スプロケはディグリーザーに漬け置きで。

前回チェーンを洗浄してから500キロくらい乗ったので、チェーンやスプロケなどを洗浄しました。
大した話ではないですが、そんなことを。



スプロケは外して漬け置き

チェーンはいつも通り、チェーン洗浄機で洗ったわけですが、スプロケは外してバラバラにして、ディグリーザーに漬け置きにします。

見よ、この汚れ具合を。

ちなみにあまりにも砂汚れがひどく、一回ディグリーザーを捨てて入れ替えても、これくらい砂汚れが出ました。
前回もスプロケは漬け置きしているんですけどね。
こういうのを持っているとラクにできます。

高儀 ステンレス 角型トレー 大
高儀
売り上げランキング: 24,967

ディグリーザーはとりあえずはフィニッシュラインの奴を使っています。

フィニッシュライン(FINISH LINE) マルチ ディグリーザー 600ml アルミボトル
フィニッシュライン(FINISH LINE) (2012-06-27)
売り上げランキング: 34,340

AZのディグリーザーが安くて良さそうなんですけどね。

セット品でも安いですよね。

今まで間違っていたこと

某オイルメーカーの人と話す機会がありまして、私がやっている洗浄方法に重大な間違いがありました。

今まで、チェーン洗浄機にディグリーザーを入れてグルグル回して、拭きとって終わりにしていました。
使うディグリーザーにもよるそうですが、原則としては水で洗い流さないとダメだそうです。

揮発して乾けばいいと思っていたのですが、チェーンの場合は内部にディグリーザーが溜まって乾きにくい部分があり、ここにオイルを付けるとオイルが分解されていって意味がなくなるそうです。
念入りに拭きとって乾かせば問題ないと思っていましたが、水で洗い流したほうがいいよとアドバイスを受けました。

ディグリーザーの種類によっては、水洗い不要のものもあるそうです。

さて、シマノのチェーンは11速化したあたりから【ディグリーザー厳禁、中性洗剤で洗う程度にしてね】という指示が出ています。
これについてですが、シマノの見解では強力なディグリーザーではチェーン内部にあるグリスを溶かしてしまい、表面からオイルを垂らしても内部まで浸透せず、結果としてチェーン切れのリスクがあるという話です。

これについてですが、まあメーカーの指示に従うのが一番でしょう。
ですが私はディグリーザー使っています。

この件について自転車に詳しい人と話す機会があったのですが、シマノが恐れているのは恐らくはこんな感じではないだろうかという話になりました。
・ディグリーザー洗浄後、きちんとディグリーザーを水洗いするなどディグリーザー成分を追い出し切れていない整備をしている人がいる(←俺氏)

・その状態でチェーンオイルを付けても、オイルが分解されて意味を成さない(←俺氏)

・チェーンオイルをきちんと内部まで浸透させずに整備している人がいる





こういう人はチェーン切れのリスクが出る可能性があり、11速チェーンは細いのでそのリスクは10速以前よりも高く、安全性を重視してシマノがそう言っているだけなのではないかという話です。
要はちゃんと整備できれば問題ないのでは?ということでした。

ただしシマノはあくまでも中性洗剤を使うように言っていますので、公式見解としては中性洗剤です。
私も他人にはディグリーザー洗浄は勧めていません。

ついでにフリーボディにオイルを

私はかなりの高頻度でフリーボディのオイルアップをしています。
MAVICの場合、簡単に出来ますし、やると明らかに回転がいいです。
これは乗ってみても分かるレベル。
やり方はこちらから。

MAVICのキシリウムエリートのハブのメンテナンスをしよう!フリーボディのオイルについて

前に不意なチェーン落ちにあったことがあるのですが、それ以来MAVIC純正オイルの使用はやめました。
自転車屋が勧める、RESPOのチタンオイルに変更。

RESPO(レスポ) TITAN SPRAY 100ml
RESPO(レスポ)
売り上げランキング: 16,952

正直なところ、MAVIC純正オイルよりもラチェット音は大きくなります。
ですが回転性はRESPOのほうが上。

チェーン落ちした原因については以前も書きましたが、フリーボディです。

走行中にチェーン落ちした、驚きの理由。

MAVICは当たり前ですが純正オイルを使うように指定していますが、どう考えてもRESPOのほうがいいような気がします。
その辺にあるチェーンオイルについてはNGです。
ゴムへの攻撃性がないオイル限定でして、そうなるとRESPOのチタンオイルになります。

何はともあれ、とりあえずチェーンとスプロケがきれいになりました。

今日は風が強く、しかも台風後で海沿いの道路は砂だらけでした。
あれが原因でしょうかね・・・




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up