人気のMERIDA REACTO(メリダ リアクト)にシロッコを合わせてみる

ここ数年、エアロロードが各社から出ていますが、最近のエアロロードは一昔前と違い、初心者でも乗りやすくなったように感じます。
エアロロードは独特のフォルムが特徴で、前方からの空気抵抗を最小限に抑えるためのフレーム形状をしていますが、初心者には硬すぎるとか、重いとか、ポジションを出しにくいなどの問題点はありました。

正直な話、普通のロードよりは硬い(振動吸収性が落ちる)、重い、などは相変わらず問題としてあります。
ですが、ここ近年のモデルについては、低価格帯のものであれば比較的初心者でも乗りやすいような印象を受けます。

人気が急上昇しているのは、メリダのリアクト400。
reacto_400_thumb
メリダ リアクト400
実質15万以下で買えるのと、初心者でも扱いやすいアルミフレームで人気ですね。

よく、「初心者がいきなりエアロロードってどうなのよ?」と聞かれます。
正直な感想でいえば、最初は普通のロードバイクを選んだほうが無難ではありますが、やっぱエアロロードってかっこいいし速そうだよね!という方は最初の一台でも十分ありです。
やっぱ、気に入った一台は大事にしますよ。これが大切。

どうしてもフレームが重くなる分、登り坂はやはり苦手です。
メリダならオールラウンドバイクのスクルトューラのほうが乗りやすいですが、リアクトについては登りもそこそここなせます。
なのでやはり欲しいものを買うのが一番です。




さて、せっかくのエアロロードですから、やはりホイールもエアロ系のディープリムを合わせたいところ。
meilenstein-obermayer-fw-16
ですが、ディープリムって高いんです。ちなみにこれ、ホイール界最強のライトウェイトで約70万。
中華カーボンホイールという怪しいものもありますが、ちょっと不安がありますので、安心できるメーカーの安価なホイールを紹介します。


カンパニョーロ シロッコ35
現在48%オフですね・・・信じられん・・・

シロッコはリムハイト35mmですから、分類的にはセミディープリムになります。
ですが、カンパ独特のスポークパターンと、派手なリムでリアクトに合わせたらかっこいいですね!

今ならこれを合わせて買っても、17万程度。
正直お買い得すぎると思います。

reacto_400_thumb
メリダ リアクト400




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up