ゾンダって8sクラリスでも使えますか?スペーサーは売ってますか?【質問いただきました】

カンパニョーロのホイールのゾンダC17とクラリスについて質問を頂きましたので回答いたします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
クラリス8速のロードバイクに乗っていますが、ゾンダ買っても付けられますか?
ゾンダを見ると9-11sと書いてあるので・・・
もしスペーサーが必要なら何を買えばいいかも教えてください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




回答いたします。

ゾンダC17のスペック

これは恐らくはウイグルのページを見たのだと思いますが、ウイグルではゾンダの適応を【シマノ 9/10/11】と書いてあります。
確かカンパニョーロの公式サイトだと、【シマノ10/11】とか書いてあったはずです。


Campagnolo – Zonda (ゾンダ) C17 ホイールセット

これについてですが、8sクラリスでも普通に使えますし、ホイールを買うと付属してくるスペーサー以外には必要なものはありません。
なので8s用のスペーサーというものもありません。

これについて説明します。

8s~10sはスプロケ幅が同じ

そもそもですが、8s~10sまではスプロケの幅が同じです。
なので10sに対応しているホイールなら、8sスプロケは自動的に対応すると考えていいのです。

厳密な話をすると、10sスプロケでも7900デュラエース、6700アルテグラ、5700の105のスプロケについてはちょっとややこしい事情があるのですが、これは本題ではないので気になる方はこちらをご覧ください。

4700ティアグラのスプロケと、旧10速スプロケ(5700、6700、7900)は幅が違う??

あと、今現在新品として売られているホイールの場合は全く関係ないのですが、旧製品で【10s専用ホイール】というものもあります。
シマノでいうと、7800デュラエースのホイールなどです。
これは10sスプロケしか付けられない(厳密に言うと、デュラエース~105の10速のみ対応)という特殊なホイールで、8sスプロケが付けられないのですが、これは結構昔のホイールなので手に入らないと思いますので無視していいです。

とりあえず覚えてほしいのは、【今現在、新品で売られているホイールで、8sに対応しないホイールは存在しない】ということです。

なぜにメーカーは【10/11s】などと書いたりするのか?

なぜかメーカーは【10/11s対応】とか【9/10/11s対応】などと表記することが多いです。
これの理由はよくわかりませんが、勝手に理由を推測すると

・クラリスやソラなどを軽視している?互換性がないように見せかけてコンポの買い替えを暗に促している

・11s対応ホイールなら8速も対応するのは常識だという無言の圧力

・面倒だから8sは書いていない

・説明書やサイトの文字数の問題で、8sまで書ききれない

まあ、真相は不明ですが、とりあえず何度でも言いますが【現行モデルのホイールで、8sスプロケが付けられないものはない】ということです。
あと当たり前ですがシマノフリーのホイールの話ですよ。
カンパフリーのホイールだと、そもそもシマノのスプロケがすべてつけられません。

これもややこしい話になりますが、カンパニョーロのホイールには【シマノフリー】と【カンパフリー】の二つがあります。
フリーというのはフリーボディのことですが、フリーボディというのはスプロケが付く場所のことです。

シマノのスプロケとカンパのスプロケは形状が違うため、シマノフリーにはシマノのスプロケしか付けられません。
なのでカンパニョーロ(というメーカー)のシマノフリーのゾンダというホイールが存在するわけです。

前に【シマノ製のゾンダとカンパニョーロ製のゾンダの違いは何ですか?】と質問されたことがあるのですが、上に書いたような事情から勘違いしているだけでした。

ちなみにですが、シマノのホイールは【シマノフリー】しか出していません。
シマノホイールにはどうやってもカンパニョーロのスプロケは付けられません。

ゾンダC17に8sスプロケを付ける方法

ホイールを買うと、一枚スペーサーが付いてきます。

シマノ [13]ロースペーサー(1.85mm)
シマノ
売り上げランキング: 42,061

これを先にフリーボディの奥に入れます。

次に8sスプロケを入れます。
スプロケの凹凸とフリーボディの凹凸を合わせるように入れるだけなので、難しいことはありません。

ちなみにですがスプロケの脱着には工具が必要です。

チェーンが付いている工具(左)とロックリング回し(右)です。
スプロケを外す時は両方使いますが、スプロケを付けるときは右側のロックリング回しだけで行います。

外す時はこんな感じ。

付けるときはロックリング回しだけです。

セットになっているものを買えばラクチン。

これで完了します。
8sクラリスでもゾンダは使えますし、そもそも現行モデルのホイールは全て8sクラリスのスプロケが対応しています。
余計なスペーサーなどを買う必要もありません。

ちなみにですが、稀に変速調整しないと使えない場合もあります。
これは前に使っていたホイールとフリーボディの位置が変わることにより起こりますが、無調整でも問題ない場合もあれば、調整しないとまともに変速しない場合もあります。
これはやってみないとわかりません。
シマノホイール⇒カンパホイールだと調整が必要、みたいな絶対的な図式があるわけでもないので、やってみて必要に合わせて調整してください。

ホイールを買い替えたときに、やらなければならない調整。リアディレーラーは要調整。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする