コンポは最低限105以上?実際のところどうなのか。

良くいろんなサイトで、「コンポは最低限105がよい」みたいな書き込みを見かけます。
実際のところ、どうなのでしょうか?

まずはシマノコンポのおさらいから

シマノのロードコンポは、以下のグレードがあります。
・デュラエース リア11速
・アルテグラ  リア11速
・105    リア11速
・ティアグラ  リア10速
・ソラ     リア9速
・クラリス   リア8速

クラリスとデュラエースでは、かなりの価格差があります。余裕で10万以上の差。
コンポのグレードが高くなると
・変速がスムーズになる。
・軽いレバータッチで変速する。
・ブレーキがよく効く。
・軽量化されている。

などのメリットがあります。

105信仰の理由

シマノコンポは、まずデュラエースが開発され、1年遅れでアルテグラがモデルチェンジし、さらに1年後に105がモデルチェンジします。
これは長い歴史でも明らかです。
で、105まではレースを主眼にして、デュラエースを元に作られています。
デュラエースは高いです。
それをなるべく性能を維持しながらもコストダウンできるところをコストダウンしたのがアルテグラ。
アルテグラをなるべく性能を維持しながらもコストダウンできるところをコストダウンしたのが105。

105以上といわれる理由ですが、コンポをミックスできるからという理由が一番大きいのです。
ロードに乗っていると、やはり「高いコンポってどうなのよ?」と気になってきます。
そうなったときに、いきなりデュラに組み替えるには20万程度吹っ飛びます。




シマノコンポの最大の原則なのですが、ミックスコンポをするときは、必ずリアの変速段数が同じコンポしかミックスできないという原則があります。
つまり、
・リア11速の105で組んだバイクの、STIだけデュラエースは互換性あり
・リア11速コンポのアルテグラで組んだバイクの、クランクだけデュラエースは互換性あり
・リア9速コンポのソラで組んだバイクの、STIだけアルテグラは互換性なし
・リア8速コンポのクラリスで組んだバイクの、リアディレーラーだけデュラエースは互換性なし

このように、ミックスコンポは同じリアの変速段数でしかできないわけです。
(ただし、ブレーキについては例外です)

性能的にもよく、上位互換性がある105を推奨される理由はここです。

よく、「クラリスを105にするにはいくらかかりますか?」と聞かれます。
答えは10万円です。
内容は
・105フルセット 約7万
・11速対応リアホイール   一番安いので1万程度
・工賃  2万程度

ホイールには11速に対応していないものもあり、一般的にはティアグラ以下の完成車付属のホイールは、11速に対応していないことがほとんどです。

ティアグラはどうなのよ?

個人的な感想ですが、現行の4700系ティアグラはなかなかよいです。
ティアグラから105に変えるくらいなら、正直コスパが悪い気がします。
唯一、ブレーキだけは105以上のほうがいいですが、変速性能や見た目については、ティアグラは結構いいです。

ティアグラ以下には大きなメリットがあります。
ロードバイクのチェーンは消耗品ですが、リアの変速段数が増えるほどチェーンが細くなっています。
細いチェーンは耐久性がなく、11速チェーンは4000キロ程度で寿命を迎えます。
10速チェーンで5000キロくらいでしょうか。
8速チェーンなら、8000キロくらいはいけます。


105フルセットの詳細
今なら105フルセットが、実は4万円台で買えます。
なので気になっている人はこの機会に変えてしまうのもアリ。

コンポを買う時の注意!

105のフルセットといっても、いくつか選ばなければならない点があります。
・クランクの長さ
一般的には身長の10分の1なんて言われますが、現在使っているクランクの長さから変えないことをお勧めします。
クランク長がわからなければ、あなたのバイクのメーカーサイトを見れば基本的には書いてあります。

・クランクの歯数
53-39、52-36、50-34と3種類あります。
53-39が最も重いギアですが、一般人は50-34で十分だと思います。
わからなければ、今使っている歯数と同じものを選びましょう。

・BBの規格
JIS、ITA,プレスフィット、BB30など様々な規格がありますが、お使いのバイクに合わせて買いましょう。
ほとんどのバイクはJISです。
BB30やBB386の場合、シマノのBBは取り付け不可能なので注意。

・フロントディレーラーの種類
フロントディレーラーには直付けとバンド式があります。
これもお使いのフレームに合わせて選びます。

・スプロケットの歯数
スプロケには11-28や12-25など、様々なものがあります。
数字が大きくなれば軽いギアになりますが、普段使っているギアが足りているのかどうなのか考えながら選びましょう。


105フルセットの詳細

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up