フレームの拭き掃除って何でやってますか?どれくらいの頻度でやりますか?【質問いただきました】

フレームの拭き掃除について質問を受けましたので回答いたします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
フレームの寿命を伸ばすためには定期的に拭いた方がいいと聞きました。
何でどのようにして拭いていますか?

どれくらいの頻度で拭いているかも教えてください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



回答いたします。

傷つけないものなら、何でもよいかと

先に書いてしまいますが、要はフレームを傷つけるようなものでなければ、道具自体は何でもいいと思います。
硬すぎる雑巾みたいなのよりは柔らかいウェスを使って、軽く水拭きというのが一番いいかと思います。

こんなのとかですかね。

レック 激落ちクロス マイクロファイバー 10枚入
レック(LEC)
売り上げランキング: 68

あくまでもゴシゴシ磨くのではなく、そっと拭いてあげる感じです。

私の場合ですが、順番としてはフレーム⇒ホイールのリム⇒タイヤと拭いておしまいです。
原則として、乗った後は必ず拭きます。

掃除の基本ですが、汚れが溜まってから落とすのは困難です。
毎回小さな汚れのうちに拭いてあげるほうが簡単にキレイになります。

私の場合、フレーム⇒リム⇒タイヤと拭くのですが、一枚のクロスでこれをやると、タイヤやリムの汚れがクロスに残ります。
クロスを洗ってもどうしてもクロス側に汚れが残り、それで次回フレームを拭くと汚れる原因になっていたので、今はこれを使っています。

スコッティ ウェットティシュー 本体 150枚
日本製紙クレシア
売り上げランキング: 3,271

だいたいですが一回の拭き掃除に使うウェットティッシュの量は4、5枚程度なので経済的です。
汚れたら捨てればいいだけですし、無くなれば詰め替え用を買ってくればOK。

アルコールタイプもありますが、アルコールが塗装に影響するのかしないのかがよくわからないので、とりあえずはノンアルコールタイプにしています。
まあ、間違ってアルコールタイプを買ってきて使っていたこともありますが、どれだけ影響しているのかは正直知りません。
念のため、ということでノンアルコールタイプを使っていますが、アルコールが塗装に影響するのかしないのか知っている方は連絡ください。

ずいぶん昔の話ですが、フクピカを使っていたこともありました。

プレステージ 自転車用おそうじクロス 5枚入り
プレステージ (2012-06-12)
売り上げランキング: 2,147

5枚でこのお値段ですから、ウェットティッシュは経済的に最強かと。

で、月に一回あるかないかですが、ワックス掛けします。

こちらは間違ってもウェットティッシュで拭いたりしません。
柔らかいクロス等で拭きます。

こんな感じで十分かと思います。

前に乗っていたビアンキのロードバイクでは、フレームに白い部分があり、そこにオイル汚れが残ることもありました。
そういうときはディグリーザーを使って拭くこともありました。

フィニッシュライン(FINISH LINE) マルチ ディグリーザー 600ml アルミボトル
フィニッシュライン(FINISH LINE) (2012-06-27)
売り上げランキング: 5,043

これをクロス等に少量付けてフレームを拭きます。
これを使うとオイル汚れは落ちやすいですが、塗装に影響を与える可能性もあると聞いたことがあるので、これを使った後はウェットティッシュで念入りに拭いていました。

リムの汚れにもディグリーザーは結構使えます。
なんですが、ディグリーザーを使ってリムを拭くと、次に乗ったときにブレーキ音がキューキュー鳴り出します。
なのでリムにディグリーザーを使った後は、同じくウェットティッシュで念入りに拭いていました。

ゴシゴシ拭かなければなんでもいい気が

力を入れてゴシゴシ拭くのは塗装を傷める可能性があるのでオススメしませんが、柔らかい素材で軽く拭く感じなら何でもいい気がします。

磨くという感覚よりは、拭く感じでしょうか。

一つ注意点ですが、フレームには細かい砂などの汚れがついていることもあります
それをクロス等に噛んだまま拭き掃除すると、砂によって傷だらけになることもあります。

なので私がやっているのは、ウェットティッシュで軽く拭いていき、砂っぽい感じとか大きな汚れを落とした直後に新しいウェットティッシュに変えています。
どうせ捨てるものなので、そのままディレーラー周りとかクランクとかも拭いたりします。
ウェットティッシュは汎用性が高く、ぶっちゃけ使い勝手がいいです。
普通に手を拭くときも使えますし。

フレームを拭くときに気を付けてほしいことですが、フレームの傷とかに注意しながら拭くことです。
こうすることで、フレームの異常をいち早く発見できます。

最後にタイヤを拭くときも、タイヤの表面に注意しながら拭きます。
そうすると、手触りで異物が刺さっているのとかもわかりますし、目視でタイヤの穴とかもよくわかります。

拭き掃除するときは、手の感触と見た感覚で異常と正常を判断することが大切です。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up