新型デュラエースR9100のホイールについて。C40はリムハイト40mmではない!!

今日、自転車屋とちょっと話をしていました。
新型デュラエース、R9100はC24、C40,C60というラインアップに変わっています。
9000系ではC24,C35,C50でしたので、リム高が変わったのだと思っていたのですが、これは実は大きな間違いだったことに気がつきました。



C40とC60のクリンチャーについて

C40とC60ですから、てっきりリム高は40mmと60mmだと思っていました。

これ、実は間違いです。

ではまずは、C40ーCLから見ていきましょう。

WH-R9100-C40-CLのスペック


Shimano – Dura Ace (デュラエース) R9100 C40 カーボンクリンチャーホイールセット

重量 F674g、R834g

ペア1508g

スポーク数 F16、R21
リムサイズ 17c(ワイドリム)
リム高 35mm
リム素材 アルミ(カーボンラミネート)

http://cycle.shimano.co.jp/content/sic-bike/ja/home/components1/road/dura-ace_r9100/WH-R9100-C40-CL-F.html

http://cycle.shimano.co.jp/content/sic-bike/ja/home/components1/road/dura-ace_r9100/WH-R9100-C40-CL-R.html

ずっと、C40は40mmハイトだと思っていましたが、35mmです!
なんて紛らわしい・・・

じゃあ、9000系との違いは何なのかというと、R9100はワイドリム(17c)、9000系はノーマルリム(15c)ということです。

WH-9000-C35-CLの重量は1488gですから、R9100は20g増量したということですね。

ちなみにですが、C40のチューブラーはリムハイト37mmだそうです。
もう意味がわからん・・・

WH-R9100-C60-CLのスペック


Shimano – Dura Ace (デュラエース) R9100 C60 カーボンクリンチャーホイールセット

重量 F832g、R1019g

ペア1851g

スポーク数 F16、R21
リムサイズ 17c(ワイドリム)
リム高 50mm
リム素材 アルミ(カーボンフード)

C60クリンチャーのリムハイトは50mmです。
もうなんのこっちゃという感じですね。
ちなみにチューブラーモデルはリムハイト60mmだそうです。

WH-9000-C50-CLの重量は1672gですから、その差は179gですね。
リムハイトが変わっていないのに179g増量は、単にワイドリム化しただけでもなさそうな気がします。

正直、リムハイトが上がったのだと勝手に思い込んでいました

C40だから当然40mmだと思いこんでいましたし、C60だから当然60mmだと思い込んでいました。
ていうか、9000⇒R9100では、クリンチャーについてはリムハイトが全く変わっていません!
変わったのはリム幅で、ワイドリム化していますね。

これは恐らく、最近のトレンドのワイドリムで空力云々という話なんでしょうけど、どうなんですかね・・・
プロレベルだと空力を体感できる速度なんでしょうけど、一般人はノーマルリムで十分というか、ワイドリムで重くなったほうが不利な気がします。

それよりもネーミング。
個人的には、リムハイトが良くなったと勝手に評価していましたが、大きな間違いだったようです。
というのも、35mmハイトでも高速域ではエアロ性能を感じ取れますが、ちょっと中途半端というかエアロを重視するなら40mmくらいのほうがいいんじゃね?というのが私の意見だからです。
もちろん、登りも平坦もこなすオールラウンド性を求めるなら35mmハイトは正解といていいでしょうけど。

リムハイトが変わっていないなら、無理に名前を変えないでほしかったです。
紛らわしい・・・

そんなわけで、R9100のクリンチャーホイールは、リムハイトと名前は一致していません!
ここ重要です。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up