10万円程度で買えるカーボンフレームを探してみた。フレーム組み換え希望者は必見!

ちょっと前に、20万円程度で買えるカーボンフレーム特集を書きましたが、今回は【10万円程度で買えるカーボンフレーム特集】です。
最初に断っておきますが、中華カーボンフレームではありません。



それでは早速見ていきましょう。

初めに

この記事は前回書いた【20万円程度で買えるカーボンフレーム】と同様に、あくまでもフレーム組み換えを前提にしています。
例えば現在、アルミフレーム&105の完成車に乗っていて、カーボンフレームに変えたいけど予算がね・・・という人向けです。

フレーム組み換えの場合、自分で組む場合とショップで組んでもらう場合に分かれますが、ショップで組んでもらう場合の工賃の目安は3万円程度です。
多くの店では、【自店でフレームを買って組む人】と【持ち込みフレームで組む人】では工賃が違います。
相場としては前者だと15000円程度、後者だと30000円程度です。

それに加え、不足しているパーツ代が別にかかります。
ここでいう不足しているパーツですが、主なものとしてはBB,ワイヤー、ブレーキ、FDなどです。

アルミフレームの場合、多くの車種ではBB規格がJISだと思いますが、カーボンフレームだとBB30、PF86、BB386EVOなど特殊な規格が使われているので、それに応じたBBが必要です。
ワイヤーについてですが、フレームによってワイヤーの取り回しが違うので、ワイヤー長が足りなくなる可能性があるので交換前提です。

FDもアルミフレームだとバンド式だったりします、カーボンフレームの場合は直付だったりします。

この辺の詳しいことは、こちらで書いています。

Dedacciai Nerissimo(デダチャイ ネリッシモ)

国内定価 154,000円(税抜) ⇒ 79,999円(サイクリングエクスプレスVIP価格)

Dedacciai Nerissimo

フレーム重量 1050g
フォーク重量 380g
BB JIS
ヘッドパーツ  1-1/8″ – 1.5″
フレーム素材 カーボンモノコック

ハイモジュラスT700

シートポスト径 31.6mm
その他 電動対応

まずはデダチャイのフレームから。
デダチャイと聞いて知らない人もいるかもしれませんが、元々はフレームのチューブを作って各社に卸していたメーカーです。
デダチャイのフレームですが、正直なところでいうと完成度は高いと思っています。

サイクリングエクスプレスでのフレーム重量は1170gと記載がありますが、国内サイトでの重量は1050gとあります。
これはフレームサイズでの違いかと思われます。

この価格でこの性能なら、全然アリというイメージ。

エントリーグレードのフレームながらもハイモジュラスカーボンのT700採用でしっかりとした剛性があり、走りも期待できるフレームですね。

アルミフレームからの組み換えで特筆すべき点があるとしたら、このネリッシモのフレームはBB規格がJISです。
なのでアルミフレームのBB規格がJIS(ホローテック2、シマノ)ならばBBの変更なしにポン付けできるというメリットがあります。
正直なところ、BBはメンテナンス性の良さから見たらネジ切りJISが最強です。

なのでアルミ完成車から組み替えの場合、フレーム価格+工賃+ワイヤー代くらいで行けそうです。

DE ROSA IDOL(デローザ アイドル)

国内定価 268,000円(税抜) ⇒ 139,999円(サイクリングエクスプレスVIP価格)

DE ROSA IDOL

フレーム重量 1100g
フォーク重量 475g
BB BB386
ヘッドパーツ 1”1/8 to 1”1/2
フレーム素材 カーボンモノコック

ハイモジュラスT700

シートポスト径 31.6mm
その他 電動対応

デローザのアイドルって、やたらと海外通販で見かける気がします。
この値段ならかなりお買い得ですね。

BB規格がBB386なので、アルミフレーム完成車から組み換えする場合は、アダプターを噛ませたうえでシマノクランクというのが一番低コストかもしれません。

圧入系BBは下手するとフレーム壊すので、ショップに依頼したほうが無難です。

CARRERA ER-01(カレラ)


(フレームのみです)

国内定価 98,000円(税抜) ⇒ 98,999円(サイクリングエクスプレスVIP価格)

CARRERA ER-01

フレーム重量 1020g
フォーク重量 ? g
BB JIS
ヘッドパーツ  1-1/8″ – 1.5″
フレーム素材 Carbon Pre-Preg T-700 Sc Hm M30j Hs T800h
シートポスト径 31.6mm
その他 電動対応

ちょっとびっくりしたのですが、カレラのER-01のフレームですが国内定価でも98,000円です。
税金や組み換え工賃を考えるのであれば、普通にショップで発注したほうが安いかもしれません。

エンデュランスバイクのようですが、フレーム単体でこの価格だし、スペック上は結構良さそうに見えます。
コスパ重視ならこのフレームはアリかもしれませんね。

CARRERA VELENO TS(カレラ ヴェレーノTS)

国内定価 180,000円(税抜) ⇒ 119,999円(サイクリングエクスプレスVIP価格)

CARRERA VELENO TS

フレーム重量 950g
フォーク重量 360g
BB PF86
ヘッドパーツ 1-1/8″ – 1.4″
フレーム素材 Carbon Pre-Preg T-700SC SHM40 TONS – HR40
シートポスト径 31.6mm
その他 電動対応

カレラの軽量フレームですね。
これはアルミ完成車からの組み換えでも、7キロ台に持っていける可能性アリ。
レーシングバイクとしても良さそうなので、カラーが気に入れば選ぶ価値がありそうです。

Dedacciai Gladiatore(デダチャイ グラディアトーレ)

国内定価 131,000円(税抜) ⇒ 88,999円(サイクリングエクスプレスVIP価格)

デダチャイ グラディアトーレ

フレーム重量 970g
フォーク重量 380g
BB JIS
ヘッドパーツ 1-1/8″ – 1-1/2″
フレーム素材 モノコック

ハイモジュラスT700

シートポスト径 31.6mm
その他 電動対応

ロングライドが快適に出来そうなデダチャイのグランディアトーレ。
エントリーグレードながらもT700カーボンで抜かりはありません。

BB規格がJISなので、ほとんどのアルミフレームからはBB&クランクがそのままポン付け出来そうです。
デダチャイのエントリーカーボンって、結構安いんですね。

Dedacciai Ran(デダチャイ ラン)

国内定価 259,000円(税抜) ⇒ 134,999円(サイクリングエクスプレスVIP価格)

デダチャイ ラン

フレーム重量 965g
フォーク重量 325g
BB PF30
ヘッドパーツ 1-1/8″ – 1-1/4″
フレーム素材 モノコック

highest modulus MRC MR60/HR40

シートポスト径 27.6mm
その他 電動対応

国内代理店サイトだとフレーム重量は790gとありますが、恐らくはこれはXSサイズの重量かと思われます。
サイクリングエクスプレス表記だと、Mサイズで965g。

軽量のレーシングフレームという感じで、見た目もシックにまとまっている感じです。
BB規格がPF30なので、アダプター&シマノクランクがいいかと。

結構いいフレームなのに10万円ちょいで買えるのは驚異的な気がします。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ダリオ より:

    GIOSのカーボンフレームセット(TORNADO、GRESS、AERO LITE)も13〜15万で買えますね。

    • roadbikenavi より:

      情報提供、ありがとうございます。
      ジオスはノーマークでした。
      ありがとうございました。

Scroll Up