフターを付けているものも多く存在します。

ところがです。
多くの子供は、パパの乗るロードバイクを見て、STIの変速がカッコいいと憧れます。
もうこれは仕方がない現象で、自然の摂理と言ってもいいくらいかもしれません。

このFARNA24では、サムシフターではなくSTIが採用されています。
恐らくは小学校高学年くらいだと、STIでブレーキをかけるのは困難な子がいたとしても、STIでの変速はそれほど困難ではないと思います。
なのでブレーキは補助レバーを使うことにして、STIはシムでレバーを近づけて小さい手でも変速しやすいようにしておけば、それなりに使えるはずです。

ジュニアロードバイクだとターニー7速モデルもありますが、クラリス8速だとちょっとだけ優越感もあります。
8速のほうがスプロケの選択肢もあるので、子供用にワイドなスプロケを入れることも可能。
車輪が24インチと小さいので、リア13-26Tでも十分な気もしますが、選択肢が多いということはジュニアロードにとって大切な概念です。
ちょっとの差で、乗れたり乗れなかったりしますから。
この感覚が、大人用のロードバイクとの大きな違いでしょう。

ジュニア用ロードバイクの場合、セッティングが命です。
大人以上にセッティングがシビアだと思ってください。
買ったら、パパと一緒にミリ単位でセッティングしていき、最適なポジションを探っていきます。

今なら定価67,000円⇒60,300円(税抜き、10%オフ)と割安で買えるので、ジュニアロード選びの選択肢としてコーダブルームも挙げてみてはいかがでしょうか?
カラーリングも癖がなくスッキリした感じで、万人受けしやすそうです。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up