GINAT ESCAPE R3の2017年モデルは買いなのか?<クロスバイク編>

00000124_m
ジャイアントは早くも2017年モデルを一部発表してますが、クロスバイクの定番と言えるエスケープR3
これを買って自転車の面白さに気がついてロードバイクを買ってしまう人も多いと言われています。

2016モデルのR3は定価55000円。
対する2017モデルのR3は50000円。

5000円安くなって何がどう変わったのでしょうか?

主な変更点

主な変更点は以下の通り。
・フロントディレーラー
SHIMANO M191⇒SHIMANO TY710
・シフター
SHIMANO EF51⇒SHIMANO EF500
・タイヤ
MAXXIS DETONATOR 700x28C⇒KENDA K-193 700x28C
・重量
10.2キロ⇒10.7キロ

フロントディレーラーがアルタスからターニーにグレードダウンし、シフターも少しグレードダウン。
タイヤもグレードダウンし、500g重くなったのが2017モデルのエスケープR3です。

重くなった原因は?

これのほとんどは、タイヤのせいです。
28cで全く同じ太さのタイヤですが、実はこれ全く重さが違います。
MAXXIS DETONATOR 700x28Cは、メーカー値で350gなのに対し、KENDA K-193 700x28Cはメーカー値で550gもあります。
つまり、片輪で200gの差。前後で400gの差。

これが重くなった原因です

じゃあ、残りの100gは何の違いかというと、フロントディレーラーの重量差は大したことありません。
タイヤのメーカー値なんていい加減なので、いろいろ誤差が出ると両輪で500gくらいの差になります。
だから重量差はタイヤのせいです。タイヤが真犯人といっていいでしょう。



2017年モデルのエスケープR3は買いなのか?

私が聞いたところによると、2017年モデルは500g重くなったからということで敬遠し、2016モデルを探している方がそれなりにいるようです。
しかしながら、「タイヤなんて消耗品」。
しかも2016モデルのタイヤだって、そんなにいいものではありません

私はクロスバイクに乗っていたときに28cで290gのタイヤを使っていましたが、初期装備のタイヤが摩耗したら、どうせタイヤを交換します。
そのときに軽くて高性能なタイヤに変えれば、2016モデルよりも軽くなります。

正直な感想でいえば、ターニーのフロントディレーラーはあまりイケテないです。
ですが、2016モデルについているアルタスのフロントディレーラーが素晴らしいかと言われたら、そうでもないんですね。

なので個人的な感想でいえば、タイヤ交換の前提なら2017年モデルのほうが安い分良い!

だって、走りを重視する人なら、2016モデルでも買ってすぐにタイヤ交換しますよね。
どっちにしてもタイヤは交換するのだから、安いほうがお得。

街乗りメインでタイヤを交換する予定がない人でも、たった500gの差は街乗りなら関係なし。
なので2017年モデルのエスケープR3は値段から見たらアリですかね。

しかしながら、デザインだけはやはりジャイアントというか、どうにも安物感が否めません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up