真冬のロードバイクに必須!ウインターグローブを気温別に並べてみた。

真冬のロードバイクって、寒いですよね。
特に手先指先と、足の指先。




真冬のライドではウインターグローブとかシューズカバーは必須のアイテムですが、冬用グローブをメーカーが出している想定気温別に並べてみました。

0℃対応グローブ

まずはパールイズミのルミナスウインターグローブから。
こちらは手のひらのパッドが中厚となっています。
当たり前ですがウインドブレーク機能付き。

こちらもパールイズミのプレミアムウインドブレイクグローブ。
チタンフィルムによる防風性と遠赤外線効果で高い保温力を誇る「ウィンドブレーク® チタニウム」素材を使用しているのが特徴。

こちらもパールイズミ。
優れた透湿機能でムレや汗冷えを軽減。

こちらはヒーター付きというものです。
お値段はグッと上がりますが、寒さに弱い方にはオススメかもしれません。

こちらはシマノのグローブで、想定気温はー10℃~0℃と書いてありますね。
シマノグローブの中では最もあったかいそうです。

こちらはー5℃~3℃対応と書かれています。
シマノグローブは使ったことがないですが、パーツイズミと比べると安いですね。

スゴイのグローブは、公式サイトでも対応気温が書かれていません。
なので評判などから、ウインターシーズンずっと使えそうということで当サイトでは勝手に【0℃くらい対応かな】ということでこちらに挙げました。

5℃対応グローブ

0℃対応よりもやや薄め。
0℃対応品のゴワゴワ感が苦手な方にはオススメです。

こちらは0℃~5℃と書いてありますね。

15℃対応グローブ

15℃対応品だとちょっと薄手になります。
これで真冬のライドはさすがにきついので、真冬にはもっと厚手を推奨します。

こちらはカジュアルデザインのグローブで、真冬用というよりは秋冬用ですね。
カジュアルなのでクロスバイクとかでも良さそう。

対応気温不明

HANDCREWはパールイズミやジャイアントなどの下請けメーカーとして成長してきたブランドですが、とにかく安い。
ただし、レビューを読む限りでは真冬用ではない気がします。
春秋用でしょうかね。

シマノのゴアテックス素材のグローブ。
恐らくは真冬でもいけると思いますが、どちらかというと防水性に重きを置いているのかなと思い、なおかついろいろ検索しても対応気温が不明だったのでこちらに掲載。

ちなみにですが、私はウインターグローブはパールイズミを使っていました。
使っていた、と過去形なのは、昨シーズンでボロボロになったため捨てたのと、現在骨折中ですのでまだ今シーズン用を買っていないからです。
確か0℃対応品を使っていたのですが、真冬でもライド中に寒いと思ったことはありません。
逆に10℃くらいになると、暑いくらいです。

真冬のウェアって一番難しく、厚手すぎると汗かいて結局は寒いです。
私はジャージに付いてはそこまで厚手でないものを二枚重ねにして真冬は乗っています。
春用の薄手のジャージの上に、ウインドブレイク素材のジャージを着る感じ。

グローブは、厚手とやや薄手の二つを持っていると便利です。
真冬用は、気温10度くらいで使うと、むしろ暑くて汗かいて寒くなります。

安物って寒そうなイメージがあるので、怖くて買えないですが、パールイズミとかシマノは鉄板な気がします。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up