ビアンキのインテンソとインプルソで迷った場合

だいぶ前に【安いカーボンフレームを買うのなら、いいアルミフレームを買ったほうが走りは上質】みたいな記事を書きました。

安いカーボンフレームの弊害。カーボンかアルミかで悩む人は必見。

これについてコメントをいただきましたが、ビアンキのカーボンフレームのINTENSO(インテンソ)とアルミフレームのIMPULSO(インプルソ)で迷ってますと書いてありました。



これについて私なりの考え方を書きます。

インテンソとインプルソの歴史

インテンソとインプルソは、ビアンキのカテゴリの中ではどちらも【エンデュランスレーシング】、つまりはロングライド向けのコンフォートバイクという扱いになっています。

インプルソ

こちらですが、初登場したのは2012年モデルからです。
2012年のビアンキのロードバイクのラインアップですが、ハイエンドモデルにオルトレがいて、その下にセンプレがありました。
そしてインフィニートという車種がありましたが、これは現行モデルの【インフィニートCV】とは全く違った車種で、当時の定価で105完成車が23万(税抜)というプライスでした。
どちらかというと今のインテンソに近いイメージの車種でした。

そしてアルミバイクではインプルソとヴィアニローネがありました。

2012年モデルのビアンキ

カーボン オルトレ

(レーシング)

カーボン センプレ

(レーシング)

カーボン インフィニート

(エンデュランス)

アルミ インプルソ

(エンデュランス)

アルミ ヴィアニローネ

(エンデュランス)

当時ビアンキがスポンサーになっていたのはヴァカンソレイユというチームでしたが、パリルーベという石畳のガタガタ道のレースにて、なぜかアルミバイクのインプルソを採用したことでも話題になりました。
当時のインフィニートは結構柔らかめのフレームであったので、恐らくはレースでプロが使うには柔らかすぎるからというのと、ほかにエンデュランス系のカーボンバイクがなかったのでインプルソを使ったのではないかと勝手に想像しています。

インテンソ

インテンソは2014年モデルから登場しています。
この年からカウンターヴェイルを使った【インフィニートCV】が登場し、旧モデルのインフィニートが廃版に。
旧インフィニートと似たようなランクとして登場したのがインテンソです。

2014年モデルのビアンキ

カーボン オルトレXR2

(レーシング)

カーボン センプレプロ

(レーシング)

カーボン インフィニートCV

(エンデュランス)

カーボン インテンソ

(エンデュランス)

アルミ インプルソ

(エンデュランス)

アルミ ヴィアニローネ

(エンデュランス)

ちなみにですが、2013年モデルではカーボンバイクとして【VERTIGO】というものがあり、これはティアグラ完成車のみの販売で定価が15万くらいでした。
昨年あったイントレピダと同じような扱いで、一年で消えたのは興味深いところです。
ビアンキの15万前後のカーボンバイクは、なぜか一年で消滅することが多い気がします。
イントレピダも2017年モデルのみで消えましたし。

旧インフィニートは柔らかいフレームで乗り心地優先な感じでしたが、それに置き換わるように登場したインテンソについては旧インフィニートの流れを完全に踏襲しているわけでもないような気がします。

インテンソとインプルソの違い

インプルソのほうが登場自体は2年早いわけです。
インテンソは旧インフィニートの後釜的に出てきたカーボンバイクですが、旧インフィニートの感じを踏襲した作りではなく、もうちょっとレーシーな要素を入れているような感触があります。
インテンソはどちらかというとアルミのインプルソをカーボン化したみたいなバイクで、この両者は乗り味は結構近いような感じです。

アルミのインプルソの良さですが、プロチームが使っても問題ないような加速性があり、それでいてパリルーベを走り切るようなアップライトなポジションを達成していると思えばいいです。
それをカーボンフレームに置き換えたのがインテンソという印象で、アルミのインプルソよりも振動吸収性が上がりながらも加速性はインプルソを踏襲したようなバイクだと思えばいいです。

ここで両者の105完成車を見てみましょう。
<インテンソ105>

ビアンキ 2018年モデル INTENSO 105(インテンソ105)【ロードバイク/ROAD】【Bianchi】

フレーム カーボン
フォーク フルカーボン
STI 105
クランク シマノ FC-RS510

50/34

BB SM-BBR60
FD 105
RD 105
スプロケ 105 11-32T
ホイール ビアンキオリジナル
タイヤ Vittoria Zoffiro 700x25C
ブレーキ 105
カラー チェレステ

マットブラック

定価 208,000(税抜)


ビアンキ 2018年モデル INTENSO 105(インテンソ105)【ロードバイク/ROAD】【Bianchi】

<インプルソ105>

ビアンキ 2018年モデル IMPULSO 105(インプルーソ105)【ロードバイク/ROAD】【Bianchi】

フレーム アルミ(ハイドロフォーミング トリプルバテッド)
フォーク カーボン(アルミコラム)
STI 105
クランク シマノ FC-RS510

50/34

BB SM-BBR60
FD 105
RD 105
スプロケ 105 11-32T
ホイール シマノ WH-RS010
タイヤ Vittoria Zoffiro 700x25C
ブレーキ 105
カラー チェレステ

マットブラック

定価 173,000(税抜)


ビアンキ 2018年モデル IMPULSO 105(インプルーソ105)【ロードバイク/ROAD】【Bianchi】

まあ、違いを挙げるなら
・フレームとフォーク
・ホイール
・値段
・カラーリング

これくらいです。
値段差はそこまで大きくないというのも一つの特徴かもしれません。
なぜか両者ともに重量が発表されていないのですが、インテンソも軽量カーボンフレームではないので、重量差はあっても300g程度なのではないでしょうか?

で、この両者ですが、加速性については似たような印象です。
振動吸収性はインテンソのほうがちょっとだけいい気がします。

なのでもしどっちを買うか悩むなら、インテンソのほうがちょっとだけいいような気がします。
ただしインプルソが劇的に落ちるという印象でもありません。

私自身、インプルソに4年くらい乗っていましたが、よく走る子でしたよ。

私が買った当時は、ホイールはマヴィックのアクシウム(現行モデルのアクシウムエリート)、シートポストはカーボン、さらにペダルが付属していてLOOKのケオイージー(ビンディングペダル)がついていました。
それで完成車重量が8.6キロ(実測値)だったので、結構お買い得だったんですね。
ホイールとかタイヤとか色々変えたら、ジャスト8キロまで行きましたし。
実売で14万弱でしたし。(105完成車です)

当時は為替の状況が良かったのでこういう値段でパーツ構成も良かったのですが、今はどうしてもその当時みたいにはいかないですね。

で、迷った時の鉄則ですが、高いものを買っておいたほうがいいと思います。
安いカーボンフレームはあまり良くないものもありますが、インテンソについては確かに【ハイスペックなカーボンフレーム】とはとても言えません。
けどそこまでダメなカーボンフレームでもないので、どっちか迷うならインテンソでもいいと思います。

ただし、インプルソもインテンソも、ホイールはダメダメです。
ていうか、これはほぼすべての完成車に当てはまることで、ビアンキだけの問題ではないですが。
これらの完成車にゾンダとかレーシング3とかキシリウムエリートをつけるだけでもかなり走りは良くなります。

Campagnolo – Zonda (ゾンダ) C17 ホイールセット

重量 1596g(ペア)
リムハイト F25mm、R30mm
対応タイヤ クリンチャー
23cタイヤ ×(25C以上)
スポーク数 16/21
対応スピード シマノ8-11s


Fulcrum – Racing (レーシング) 3 クリンチャーホイールセット

重量 F670g,R885g

1555g(ペア)

リムハイト F25mm、R30mm
対応タイヤ クリンチャー
23cタイヤ
スポーク数 16/21
対応スピード シマノ8-11s

重量 F680g,R870g

ペア1550g

リムタイプ ISM 4D

(ワイドリム17㎜)

リム高 F24mm,R26mm
スポーク素材 スチール
スポーク数 F18、R20
付属タイヤ イクシオンプロ25c

(210g)

対応タイヤ クリンチャー

サイクリングエクスプレスでキシリウムエリートを見る

個人的には、そろそろインプルソもモデルチェンジしてこないかなと勝手に予想しています。
どうですかね??




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up