【2018年モデル】LAPIERRE AUDACIO (ラピエール アウダシオ)500 CP。オーソドックスなアルミフレームながら、乗り心地がいいロードバイク。

今回はフランスの名門、ラピエールのアウダシオというロードバイクを紹介いたします。

このバイクはアルミフレームにカーボンフォークというエントリーグレードの構成ですが、なかなか興味深いフレームです。



2018年モデル LAPIERRE AUDACIO 500 CP


ロードバイク ラピエール アウダシオ 500 CP / 2018 LAPIERRE AUDACIO 500 CP

このフレームの特徴ですが、まずはトップチューブの湾曲具合でしょう。
なんかエロイですよね。
ラピエールは曲線を使ったフレーム作りが得意な印象です。

こういう曲線が乗り味にどう影響するかですが、振動吸収性が上がります。
フレームは地面からの振動を受けてしなるわけですが、まっすぐな棒よりも曲線がある棒のほうがしなりながら振動を吸収性します。

シートステーもまっすぐな形状ではなく、外側にベンドしながら細身です。
ここがリアの振動吸収性を上げている印象。

かといって振動吸収性一辺倒ではなく、ボリュームのあるチェーンステイやBB周りにより剛性を確保し、ペダリングロスがしにくいようにうまく設計されています。
このあたりはラピエールらしさといっていいのではないでしょうか。

2016モデル⇒2017モデルの際には、アウダシオはフレームとフォークで500gの軽量化を果たしました。
2018年モデルはそのままを受け継いでいるようです。

パーツスペックは以下の通り。

フレーム アルミ
フォーク カーボン(アルミコラム)
STI 105
クランク 105 50/34
FD 105
RD 105GS(ロングケージ)
スプロケ 105 11-32
ブレーキ 105
タイヤ コンチネンタル ウルトラスポーツ

25c

重量 9.3キロ

綺麗に105でまとめてきていますね。
重量が9キロオーバーと重めではありますが、BB周りがしっかりしているので持った重さよりも走りは軽く感じられると思います。
ワイドギア採用なので、初心者にはうれしいかもしれません。

2018年モデル LAPIERRE AUDACIO 300 CP

300CPはフレームとフォークを同じまま、コンポをティアグラにしたモデルです。

ロードバイク ラピエール アウダシオ 300 CP / 2018 LAPIERRE AUDACIO 300 CP

カラーリングが奇抜ですね。
この辺は好みが分かれるかもしれません。

パーツスペックは以下の通り。

フレーム アルミ
フォーク カーボン(アルミコラム)
STI ティアグラ
クランク ティアグラ 50/34
FD ティアグラ
RD ティアグラ
スプロケ ティアグラ 11-32
ブレーキ ティアグラ
タイヤ コンチネンタル ウルトラスポーツ

25c

重量 9.6キロ

こちらもティアグラでまとめてきましたね。
ブレーキなどをケチるメーカーも多い中、フルティアグラは好感が持てます。

またこちらには女性モデルもあります。

ロードバイク ラピエール アウダシオ 300 W CP / 2018 LAPIERRE AUDACIO 300 CP

2018年モデル LAPIERRE AUDACIO 200 CP


ロードバイク ラピエール アウダシオ 100 CP / 2018 LAPIERRE AUDACIO 100 CP

こちらはクラリスで組んだモデルです。

パーツスペックは以下の通り。

フレーム アルミ
フォーク カーボン(アルミコラム)
STI クラリス
クランク クラリス 50/34
FD クラリス
RD クラリス
スプロケ クラリス 11-32
ブレーキ プロマックス
タイヤ コンチネンタル ウルトラスポーツ

25c

重量 10キロ

クラリスモデルはブレーキがちょっと残念ですね。
それ以外はよくまとまっている印象です。

こちらのモデルにはフラットバーモデルもあります。

ロードバイク ラピエール アウダシオ 100 CP FLAT / 2018 LAPIERRE AUDACIO 100 CP FLAT

フラットバーモデルではタイヤが28cになるようです。
フレームがロードバイクそのものですので、ハンドル変えてSTIを用意すればロードバイクになりますし、なおかつジオメトリがロードバイクそのものですから、その辺のクロスバイクよりも加速感は上でしょう。

入門機、他人と被りたくない人にもオススメ

ラピエールはフランスの名門ブランドですが、日本ではそこまで浸透しているとは言いづらいブランドでもあります。
あまり見かけません。

フレームの質もこの価格帯ではいいですし、パーツ構成もよくまとまっているので、ロードバイク初心者にはいい一台でしょう。
105モデルはホイールを変えれば8キロ台になるはず。

他人と被りたくなくて、それでいて質のいいアルミフレームが欲しい人向けの一台と言えそうです。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up