【悲報】フルクラムのスピード40Cが2018年モデルで大幅値上げの模様。

カンパニョーロとフルクラムが同じ会社というのは皆さんご存知だと思います。
なので両者では同じようなグレードのホイールがあり、例えばカンパニョーロのゾンダに対してフルクラムのレーシング3が同じグレードです。



カンパニョーロのボーラワン35クリンチャーに対して同じようなグレードとしてあるのがフルクラムのスピード40Cですが、2018円モデルで大幅に値上げされるようです。

フルクラム スピード40C(2017)のスペック

定価 258,164円⇒186,149円(27%オフ)


Fulcrum – SPEED 40C カーボンクリンチャーホイールセット

重量 F621g、R779g

1450g(ペア)

リムハイト 40mm
対応タイヤ クリンチャー
23cタイヤ ×(25C以上)
スポーク数 18/21
ハブ USB
対応スピード シマノ8-11s

こんなスペックです。
40mmハイトのリムですが、フルカーボンリムなのでそこそこ軽量に仕上がっているのが特徴ですね。
リム幅はC17なので対応タイヤは25c以上。
ブレーキ面は3Dディアマント処理をしてます。

上の画像はダークラベルです。
レッドラベルもありますが、ウイグルではレッドラベルの【シマノフリー】は欠品している模様。


ちなみにですが、40Cの【C】はクリンチャーという意味です。
40Tというホイールもありますが、これはチューブラーホイールです。

カンパニョーロのボーラワンが同じようなグレードになるわけですが、ボーラが35mm、50mmハイトの2種類に対し、スピードシリーズは40mm、55mmと5mmリムハイトが高いのが特徴です。

ボーラワン35クリンチャーのスペックを見てみましょう。

Campagnolo – Bora One (ボーラワン) 35 クリンチャーロードホイールセット

重量 F600g、R805g

1406g(ペア)

リムハイト 35mm
対応タイヤ クリンチャー
23cタイヤ X(25c以上)
スポーク数 16/21
ハブ USB
対応スピード シマノ8-11s

当たり前ですが、リムハイトが5mm低いボーラワン35のほうが軽量に出来ています。
といってもたった44gの差で収まっているのも凄いですね。

なので軽量性と横風の影響を最小限にしたいならボーラワン35、空力重視ならスピード40Cというイメージでいいかと思います。

スピード40cの2018年モデルの値段

国内定価ベースで比較してみます。
・2017年モデル  242,000円
・2018年モデル  336,000円

まあ、だいぶ値上がりしてますね・・・

差額でデュラエースC24くらいなら買えちゃいそうですが・・・

今のところ、値段が上がる要素としてはリムの変更が大きな要素のようです。
前にも書きましたが、ボーラは2018年モデルからリムがマイナーチェンジして、AC3加工されたリムになります。

ボーラワン35クリンチャーが2018年モデルとしてマイナーチェンジ!それに伴い2017年モデルが激安に。

リムのAC3加工ですが、ブレーキ面の形状が変わります。
同じフルクラムにレーシングゼロナイトというものがありますが、あれに近いようなイメージで、リムのブレーキゾーンに凹凸をつけるような形にして雨天時の制動力を上げているようです。
レーゼロナイトではブレーキシューのすり減りがかなり早いのですが、そういうイメージです。

それ以外にもリムのカーボンの編み方が変わるなどという話も聞きますが、ちょっと詳しくはわかりません。

さすがに一気に9万近く値上げされると、萎えますよね・・・

そうなるとスピード40cが欲しい人は、もうラストチャンスを迎えているということになります。
さすがに30万超えてくるとキツイですが、今なら20万以下で買えちゃうので、今のうちですね。

ちなみにですが、どうもスピード40cの国内代理店在庫は尽きているという噂もあります。
サイクリングエクスプレスで探しても、すでにありませんでした。

なので現在確認できる在庫は、ウイグルくらいでしょうか。


Fulcrum – SPEED 40C カーボンクリンチャーホイールセット




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up