【2018年モデル】MERIDA RIDE400。ロングライド志向の105搭載アルミフレーム。

続々と2018年モデルのロードバイクが様々なメーカーから発表されていますが、大人気のメリダの2018年モデルです。
メリダは2018年モデルからリアクトのフレームについて変更がありましたが、今回はロングライドモデルのRIDE400です。



2018モデル MERIDA RIDE400


ロードバイク メリダ 2018年モデル ライド400【シマノ105搭載】MERIDA RIDE400 ROADBIKE【SHIMANO105】自転車【ペダルプレゼント】【期間限定防犯登録無料】【送料無料】

メリダにはレーシングモデルのスクルトゥーラ、エアロのリアクト、ロングライドモデルのライドの3つが主軸です。
スクルトゥーラはレーシングバイクと言ってもオールラウンドに使える万能性がありますが、ライドはヘッドチューブが長めでややアップライトなポジションが取れるのがウリです。

2018年モデルのスペックは、まだ完全には発表されていないようですが、販売店サイトを見ると以下のようになっています。
2017年8月29日追記、メーカーから正式なリリースがありましたので追記します。

フレーム Ride Lite-Single BSA(アルミ)
フォーク Road Carbon Race(カーボン)
クランク シマノ FC-RS510

50/34

FD 105
RD 105GS(ロングケージ)
スプロケ 105 11-32
ブレーキ シマノ R561
ホイール フルクラム レーシングコンプ
タイヤ Maxxis Dolemites 25 fold
カラー SILK BLUE(ホワイト)
SILK BLACK(レッド)
重量 8.7キロ

まずはカラーリング。
二種類あり、以下のようになっています。

2017年モデルとはカラーリングを変えてきましたね。

パーツスペックについてはまだ完全にはわかっていないので、わかり次第追記します。
フロントディレーラーが【105】となっていますが、これが旧型FDのFD-5800なのか、マイナーチェンジしたFD-5801なのかはハッキリとは書かれていませんが、まず間違いなくマイナーチェンジしたFD-5801だと思います。

理由ですが、クランクがFC-RS510です。
このクランクはFC-RS500のマイナーチェンジ版なのですが、なぜにマイナーチェンジしたかというと、上位コンポのデュラエースR9100とアルテグラR8000では、以前のクランクとは違いチェーンリングの配置が換わりました。
そのため、デュラエースR9100とアルテグラR8000のクランクを使うには、フロントディレーラーがR9100、R8000、マイナーチェンジしたFD-5801のどれかじゃないと使えません。

RS510はデュラエースR9100、アルテグラR8000と同じ設計で作られているので、旧型105のフロントディレーラーでは対応できないのです。

なのでFC-RS510が付いている時点で、フロントディレーラーはFD-5801でしょう。

これの詳細はこちらをご覧ください。
リアディレーラーが【SS】になっているので、ついてくるスプロケは【11-28T】なのではないかと予想します。
【11-32T】のスプロケでは、リアディレーラーは【GS】じゃないと使えませんし。

メーカー発表ではリアディレーラーはGS、スプロケは11-32のワイドギアでした。
ちなみにですが、フレームのところにある【BSA】という表記は、BB規格が何であるかを意味しています。
BSAというのは、要はネジ切りJIS(ホローテック2タイプ)という意味です。

2017年モデルとの比較


【2017メリダ20%オフ!】【ペダルプレゼント♪】MERIDA(メリダ) 2017年モデル ライド 400 / RIDE 400【ロードバイク/ROAD】【運動/健康/美容】【※子供車対象外】

2018年モデルで判明しているパーツのみで比較します。

2018 2017
フレーム Ride Lite-Single BSA(アルミ) Ride Lite-Single BSA(アルミ)
フォーク Road Carbon Race(カーボン) Road Carbon Race(カーボン)
クランク シマノ FC-RS510

50/34

105

50/34

FD 105 105
RD 105GS(ロングケージ) 105GS

(ロングケージ)

スプロケ 105

11-32

105

11-32

ホイール フルクラム レーシングコンプ フルクラム レーシングコンプ
カラー SILK BLUE(ホワイト)
SILK BLACK(レッド)
マットブラック

メタリックブルー

重量 8.7キロ 8.6キロ
定価 159,900(税抜) 145,900(税抜)

2017年モデルではクランクが105でしたので、2018年モデルでRS510になったのはちょっとだけスペックダウンです。
(あまり大きな違いではありませんが)
スプロケはワイドギア継続の模様。

2017年モデルでは重量が8.6キロとなっていますが、2018年モデルでは8.7キロとなっています。

この辺りは誤差の範囲だと思います。

2017年モデルに比べ、ちょっとだ値上がりしてますね。

ロードバイクの値上げは、パーツスペックとは関係なく起こることがあります。
というのも輸入品ですので、為替相場次第で変わります。

2018年モデルではブレーキが何が付いてくるのか、個人的には注目ポイントです。
メリダは2016年モデルくらいまでは、メリダオリジナルブレーキが多かったのですが、2017年モデルではシマノブレーキになりました。
RIDE400の2017年モデルでは、ついていたのはシマノRS61です。

2018年モデルではシマノ継続だと嬉しいところですね。

※2017年8月29日追記、ブレーキはシマノR561のまま継続です。

メリダはアルミの質がよく、また溶接痕処理も非常にキレイに仕上げてくるのが特徴です。
質のいいアルミフレーム&カーボンフォークに、105搭載ということでお買い得感がある一台なのではないでしょうか?

このバイクの持ち味は、アップライトなポジションです。
なのでロングライドで楽したい人向けと言えるでしょう。


ロードバイク メリダ 2018年モデル ライド400【シマノ105搭載】MERIDA RIDE400 ROADBIKE【SHIMANO105】自転車【ペダルプレゼント】【期間限定防犯登録無料】【送料無料】




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up