TIMEから街乗りに最適な片面フラットのビンディングペダル、LINKが登場。

ビンディングペダルには様々なものがありますが、今回はロードバイク向きというよりもクロスバイク向きのビンディングペダルをご紹介します。

ロードバイク用のビンディングペダルというと、シマノ、TIME、LOOK、スピードプレイの4社が有名です。
TIMEのペダルはその中でも独特の機構を採用していることや軽量性で人気がありますが、そのTIMEから【片面ビンディング、片面フラット】の街乗りに最適と思われるペダルが登場しました。



TIME LINK

このペダルの大きな特徴ですが、片面はビンディングペダルとして使え、反対面はフラットペダルになるということです。
横から見た画像はこちら。

そのペダルの系統ですが、【SPD】になります。
そのためシューズはSPD用のシューズが必須。
クリートはこういう二つ穴のものが付属してきます。

TIME タイム ATAC EASY CLEATS イージー クリート
TIME
売り上げランキング: 205,631

SPDとSPD-SLの違いはこちらにまとめてあります。

SPDとSPD-SLはどれくらい違うのか??

念のため書きますが、SPDとかSPD-SLというのは、【シマノだけ】の呼称です。
SPD系というと、基本的にはマウンテンバイク用のペダルとなりますが、シマノのSPDの一部や、クランクブラザーズのキャンディ、そしてこのTIMEのLINKなどオフロード用というよりは街乗り用として開発されているものもあるわけです。

シマノの味気ないSPDペダルではイヤ!という方にオススメ。クランクブラザーズのキャンディ。

クランクブラザーズのキャンディなんかは、4面キャッチという変態的な機構を持っていたりしますので、どの方向から踏み込んでもだいたいどこかには嵌るでしょう。
シマノのSPDはほとんどが両面で、PD-A530のように片側フラットのペダルもあります。

ただしこのPD-A530のフラット面は結構滑りやすかったりするので、常用するというよりも非常用、要はビンディングに慣れていない人がちょっと怖いから少しだけフラット面にしようかという感じでの使い勝手です。

今回のTIMEのLINKですが、画像で見る限りではフラット面がしっかり使えそうな印象ですね。

クロスバイクに良さそう

クロスバイクでもビンディングペダルを使っているという人はそれなりにいる気がしますが、こういう片面フラットなビンディングペダルは、クロスバイクに最適です。
見た目的にロードバイクにはあまり似合わない気がします。

参考までに片面フラットのパイオニア(?)、PD-A530と比較してみましょう。

シマノ

PD-A530

TIME

LINK

重量 383g 348g
対応

シューズ

SPD

(二つ穴)

SPD

(二つ穴)

材質 アルミ

コンポジット

クロモリ スチール
定価 6,895 8,000

重量差はほとんどなく、実売ではシマノPD-A530は5000円程度で買えることが多いので、プライス的にはシマノのほうが優勢。
あとは見た目でどっちが好きかという話と、フラット面の使いやすさがどうなのかというところになりそうです。
踏み面自体はTIMEのほうが広そうに見えますが、寸法が書かれていないので不明です。

TIMEのペダルというと、独特のフローティング機構で膝に優しいと言われます。
このLINKにもそれが当てはまるのかはわかりませんが、10度の可動域を持つイージークリート付属です。
あとどうみてもカーボンバネを使っているわけではないようですので、ロード用のTIMEのペダルのように【カーボンバネが割れやすい】ということもないでしょう。

個人的にはクロスバイクにビンディングペダルを使うなら、クランクブラザーズのキャンディをオススメしてました。

これにはフラット面がないので、上に書いたように【ビンディングとフラットの両方が使える】という趣旨には反するのですが、このペダルを推す理由は、4面キャッチという手軽さに加え、カラーバリエーションが豊富だからです。

CRANK BROTHERS(クランクブラザーズ) ペダル candy1(キャンディ1) ブルー 571394 571394
CRANK BROTHERS(クランクブラザーズ)
売り上げランキング: 251,051

ですがフラット面はありません。
カラー展開が豊富なので、ワンポイントのオシャレも楽しみたいという人にお勧めできます。

TIMEの新型ペダルLINKですが、片面フラットというシューズを選ばずに使える点と、見た感じではフラット面が踏みやすそうな印象です。
シマノのSPDは王道と言っていいでしょうけど、人と違ったペダルが欲しいという人にはこのTIMEの新型ペダルもいいのではないでしょうか?




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up