2018年モデルのビアンキのセンプレプロについて【タレコミ情報】

以前にもビアンキのカーボンフレーム、センプレプロの2018年モデルを紹介しました。

【2018モデル】ビアンキ SEMPRE PRO(センプレプロ)にソラモデルが登場!プロも使うフレームにソラ!

このバイクですが、過去にはプロチームがレースで使っていた実績もあり、私的には加速性が高いながらもレーシングバイク特有の【初心者には乗りづらさ】もなく、非常にいいバイクだと思っています。
で、このバイク、2018年モデルで大幅値下げになっているのですが、これの理由についていろんな情報を読者の方からいただいておりますので、ご紹介いたします。



2018年モデルセンプレと、2017年モデルのセンプレ

まずこの記事を書く上でお断りしておきますが、今回の情報については3名の方からメールなどでご指摘いただいておりました。

その上で、前回書いた記事に補足を入れるべきか非常に悩んでいたのですが、私自身が2018年モデルの試乗をしてから書きたいと思っていたので、一旦保留にしていました。
ですが現状として様々な方からご指摘いただいていることや、ビアンキストアの定休日と私の休日が被ってしまっている都合上、試乗できそうなのが相当先になりそうだということもあり、先に情報だけ挙げておきたいと思います。

以上、前置きです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まず2017年モデルと2018年モデルの定価の違いです。

2017 2018
ティアグラ 210,000 178,000
105 267,000 210,000

※すべて税抜きの定価です。

2017年モデルと2018年モデルでは、パーツスペックがかなり変更されています。
<105完成車>

Bianchi(ビアンキ) 2018年モデル SEMPREPRO105 (センプレプロ105)[カーボンフレーム][ロードバイク・ロードレーサー]

2017 2018
クランク 105

52-36

FC-RS510

50-34

ホイール フルクラム レーシング7 ビアンキオリジナル
ステム FSAゴッサマー JDーST182A
ハンドル FSAオメガコンパクト JD-RA38A
シートポスト プロマックス カーボン JD-JD-SP02.1
サドル フィジーク アリオネR7 サンマルコ Squadra Dynamic Open

ほかにもバーテープ、シートクランプなども変更になっています。

※こちらは2017年年モデルです。

[ビアンキ]2017 SEMPRE PRO 105(センプレプロ105)カーボンフレーム ロードバイク

<ティアグラ完成車>

Bianchi(ビアンキ) 2018年モデル SEMPREPROTIAGRA (センプレプロティアグラ)[カーボンフレーム][ロードバイク・ロードレーサー]

2017 2018
ホイール ティアグラハブ手組

Formulaハブ手組

ステム Kalloy AS-M01 JDーST182A
シートポスト プロマックス カーボン JD-JD-SP02.1
サドル フィジーク アリオネR7 サンマルコ Monza Start Up

その他、バーテープやシートクランプなども変更されているようです。

※こちらは2017年モデルです。

ビアンキ 2017年モデル センプレ プロ ティアグラ / SEMPRE PRO Tiagra【ロードバイク/ROAD】【Bianchi】

2017年モデルと2018年モデルではパーツが結構変わっていてグレードダウンされていますので定価が下がるのは当たり前なのですが、値引き幅が大きすぎじゃね?ということで当ブログの読者さん数名がビアンキに確認を行ったところ、どうやらフレームの製造工場が変わったことと、カーボンのグレードが下がったそうです。

フレームが変わった?


Bianchi(ビアンキ) 2018年モデル SEMPREPRO105 (センプレプロ105)[カーボンフレーム][ロードバイク・ロードレーサー]

これについてですが、読者さんからのタレコミ情報ですと、こんな感じです。

2017 2018
フレーム重量 990g

(±5%)

1100g

(±5%)

フォーク重量

ただし2017年モデルと2018年モデルで、同じサイズでの比較なのかは不明です。

カーボンのグレードが下がったために重量が増しているということのようです。
ジオメトリには変更がありません。

※これについての正確性は保証できませんので、詳しいことはビアンキストアに出向いて聞いてみてください。
電話などはご迷惑なる可能性もあるので、やめましょう。

実際の乗り味の変化は?

この記事自体ですが、自分で試乗してみてから書こうと思っていました。
まだ試乗しておりませんので、正直なところでいうと全く分かりません。

で、個人的にはジオメトリも同じだしそこまで大きく乗り味が変わるとは思えないのですが、個人的な事情により試乗できそうなタイミングがいつになるかは全く分からない状態なので、とりあえず2017年モデルとはフレームが違うということを先に書いておきます。

私が乗っているLOOK765ですが、カーボンのグレード別に【765】と【765 HM】という二つのフレームがあります。
現行モデル(2018年モデル)だと【765 OPTIMUM】と【765 OPTIMUM RS】ですが、フレーム自体は2017年モデルと同じだそうです。

765HMのほうがカーボンのグレードが高く、重量も軽いのですが、私が聞いた話では【乗り味自体はあんまり変わらない】という話を聞いたうえで765を選んでいます。

なのでセンプレについてですが、気になる方はビアンキストアなどで試乗してみてください。
2018年モデルを買おうとする人は、要は2018年モデルの乗り味が気に入るかどうかだけが問題だと思うので、試乗して納得されたうえでご購入いただければと思います。

2018年モデルのビアンキですが、メーカーサイトでは重量の記載がありません。
またこのセンプレの製造工場の変更やカーボングレードの変更などもどこの自転車屋でも取りあげていないようなので、静観しておりましたが、数名の方からこの情報を【ビアンキストアで聞いた】というタレコミがありましたので、一応書いておくべきかなと思い書きました。

ただし私自身も試乗などでビアンキストアに行った際に直接聞こうと思っていたことなので、所詮は又聞き状態です。
なので記事の正確性については保証できませんので、詳しいことは直接お確かめいただければと思います。

2018年モデルのセンプレについてのインプレをいただきました。

ビアンキのセンプレ(2018年モデル)のインプレをいただきました。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする