TIMEから街乗りに最適な片面フラットのビンディングペダル、LINKが登場。

ビンディングペダルには様々なものがありますが、今回はロードバイク向きというよりもクロスバイク向きのビンディングペダルをご紹介します。

ロードバイク用のビンディングペダルというと、シマノ、TIME、LOOK、スピードプレイの4社が有名です。
TIMEのペダルはその中でも独特の機構を採用していることや軽量性で人気がありますが、そのTIMEから【片面ビンディング、片面フラット】の街乗りに最適と思われるペダルが登場しました。



TIME LINK

このペダルの大きな特徴ですが、片面はビンディングペダルとして使え、反対面はフラットペダルになるということです。
横から見た画像はこちら。

そのペダルの系統ですが、【SPD】になります。
そのためシューズはSPD用のシューズが必須。
クリートはこういう二つ穴のものが付属してきます。

TIME タイム ATAC EASY CLEATS イージー クリート
TIME
売り上げランキング: 205,631

SPDとSPD-SLの違いはこちらにまとめてあります。

SPDとSPD-SLはどれくらい違うのか??

念のため書きますが、SPDとかSPD-SLというのは、【シマノだけ】の呼称です。
SPD系というと、基本的にはマウンテンバイク用のペダルとなりますが、シマノのSPDの一部や、クランクブラザーズのキャンディ、そしてこのTIMEのLINKなどオフロード用というよりは街乗り用として開発されているものもあるわけです。

シマノの味気ないSPDペダルではイヤ!という方にオススメ。クランクブラザーズのキャンディ。

クランクブラザーズのキャンディなんかは、4面キャッチという変態的な機構を持っていたりしますので、どの方向から踏み込んでもだいたいどこかには嵌るでしょう。
シマノのSPDはほとんどが両面で、PD-A530のように片側フラットのペダルもあります。

ただしこのPD-A530のフラット面は結構滑りやすかったりするので、常用するというよりも非常用、要はビンディングに慣れていない人がちょっと怖いから少しだけフラット面にしようかという感じでの使い勝手です。

今回のTIMEのLINKですが、画像で見る限りではフラット面がしっかり使えそうな印象ですね。

クロスバイクに良さそう

クロスバイクでもビンディングペダルを使っているという人はそれなりにいる気がしますが、こういう片面フラットなビンディングペダルは、クロスバイクに最適です。
見た目的にロードバイクにはあまり似合わない気がします。

参考までに片面フラットのパイオニア(?)、PD-A530と比較してみましょう。

シマノ

PD-A530

TIME

LINK

重量 383g 348g
対応

シューズ

SPD

(二つ穴)

SPD

(二つ穴)

材質 アルミ

コンポジット

クロモリ スチール
定価 6,895 8,000

重量差はほとんどなく、実売ではシマノPD-A530は5000円程度で買えることが多いので、プライス的にはシマノのほうが優勢。
あとは見た目でどっちが好きかという話と、フラット面の使いやすさがどうなのかというところになりそうです。
踏み面自体はTIMEのほうが広そうに見えますが、寸法が書かれていないので不明です。

TIMEのペダルというと、独特のフローティング機構で膝に優しいと言われます。
このLINKにもそれが当てはまるのかはわかりませんが、10度の可動域を持つイージークリート付属です。
あとどうみてもカーボンバネを使っているわけではないようですので、ロード用のTIMEのペダルのように【カーボンバネが割れやすい】ということもないでしょう。

個人的にはクロスバイクにビンディングペダルを使うなら、クランクブラザーズのキャンディをオススメしてました。

これにはフラット面がないので、上に書いたように【ビンディングとフラットの両方が使える】という趣旨には反するのですが、このペダルを推す理由は、4面キャッチという手軽さに加え、カラーバリエーションが豊富だからです。

CRANK BROTHERS(クランクブラザーズ) ペダル candy1(キャンディ1) ブルー 571394 571394
CRANK BROTHERS(クランクブラザーズ)
売り上げランキング: 251,051

ですがフラット面はありません。
カラー展開が豊富なので、ワンポイントのオシャレも楽しみたいという人にお勧めできます。

TIMEの新型ペダルLINKですが、片面フラットというシューズを選ばずに使える点と、見た感じではフラット面が踏みやすそうな印象です。
シマノのSPDは王道と言っていいでしょうけど、人と違ったペダルが欲しいという人にはこのTIMEの新型ペダルもいいのではないでしょうか?




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. カモがネギしょってる より:

    初めまして、以前から記事は拝見しているのですが、どういうわけか書き込み認証の画像が表示されず(PCもスマホもブラウザを変えても)、なぜか今は表示されたため折角なので書き込みます。
    このペダルの実物を先日買ったので、役に立つかは不明ですが詳細を補足させて頂きます。
    金型の刻印から製造は2017年の7月と思われます。
    重量は実測で片側175gでほぼカタログ通りの重さです。
    縦×横は82×60mmです。(縦は突起部を除き、横は最小で測っています)
    あと、オレンジ色リフレクターが付いています。
    実物は安っぽさは無いです。ちなみに箱の表記はフランス製です。
    購入した物が球当たり調整不良で右側がガタガタのため、返品するので残念ですが使用感は書けません。手で捻ろうとしてもビクともしないので剛性はありそうです。あと、ペダルの横にグリスがべったりと(なぜ拭かない?)
    今までマビック扱いのタイムペダルを3セット買いましたが、1セットを除き球当たりの差が大きいめです。ガタガタは初めてですが、汎用工具で調整出来ないのにこれは・・・
    くじ運は明らかに悪い方なので、加味して読んで下さい。

    • roadbikenavi より:

      コメントありがとうございます。

      画像認証の件ですが、時間当たりの閲覧者が多すぎると表示されないようです。
      これについては改善できなくはないのですが、改善するとかなりサイト表示が遅くなることが懸念されるので、申し訳ありません。

      タイムは玉当たり調整が専用工具じゃないとできないのが難点ですよね。
      せめてショップレベルでの調整が出来るようにしてほしいところです。

      • カモがネギしょってる より:

        代理店からショップ経由でペダルが返ってきたので続報です。
        結果、軸はガタガタのままでした。軸部のキャップに工具を滑らせたであろう傷が何個も付いていたので、何もしていないということは無さそうですが。不良品?だったら交換しますよね?代理店さんの技術の問題なのか、どうせ直らないなら初期不良で交換や返金して貰える海外通販(大手)の方が値段も安いので良いかもです。

        • roadbikenavi より:

          コメントありがとうございます。

          初期不良品かどうか、通常使用での損耗の結果のガタなのかわかりませんが、後者であれば交換にはなりません。
          TIMEは初期不良の判定にはやや厳しいような印象はありますが、理由を聞けば教えてくれるはずですよ。

          • カモがネギしょってる より:

            箱出しの初期からです。明らかにおかしかったので自転車に取り付けてもしていません。
            指で弾くと左側が0.5回転、右側が2回転ちょっと回るくらいで右側は軸が目視で分かるくらいのガタがありました。ですので、交換でも調整でも良いからガタが無い正常な物にして欲しいと返品しました。現物のキャップに傷が入っていたので交換では無く調整されたようなのですが、回転が2回転くらいとほぼ変わっていない結果で、相変わらず目視で分かるガタがありました。
            ちなみに、ベッタリ塗られたグリスはちゃんと拭き取ってくれていました。
            ショップでも検品せずに渡したのだと思います。
            最終手段は工具を自作ですが、買っていきなりは躊躇します。
            まずは代理店にどう調整をしたのか聞いてみようと思います。
            アドバイス有り難うございました。

          • roadbikenavi より:

            コメントありがとうございます。

            こういう話もネット上にはあります。
            http://a-pad.tokyo/2019/07/16/post-1048/

            ポディウムではもしかしたら、ガタはそういうものという扱いなのかもしれません・・・
            TIMEはフレームの質は最強ですが、どうもペダルについては評判悪いですよねw
            私はタイム独特の感触が気に入っているので、もはや何があっても他社にするつもりはないのですが、品質は何とかしてもらいたいところです。

          • カモがネギしょってる より:

            代理店さんから回答が来ました。それによれば、オフロードでの使用にも対応している商品の為、一般的なペダルのようにガタつきが一切ないものではなく、軸の部分に遊びを設けている商品です。と、ちょっと高度すぎて意味が分からない回答でした。作業としては分解、グリスアップ、再調整をしてくれたようです。ガタが意図的とすれば、ガタが皆無な左側がむしろ不良品だったという事実に戸惑いを隠せません。何より、左右で明らかに状態が違っていたのが発端なのに何の解決にもなっていない現実。
            リンク先で壊れたのは不良じゃね?って問い合わせても回答が遅いから再度問い合わせたら即回答がされたようですが、私の場合も何も言ってこないのでどうなりましたか?ってショップに問い合わせたら、今日調整が終わって発送したよって回答がwまるで中華の通販会社です。タイムのペダルは品質もさることながら、代理店さんもちょっと微妙ですね。設計思想は良いのに色々詰めが甘くて残念です。
            オフロードだとガタを持たせた方が良い理由を聞いてみようと思います。ホイールを想像するとガタはまずいような気がしますが、特殊なフローティング機構でも入ってるかもしれません。

          • roadbikenavi より:

            コメントありがとうございます。

            自転車業界全般に言えることですが、問屋とか代理店とかは不親切なところが多い気がします。

  2. カモがネギしょってる より:

    画像認証の件はシステム上の事なのですね。閲覧数に関係があるのなら新しい記事で表示されないのも納得です。説明有り難うございます。
    球当たりは本当に何とかして欲しいところです。
    ホイールは出来るのにペダルが無理なのがよく分からないです。

    • roadbikenavi より:

      サイト表示を高速化するためにキャッシュファイルを表示する仕様なのが、恐らく原因だと思うのですが、これを解除すると恐らくかなり遅くなると思われるので・・・申し訳ありません。

      玉当たりは、代理店が持っている工具なら出来るらしいですが、玉当たり調整のために購入店⇒代理店送りはさすがにあり得ないので、ショップレベルで対応できるようにしてほしいところですが、恐らくは並行輸入品対策なんでしょうから、それもなさそうですね・・・