シャイデック(モンベル)のロードバイクについて【質問いただきました】

先日ですが、ロードバイク選びについての質問を頂きました。
その中で【シャイデック(モンベル)のRD-H2000】についての評価を聞かれたのですが、私も全く知らないブランドでした。

モンベルは知っています。
シャイデック??ということで調べてみました。



※先日コメント頂いた方、返答させていただきましたがその後何のレスポンスもないのですが、その後いかがでしょうか??

シャイデックというブランド

http://www.scheidegg.jp

どうやら、モンベルが自社ブランドとしてリリースしたロードバイクブランドのようです。
シャイデックのHPによると、登場したのは2014年春とありますね。

シャイデックの名はスイスの名峰「アイガー」のふもとにたたずむ峠、「クライネ・シャイデック」に由来します。

2014年というともう3年ほど経っているのですが、私は全く知りませんでした。
恐らくはモンベル店舗でしか扱っていないのだと思われますので、一般的なプロショップでは見かけないのは当然と言えば当然です。

ラインアップ

ロードバイク、マウンテンバイク、ツーリングバイク、クロスバイクとスポーツバイクを一通り扱っている模様です。
シャイデックのHPには詳しいラインアップはないのですが、ロードバイクはカーボン車、アルミ車がある模様。

シャイデック GTカーボン 4000

https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1130018

フレーム TORAYCA T-800

(カーボン)

フォーク TORAYCA T-800

(カーボン)

クランク デュラエース50/34
STI デュラエースR9100
ブレーキ デュラエースR9100
FD&RD デュラエースR9100
スプロケ デュラエースR9100

11-30T

ホイール WH-R9100-C24-CL
タイヤ Panaracer RACE L EVO3 700×23C
重量 6.55キロ
定価(税抜) 500,000円

サイズは3つで、S(ホリゾンタルトップ495m)、M(ホリゾンタルトップ520mm)、L(ホリゾンタルトップ545mm)。
詳しいジオメトリは不明です。

パーツスペックだけでいうと、フルデュラエースに、ホイールまでデュラエースで、タイヤはパナレーサーの軽量レースタイヤという構成なので悪くはなさそうですね。
このパーツでこの価格は安いと言えます。

とことん軽量パーツにこだわった一台と言えそうです。




シャイデック GTカーボン 3000

https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1130019

フレーム TORAYCA T-800

(カーボン)

フォーク TORAYCA T-800

(カーボン)

クランク アルテグラ50/34
STI アルテグラR8000
ブレーキ アルテグラR8000
FD&RD アルテグラR8000
スプロケ アルテグラR8000

11-34T

ホイール SHIMANO WH-RS700-C30
タイヤ Panaracer RACE L EVO3 700×23C
重量 7.30キロ
定価(税抜) 298,000円

サイズは3つで、S(ホリゾンタルトップ495m)、M(ホリゾンタルトップ520mm)、L(ホリゾンタルトップ545mm)。
詳しいジオメトリは不明です。

パーツスペックで見ると、フルアルテグラに、ホイールも新アルテグラグレード(旧RS81グレード)、タイヤもパナレーサーの軽量レースタイヤということで、値段から見たら安いですね。

シャイデック RD-H2000

https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1130020

フレーム アルミ7005
フォーク カーボン
クランク 105 50/34
STI 105
ブレーキ 105
FD&RD 105
スプロケ 105

11-32T

ホイール シマノ

WH-RS21

タイヤ MAXXIS COLUMBIERE 700×23C
重量 8.31キロ
定価(税抜) 159,800円

サイズ展開はS(495)、M(520)、L(545)、XL(570) 。
()内はホリゾンタルトップチューブ長。

105コンポにアルミフレームで、ホイールがRS21だから良心的な値段と言えます。

完成車でRS21が付いているのって珍しいですね。

ちなみにですが、RS21は既に廃盤なのですが。

シャイデック RD-H1000

https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1130021

フレーム アルミ7005
フォーク カーボン
クランク ティアグラ 50/34
STI ティアグラ
ブレーキ ティアグラ
FD&RD ティアグラ
スプロケ ティアグラ

11-34T

ホイール シマノ

WH-RS11

タイヤ MAXXIS COLUMBIERE 700×23C
重量 8.72キロ
定価(税抜) 129,800円

サイズ展開はS(495)、M(520)、L(545)、XL(570) 。
()内はホリゾンタルトップチューブ長。

値段とパーツスペックは優秀

とりあえず言えることとしては、値段とパーツスペック、重量だけ見たら優秀なモデルと言えそうです。
デュラエース組のカーボンバイクで、ホイールまでデュラエースで組んで50万で買えるバイクは恐らくはほぼないでしょうし。

これはアルテグラ完成車、105完成車、ティアグラ完成車にも当てはまりますが、値段、パーツスペック、重量だけ見たら優秀です。

というより、これ以上書きようがないんですよね。
ジオメトリも記載がなく、わかるのはベンド形状のフォークなのでフロントの振動吸収性が良さそうかも・・・程度の話で、それ以上は何とも言えません。
せめてジオメトリが書いてあれば、もうちょいなんか書けそうですが。

あと、サイズ展開がかなり苦しいです。
S(ホリゾンタルトップ495m)、M(ホリゾンタルトップ520mm)、L(ホリゾンタルトップ545mm)の3つですと、乗れない身長の人がかなりいそうな気がします。
私の基準(目安)ですが、
・S(495mm)⇒ 身長152.5±5センチ

・M(520mm)⇒ 身長165±5センチ

・L(545mm)⇒ 身長177.5±5センチ

こんな感じかなと思いますが、ちょっと苦しいですね。
ジャストサイズがない人が多そう。

某インプレによると、ヘッドが寝ているのにシートが立っていることでトップチューブを短くしていると書かれていましたが、ほかのバイクとはジオメトリが大きく違う可能性があるので、これは正直なところしっかりとフィッティングして跨って試さないとわからないかもしれません。

一昔前のジャイアントも3サイズしかなかったことがありますが、ジャストサイズが出ないんですよね。
ステムでどうこうというレベルを超えている気がします。

個人的な見解ですが、ジオメトリ表示がないバイクは、評価しようがないという感じです。
なので私の評価ですが、とりあえずパーツスペックの割には安い!
俗にいう、【コスパがいいバイク】と言っていいと思います。

まあ、ほとんど流通していないバイクだと思いますので、人柱覚悟で買う以外はわかんないと思います。

個人的には、パーツスペックよりもフレームのほうが大切だと思っています。

なかなか一台目のロードバイクを決められない人へ。選び方の極意を。コスパという魔法は解除する。

そのフレームについてジオメトリもなければ評価しようがないのが現実ですが、完成車価格からしたらフレームにあまりお金がかかっていないとも読めるわけで、どうかな・・・という感じですね。
某誌のインプレでは、軽快な走りをするバイクと書かれていました。

とにかく価格の割にはパーツスペックはかなりいいので、パーツスペック重視の人にはお勧めかもしれません。

私がアルミフレーム&105で選ぶなら、スクルトゥーラのほうがオススメになりますが。


メリダ 2018年モデル SCULTURA 400 / スクルトゥーラ 400 【ロードバイク/ROAD】【MERIDA】【送料無料/沖縄離島除く】【smtb−k】【kb】




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up