ロードバイクに乗るのに、サイクリングウェアじゃないとダメなのか?

ロードバイクに乗る人の多くは、サイクリングウェアを着ています。
ですがあのピチピチ感、初心者的には敬遠する人も多いと思います。

私も最初はそうでした。
最初のうちは、スポーツウェアではありましたが、ピチピチ感がないウェアを着ていました。




サイクリングウェアを着たほうがいい理由について、書いていきます。

私がサイクリングウェアを着始めた理由

私がサイクリングウェアを着出した理由ですが、最初はサイクリングウェアについている「バックポケット」に魅力を感じたからです。
最初の頃、荷物はバックパックに詰めてロードバイクに乗っていました。
そうすると、必ず肩が痛くなるんですね。
そのため、大きなサドルバッグに財布などを入れていた時期もあるのですが、容量に限界があり、サイクリングウェアを購入しました。

サイクリングウェアには、背中にポケットがついています。
これの理由ですが、普通のウェアみたいに前側にポケットがあると、前傾姿勢になるロードバイクでは邪魔になります。
そのため、バックポケットがあるサイクリングウェアというのは、非常に合理的です。

サイクリングウェアのメリット

サイクリングウェアのメリットはバックポケットだけではありません。
あのピチピチ感は、空気抵抗を抑えるには最適です。
また、サイクリングウェアは、背中側が長く作られています。
これにより、前傾姿勢になっても背中が出ないというメリットもあります。

また、ロードバイクでは前方から風を受けるわけで、お腹側と背中側の素材を変えて、汗を溜め込まないように工夫してあったりします。

バックポケットは、プロのレースでも重要なところです。
プロのレーサーは、レース中にバックポケットに補給食を入れています。
またアシストの選手が、サポートカーから受け取ったドリンクをバックポケットに入れて、ほかの選手に渡す場面もありますね。


まあ、この動画ではバックポケットではなく、ジャージに入れていますが。

私の場合、バックポケットに入れているのは財布とスマホです。
時と場合により、輪行袋を入れていることもあります。

ちなみにですが、バックポケットに携帯用ポンプを入れている人も見かけますが、落車時にポンプで背中を打って背骨を折った人を見たことがあるので、あまりオススメしません。

サイクリングウェアは快適

一度使ってみればわかりますが、サイクリングウェアを着てロードバイクに乗るのは非常に快適です。
ペダリングもしやすいですし、空気抵抗も抑えられ、余計な荷物を持たなくて済むようにバックポケットもあります。

滅多にありませんが、サイクリングウェアなしでロードバイクに乗った時、非常に違和感を感じます。
とにかくペダリングはしにくいし、服がかさばっているような感触で乗りづらい。

ピチピチ感に抵抗を持つ人は、ややカジュアルなサイクリングウェアもありますので、是非試してみてください。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up