ロードバイクにバックミラーは必要??不要??

ロードバイクに乗っていて後方確認するときは後ろを振り返るしかないわけですが、中にはハンドルなどに付けることができるバックミラーもあります。




ですが、あまり一般的に普及しているとは言えない気がします。
ごくたまに見かける程度です。

ロードバイク用バックミラー

この手の商品はそれなりにありますが、代表的なところでいうとこの辺りでしょうか?

大手のキャットアイから出ている、バーエンドキャップの代わりに付けるタイプ。
アーレンキーでボルト止めして固定します。

こちらはバーエンドキャップに嵌めこんで使うタイプです。

こちらはバーエンドキャップに付けるものではなく、ハンドルにつけるタイプ。
こっちのほうが視認性は良さそうですね。

こちらは発想を変えて、手に付けるタイプですね。
落車して手を付いたら、大丈夫でしょうか・・・

これ、結構見かける気がします。
バーエンドキャップに付けるタイプで、なおかつ角度調整幅が広い。

ミラーだけに頼るのは危険

ロードバイクとバックミラーですが、ないよりは合ったほうがいいのは間違いありません。
ただし、バックミラーだけに頼るのは危険です。

というのも、ほとんどがバーエンドキャップとして付けるものばかりですが、ロードバイクの一般的なハンドルポジションのブラケットを握った場合、相対的にバーエンドキャップは後方にあるようなイメージになります。
何がいいたいかというと、見づらいんですね。

斜め下を見るような形で使うため、個人的には好きになれなかったというか、だいぶ昔に取り外して捨ててしまいました。
あるに越したことはないんでしょうけど、私としては音と後方確認のほうが確実性と安全性が高い気がしました。

もちろん、合って困ることはないのですが、モノによってはロードバイクを壁に立てかけているとミラーの角度がズレますし、ダンシングしたときに脚に当たってしまいます。

手に付けるタイプもあるようですが、手に付けるのは手が痛くなりそうだということと、万が一落車したときに、怪我が大きくなりそうな気がして使えません。

強いて言うなら、このタイプが一番使い勝手が良さそうな気がします。

ただし、下ハンドル握っているときは邪魔かもしれません。

私はロードバイクで音楽を聞きながら乗っている人を見るとゾッとしますが、安全性に大きく関わるのは音です。
後方からのトラックの音、バイクに異常を知らせる異音、こういう音を頼りに走行します。
音楽を聞きながら乗っている人の言い訳を聞いたことがありますが、そういう音は問題なく聞こえているそうです。
私には信じられません・・・

ミラーの装着自体は決して悪いことではありませんが、それだけに頼らないようにしましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up