イベント中の死亡事故に思うこと。

今朝ヤフーニュースにて、【ツール・ド・ちば】で死亡事故があったとの発表がありました。
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20171008-00000767-fnn-soci

お亡くなりになられた方には。心よりお悔やみ申し上げます。



側溝に落ちた??

ヤフーニュースでは死亡現場の映像も出ていますが、落ちたとみられている側溝、これはかなりわかりづらいですね。
落ち葉や草木に隠れているような小さな側溝ですので、いろんな可能性はあるでしょうけど側溝だと気が付かずに落ちてバランスを崩したとか、そういう可能性も十分にあるでしょう。

この手のイベントは自動車の交通規制が行われていないことがほとんどです。
ツールドちばではどうだったのかはわかりませんが、これだけ狭い道だと自動車が通過する際にロードバイクが道路の端まで寄ってしまうと、気が付かずに側溝に落ちる可能性もあります。
残念な事故ではありますが、こういう事故からサイクリストとして学ばされることもありますね。
落ち葉で側溝があることに気が付かない可能性もあるということです。

<追記>

この方のほかの報道を見ると、2016年のツールドちばにも参加しているようで、その時は10回目の参加だったようです。
私なんかよりもはるかにベテランのライダーさんのようなので、いったい何があって事故が起きたのか、気になるところです。

ツールド東北でも事故が

2年前にツールド東北に参加したときですが、いくつかの事故を見たり聞いたりしました。
実際に見たケースですが、長い下り坂の下で救急車がいました。
どうやらオーバースピードでの落車のようです。

あと、後からニュースで知ったのですが、ボランティアで参加していた走行管理ライダーが走行中に持病でお亡くなりになったということも聞きました。
走行管理ライダーというのは、パンクをはじめとするメカトラ、急病などの際に復旧活動をしたり救助活動をしたりするライダーです。
ツールド東北では結構な数の走行管理ライダーが走っているように見えました。

その走行管理ライダーが道端に倒れていて、そのままお亡くなりになったという話は聞きました。

ツールド東北を走っていた時に思ったのですが、このイベントは様々な走行レベルの人が参加しています。
15人くらいのグループで1分おきくらいにスタートしていくのですが、メチャクチャ遅い人もいれば、明らかにベテラン風の人もいます。

いろんな人が参加できるという意味では【敷居の低い大会】ということなのでいいことだとは思いますが、交通規制もされていない公道で、たまたま先頭のほうで出発した人が劇的に遅い人だと、それ以降は大渋滞します。
私の時もそんな感じでした。

それを一気に追い抜こうとするには30人くらい一気に追い抜きしなければならなかったりしますので、超危ないです。
で、序盤にたぶん6%くらいの登りがあったのですが、この劇的に遅い大集団はさらに失速。
私は特に必要もないのにインナー×ローまで落として速度を抑えなければならず、感覚としては【ほぼ止まっている】ような状態になりました。
逆に危ないので、タイミングを見ながらこの大集団を一気に追い抜きしましたが、タイミングを読まずに一気に追い抜きして危ないことしている人もいましたし、ちょっと怖いと思ったのが本音です。



ツールド東北では大会後にアンケートが送られてくるのですが、【レベルが違う人が混在しているととても危ないので、自己申告で構わないのでレベル別に出発させたほうがいいのでは?】と送りました。
ツールド東北で知り合った方も同意見でしたし、SNSでもそういう意見が多かった気がします。
それが改善されたという話は聞きません。

あとレースかなんかと勘違いしているのか、やたらと後ろにピッタリついてくる人もいて、これもちょっと怖かったです。
というのも、レベルもわからない人が後ろにつくと、突っ込まれるのではという恐怖があります。

ツールドちばでは、確か自己申告でのレベル分けがあったと思いますが、サイトを見ると【1グループ50人程度】と書いてありますね。
多すぎませんかね?

あと全然関係ないですが、参加者のマナーもあります。
これは伝聞形で聞いただけなので実際はどうだったのかは知りませんが、某イベントで、交通規制もかかっていない公道上で集団でロードバイクを降りて写真撮影を始め、自動車が来ているにも関わらずに写真撮影を続行しているグループに【自動車が来てますよ!!】と告げたら【そんなことはわかってる!!】と言い返されて写真撮影を続行している人がいたとか。
ここまで来ると呆れてしまいます・・・

ツールド東北に参加したときに思ったことはほかにもあるのですが、【えーーーと、ロードバイク買ったのは昨日とかですか??】みたいな人も正直いました。
この人は完走できるのかなぁ?と思って見ていましたが、走行管理ライダーに人から聞きましたが【変速の仕方をわかっていない人がいた】という話も聞いたことがあります。
気軽に参加できる大会とはいえ、よくそれで参加するなとビックリしてしまうのですが。

イベント系は楽しさと同時に、やりかたによっては危険性もあります。
普段走らない道を走るというわけでもそれなりのリスクはあるわけで、安全面には十分注意しましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up