ホイール変えたらギアが一枚分軽くなるというのは真実か?





いろんなサイトなどで、『いいホイールにしたらギアが1,2枚軽くなった』という表現を見かけます。
これの意味ですが、今までのホイールで常用していたギアがあるとします。
そこにいいホイールを入れた場合、今まで使っていたギアだと軽く感じてしまい、一枚ギアをシフトアップしたらちょうどよくなった、という意味です。
今までは重くて常用できなかったギアを使えるようになるとも言えますね。

これは真実なのか、気のせいなのか。
これについて実体験から検証していきます。

比較対象のホイール

max16011508-2_tp_v

まず今まで使っていたホイールは、完成車付属品です。
MAVICのアクシウム。現行モデルだとアクシウムエリートになります。
重量は前後で1740g(メーカー値)。

比較対象のホイールは、同じくMAVICのキシリウムエリート
重量は前後で1520g(メーカー値)。

純粋にホイールの違いを味わいたいので、タイヤとチューブは同じものです。
タイヤはヴィットリアのオープンコルサCX3。チューブは同じくヴィットリアのブチルチューブ。
元々アクシウムに付けていたタイヤとチューブを移植したので、キシリウムにする際に新しいタイヤにしたわけではありません。

注:アクシウムにもキシリウムにも、マヴィックのタイヤが付属してきますが、それは使いません。悪いタイヤではないのですが、自分の好みのタイヤを使いたいので。

重量差

ppg_huruitaijyuukei-thumb-autox1600-13376

上にも書いたように、1740-1520=220gの軽量化!と言いたいところですが、アクシウムとキシリウムエリートには大きな違いがあります。
キシリウムエリートはリムテープが不要なんです。リムにスポーク穴がないからです。
リムテープは片輪で約20gありますから、合計で40g程度も合わせて軽量化になります。
なので合計で220g+40g=260g程度の軽量化です。

実際に乗り比べてみた

road-bikes-1562929_1280

まず、漕ぎだしの一踏み目で明らかな違いがあります。
今まで平坦なところでの信号待ちからのゼロスタートでは、フロント50T(アウター)、リア23Tでスタートしてました。(貧脚なのはとりあえず無視)
それでは軽すぎるスタートで、一枚上げてリア21Tが前のホイールと同じくらいの重さです。
とりあえず漕ぎ出しからニヤけます。

次に巡航中
これについてはあまり深いことを考えずに楽なギアを選択しましたが、スプロケ確認するといつもより1枚重たいギアを使ってます。
当然速度は上がります。2キロくらいは上がってます。




加速性

tsu893_saisoku_tp_v
ちょっと足に力を入れてみるとスルスルと加速していきます。
それに合わせてシフトアップしていきましたが、今までは重すぎて使えなかったギアを普通に使ってました。
その状態で10分くらいなら維持できます。アクシウムのときはそもそも重すぎて1分も持たないギアでも、とりあえず回せます。

登り

pps_inakanosakamichi-thumb-autox1600-13125
これの違いが顕著でした。
いつも走るコースに1キロくらい続く長い登り坂があります。
アクシウムでは、とりあえず平坦のところの勢いで33キロくらいで坂に突入し、早い段階でシフトダウン。坂の頂上付近では22キロくらいになるのがいつものパターン。
キシリウムエリートでは、坂の頂上で27キロ出てました。余裕です。ホイール万歳!

結論

kenta039_madaaketenai_tp_v

体験して一番顕著な違いを感じたのは、加速性と登りです。
重いホイールでは加速していったときや登り坂で『後ろに引っ張られる感』がありましたが、それがない。
もちろん、自分の限界以上にギアを重くすれば『後ろに引っ張られる感』はありますが、それがギア換算で1,2枚違います。

ギア1,2枚の違いなら、スピードにすると1~3キロくらいは違います。
たったそれだけ?と思う人もいるかもしれません。
でもスピードを3キロ上げるのって、容易ではないですよね。

アクシウムについては、完成車に付属してきたらほかのホイールよりはお得感があります。
完成車付属の正体不明のホイールって、2000gオーバーのものも多いですので。

明らかな違いは出ます。
スピードアップしたいならホイール変えちゃいましょう。

低価格でいいホイール

campy-zonda-wheelset
自分なりにはカンパニョーロのZONDAあたりが値段と性能のバランスがいいと思います。
またリアホイールのスポークパターンが本当にカッコイイ!
もっとお金が出せるなら他を検討してもいいですが、低予算で性能もしっかりというならZONDAがオススメ。
こちらでオススメホイールの紹介もしています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up