【悲報】GIANT PROPEL SLR2が2018年モデルでカタログ落ち!アルミエアロはメリダのリアクトくらいに。

近年、エアロフレームが各社からリリースされていますが、低予算でもエアロフレームに乗りたいという声はたくさんありました。
低予算でエアロフレームが欲しい人の話を聞くと、ほとんどの方は【見た目重視】です。
これ自体、私は悪いとは思っていません。
初めてのロードバイクですが、やはり見た目で気に入っているからこそたくさん乗るし、大事にするものです。



2017年までは、アルミフレームでかつエアロフレームというと、GIANTのプロペルSLR2、もしくはMERIDAのリアクト400あたりに限られていました。
ジャイアントの2018年モデルが発表になりましたが、なんとプロペルSLR2は廃盤のようです

ジャイアントの2018年モデル

ジャイアントは先月末に、2018年モデルの発表会がありました。
それに遅れて、メーカーサイトのほうも2018年モデルに更新されていますが、どういうわけかプロペルSLR2が見当たらない・・・

ジャイアント2018年モデルの最安エアロロードは、PROPEL ADVANCED2になる模様です。

こちらはカーボンフレーム&105装備で、税抜き定価が22万となっています。

そうなると10万円台のエアロロードは?

元々ジャイアントのプロペルSLR2は税抜き定価で19万、アルミフレーム&105という構成でした。
これが廃盤となった今、10万円台で買えるエアロロードというと、もはやメリダくらいしか思い当たりません。
(ほかにもあるよ!と思い当たる車種がありましたら教えてください)


メリダ 2018年モデル REACTO 400 / リアクト 400 【ロードバイク/ROAD】【MERIDA】【送料無料/沖縄離島除く】【smtb−k】【kb】

メリダのリアクト400ですね。
こちらもアルミフレーム&105装備という構成ですが、プロペルSLR2は重量が8.2キロでした。
それに比べるとリアクト400は重いのです。

フレーム アルミ
フォーク カーボン
クランク FSA ゴッサマー 52/36
FD,RD 105
スプロケ 105 11-28
ブレーキ 105
ホイール メリダオリジナル
タイヤ Maxxis Dolemites 25 fold
重量 9.2キロ

私のよく走るエリアでは、どういうわけかアルミのリアクトってものすごく見かけます。
なぜかアルミなんですよね。
カーボンのリアクトはまだ見たことがありません。

でもよーく考えると、アルミのプロペルは見たことがありません。
というよりもプロペル自体に出会ったことがありません。

思っていたよりも人気がなかったのかについては知りませんし、私がたまたま見かけていなかっただけかもしれませんが、売れ筋を廃盤にするとも思えないので、売れていなかったのでしょうか??

エアロフレームは重い!だからこそカーボン

エアロフレームはどうしてもゴツい作りになってしまうので、アルミだろうとカーボンだろうと、フレーム重量が重くなるのは仕方ありません。
だからこそ少しでも軽いカーボンを使ったほうがいいのは明白なわけです。

また、アルミフレームであそこまでゴツいフレームになると、どうしてもフレーム剛性が高くなりすぎるのかもしれません。

と言っても、10万円台でエアロフレームが欲しいという声は結構多く、当ブログにも【ロードバイク一台目でリアクト400ってどうですか?】という質問はたくさん来ます。
個人的には一台目については、オールラウンドなバイクを選んだほうが性能的にはいい気がしますが、決して一台目からエアロを否定はしません。
見た目で気に入るって大切な要素です。

そうなると実売で15万円台で買えてしまうメリダのリアクト400って、偉大な存在なのかもしれません。
もちろんですが、予算があるならカーボンフレームのエアロを買ったほうが絶対にいいです。
ですがアルミリアクトを乗りこなすというのも、悪くない選択肢ですね。

20万円台のエアロというと??

予算が20万円台となると、エアロロードの選択肢も結構広がります。
例えば、今期登場したばかりのビアンキのARIA(アリア)。


Bianchi(ビアンキ) 2018年モデル ARIA105 (アリア105)[エアロロード][ロードバイク・ロードレーサー]

フレーム カーボン PF86
フォーク フルカーボン
STI 105
FD 105
RD 105
クランク 105 52/36
BB SM-BB72-41B
チェーン KMC X11
スプロケ 105 11-28T
ブレーキ 105
ホイール VISION TEAM30 COMP
タイヤ ヴィットリア ザフィーロプロ

25c

定価 278,000円(税抜)
カラー チェレステ

ブラック

レッド

FELTのAR5とか。

【先行予約受付中】FELT(フェルト) 2018年モデル AR5[カーボンフレーム][ロードバイク・ロードレーサー]

フレーム UHC Performance カーボン、スレッドBBシェル
フォーク UHC Advanced カーボンモノコック、カーボンコラム
クランク 105
FD 105
RD 105 ショートケージ
スプロケ 105 12-25T
ブレーキ 105 (F) ノーマル

(R) ダイレクトマウント

リム Devox 30 aluminum
タイヤ Continental Grand Sport Race folding、700x23c
重量

カーボンのエアロフレームに、コンポはどちらも105仕様。
アルテグラ仕様のアリアもありますし、フェルトはアルテグラ仕様だとAR3という名前になります。

ビアンキは王道のチェレステがカッコいいですし、フェルトのマットブラックは戦闘力が高そうな印象ですよね。

あとはメリダのリアクト4000。
こちらもエアロなカーボンフレームに105スペックで税抜き定価249,000円。
やはりメリダは他社に比べるとちょっと安くなりますよね。

さて、話は逸れましたが、とりあえずジャイアントのアルミエアロフレームは廃盤の模様です。
そうすると同じようなグレードであるメリダのリアクト400に人気が集中するのは目に見えています。
2018年モデルのリアクト400は、バーレーンメリダのレプリカカラーが人気出そうな予感。
昨年モデルは品薄になるのが早かった印象なので、欲しい人はお早めに。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up