MERIDA(メリダ)の良さ、2017年モデル

MERIDAはここ数年で日本でも見かけるようになってきたメーカーですが、元々は世界第二位の販売台数を誇る台湾のメーカーです。
新城幸也がランプレ・メリダに移籍したことからも、日本人になじみがあるブランドの一つになってきた要因ですね!

MERIDAが日本であまり浸透していなかった要因ですが、ズバリ代理店のせいです。
数年前まで日本の代理店をしていた会社は、自社でロードを開発しているため、そこまでMERIDAの販売に積極的ではなかったのです。
今はMIYATA(ミヤタ)が代理店になり、ミヤタが代理店になってからは日本でも急速に広まっています。

そもそもメリダってどんな会社?

メリダは元々は、主にアメリカのブランドの委託製造(OEMと言います)をしてきた会社でした。
メリダ自身も自社ブランドでロードを作ろうとしましたが、なかなか売れるロードが作れず、アメリカブランドのOEMが中心でした。

メリダは自転車製造で定評があったドイツの「CENTURION(センチュリオン)」と業務提携し、共同開発で自転車の設計をするようになりました。
このため、設計や企画はドイツで行い、製造を台湾で行うという流れになっています。
この経緯からメリダはヨーロッパ、とくにドイツで評価が高いのです

ロードバイクは主に3種類のラインアップ

メリダが手掛けるロードは、主に3種類です。

SCULTURA(スクルトューラ)

scultura_3000_thumb
スクルトューラはオールラウンドなレーシングバイクとしてラインアップされており、レースからロングライドまでこなす万能バイクです。
このシリーズの中にはカーボンフレームやアルミフレームがありますが、どちらも評価が高い。
また他社に比べると、コストパフォーマンスが良いのもメリダの特徴ですね。

スクルトゥーラの2017年モデルはこちら

REACTO(リアクト)

reacto_400_thumb
リアクトシリーズは空気抵抗を抑えた「エアロフレーム」です。
リアクトシリーズは主に平坦な場所で快速でかっ飛ばしたい人向けなのですが、フレームの出来が良く登りもそれなりにこなします。
もちろん、スクルトューラに比べたら登りの性能は落ちますが・・・

なんといっても独特のフォルムで、アルミモデルであれば安価で買えますし、人気が高い一台です。

リアクトの2017年モデルはこちら




RIDE(ライド)

ride_400_thumb
ライドシリーズが目指す方向性は、パヴェと呼ばれる石畳での快適性
日本にはあまりありませんが、ヨーロッパでは石畳のガタガタ道でのレースがあり、振動吸収を高めながら快速で飛ばすために開発されたのがライドシリーズです。
振動吸収性が良いため、ロングライドにもいいですね

2017モデル

まだメーカーサイトは2016モデルのままのようですが、すでに2017モデルが発表されています。
大きな変更というと、ディスクブレーキモデルが充実したことでしょうか。
それ以外については、元々良かったメリダの特徴を生かして進化しているような印象を受けます。

初心者が買うときは、オールラウンドバイクであるスクルトューラをお勧めします。
カーボンモデルで105搭載でも、他社より安く買えますし、安くても性能はピカイチ。
初心者でリアクトを欲しがる人も結構多いので書きますが、エアロロードは普通のロードバイクに比べたら癖があるというか、平坦に特化したモデルです。
可能であれば、スクルトューラとリアクトを乗り比べして、それぞれの良さを体感してから買いましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up