12月8日現在、ウイグルでのお買い得ホイールのまとめ。レ、レーシング3に大異変が!!

12月8日現在、ウイグルでお買い得になっているホイールをまとめてみました。

私事ですが、先ほど小指の骨に刺さっている針金を抜いてきました。
ペンチで麻酔なしで抜くのですから、恐怖そのものでしたし、メッチャ血が出ましたw



さてホイールを見ていきましょう。

カンパニョーロ ゾンダC17

定価 69,541円⇒39,998円(42%オフ)

性能    ★★★☆☆
値引き率  ★★★★☆
総合    ★★★☆☆


Campagnolo – Zonda (ゾンダ) C17 ホイールセット

重量 1596g(ペア)
リムハイト F25mm、R30mm
対応タイヤ クリンチャー
23cタイヤ ×(25C以上)
スポーク数 16/21
対応スピード シマノ8-11s

ゾンダは先週と比べて値動きなしです。
ギリギリ3万円台をキープ中。

先日ある人と話をしていたときに、ゾンダの話になりました。
その人はかなりのホイールを試乗してきているのですが、中華カーボン買うならゾンダ買ったほうが性能は満足するという持論があるようで、聞いていて面白かったです。
ただ、数年前までのゾンダに比べて、今のゾンダはリムのデザインが地味になっちゃいましたし、カーボンディープみたいなインパクトがあるわけでもありません。
なのでどっちがいいかはお好みで、という感じでしょうか。

カンパニョーロ シロッコ35

定価 48,520円⇒29,091円(40%オフ)

性能    ★★☆☆☆
値引き率  ★★★★☆
総合    ★★★☆☆


Campagnolo – Scirocco (シロッコ) 35 クリンチャーホイールセット

重量 F788g、R1004g

1792g(ペア)

リムハイト 35mm
対応タイヤ クリンチャー
23cタイヤ
スポーク数 16/21
対応スピード シマノ8-11s

シロッコは先週よりも千円ちょっと値上げです。
このホイールはリムが重く、高速域ではよく転がってくれるのですが漕ぎ出しや登りはズッシリ感が強いです。
なので低価格で見た目のインパクトを出したい人向け、もしくは練習用ホイールと言う感じがします。

どうしても中華カーボン勢が5万円台まで来ていますので、シロッコ買うならもうちょい頑張って中華カーボンを!という人もいるでしょう。
カーボンホイールは扱いに注意で、ブレーキを当て効きさせているとリムが溶けたりします。
シロッコはアルミリムなので、そういう心配がなく初心者でも扱いやすいというのがメリットでしょうか。

カンパニョーロ バレット50クリンチャー

定価 143,826円⇒89,922円(37%オフ)

性能    ★★★★☆
値引き率  ★★★☆☆
総合    ★★★★☆


Campagnolo – Bullet (バレット) 50 カーボンクリンチャーホイールセット

重量 F785g、R1009g

1794g(ペア)

リムハイト 50mm
対応タイヤ クリンチャー
23cタイヤ
スポーク数 16/21
対応スピード シマノ8-11s

今までバレットを全く取りあげてこなかったのですが、最近安いし使い方によってはメリットがあるなと思ったので掲載。
このホイールの特徴ですが、アルミリムにカーボンフードを被せたような構造です。
シマノC50クリンチャーのようなイメージ。

ブレーキ面がアルミなので上にも書いた【カーボンホイールのブレーキ熱】を気にしなくていいというのが大きなメリットです。
というより、カーボンリムではなくあえてバレットを買う人も結構いるらしく、理由はカーボンリムの熱による耐久性を恐れてということみたいです。
ただし、フルカーボンリムよりは重くなります。

私は乗ったことがないホイールですが、乗ったことがある人に聞くと【重量の割に走ると軽い不思議なホイール】だそうです。
これはシマノC50クリンチャーにも言えるのですが、よくできたホイールは持つと重いのに走ると軽かったりします。

カンパニョーロ VENTO アシンメトリックG3

定価 41,408円⇒25,916円(37%オフ)

性能    ★★★☆☆
値引き率  ★★☆☆☆
総合    ★★★☆☆


Campagnolo – Vento Asymmetric (ヴェントアシンメトリック) G3 ホイールセット

重量 1640g(ペア)
リムハイト F24mm、R27.5mm
対応タイヤ クリンチャー
23cタイヤ
スポーク数 18/24
対応スピード シマノ8-11s

ヴェントは先週と比べて値動きはありません。
このホイールはレーシング5相当ですが、この価格帯としては優秀に感じるので掲載しています。

ただし、ゾンダとかに比べると走りはやや重いです。

カンパニョーロ ニュートロン ウルトラ

定価 109,054円⇒69,425円(36%オフ)

性能    ★★★☆☆
値引き率  ★★☆☆☆
総合    ★★★☆☆


ニュートロン ウルトラ

重量 F630g、R879g

1509g(ペア)

リムハイト 18mm
対応タイヤ クリンチャー
23cタイヤ
スポーク数 22/24
対応スピード シマノ8-11s

ニュートロンは先週よりもちょっと値上げされています。
このホイールはリムが軽いのでヒルクライム向きですが、スポークが多めのホイールなのでロングライドでも乗り味がいいでしょう。

フルクラム レーシングゼロ

定価 126,440円⇒85,398円(32%オフ)

性能    ★★★★★
値引き率  ★★☆☆☆
総合    ★★★★☆


Fulcrum – Racing Zero (レーシングゼロ) LG クリンチャーホイールセット

重量 1518g(ペア)
ハブ USB
対応タイヤ クリンチャー
23cタイヤ ワイドリム
スポーク数 16/21
対応スピード シマノ8-11s
スポーク アルミ

レーゼロはお決まりで値動きはありません。
アルミクリンチャーホイールなら、とりあえずレーゼロ買っておけば間違いないです。
乗り味は硬めですが、アルミスポーク特有の抜群の加速性を誇ります。

フルクラム レーシングゼロ ナイトC17

定価 155,955円⇒112,402円(32%オフ)

性能    ★★★★★
値引き率  ★★☆☆☆
総合    ★★★★☆


Fulcrum – Racing Zero Nite (レーシングゼロナイト) C17 クリンチャー

重量 1506g(ペア)
リムハイト F27mm,R30mm
対応タイヤ クリンチャー
23cタイヤ x(25c以上)
スポーク数 16/21
スポーク素材 アルミ
ハブ USB(セラミックベアリング)
対応スピード シマノ8-11s

レーゼロナイトは一気に5千円以上も値上がりしてきました。
今週はほかのホイールも上げ基調なので、嫌な予感がしますね・・・

レーゼロとナイトの違いはリムが主で、ナイトはプラズマ電酸化処理して真っ黒なリムです。
専用のシューと合わせることで雨天時でも制動力が落ちにくいのが利点なのですが、シューのすり減りが早いという難点もあります。
なので雨天時に乗らない人はノーマルのレーゼロのほうがいいと思います。
ただ、ナイトはカッコいいんですよね・・・・

フルクラム レーシング3

定価 71,122円⇒57,859円(19%オフ)

性能    ★★★☆☆
値引き率  ★☆☆☆☆
総合    ★★★☆☆


Fulcrum – Racing (レーシング) 3 クリンチャーホイールセット

重量 F670g,R885g

1555g(ペア)

リムハイト F25mm、R30mm
対応タイヤ クリンチャー
23cタイヤ
スポーク数 16/21
対応スピード シマノ8-11s

レーシング3は先週に比べて1万円以上値上がりしてきましたよ・・・

先週時点で2千円値上げの45000円台でしたが、ここにきてガツンときてしまいました。

レーシング3はもうすぐワイドリム化しますが、このレーシング3はナローリムです。
なので23cタイヤも使えます。
ゾンダがワイドリム化したときも、ナローリムのゾンダを求めている人が多く、某通販サイトではゾンダに10万以上の値がついているのを見てびっくりしたのを覚えていますが、ナローリムのレーシング3も争奪戦に備えて値上がりということでしょうか?

【悲報】フルクラムのレーシング3が2018年モデルとしてワイドリム化する模様。

ボーラウルトラ35 クリンチャー

定価 392,283円⇒289,697円(26%オフ)

性能    ★★★★★
値引き率  ★★☆☆☆
総合    ★★★★★


Campagnolo – Bora Ultra (ボーラウルトラ) 35 クリンチャーロードホイールセット

重量 F585g、R785g

1370g(ペア)

リムハイト 35mm
対応タイヤ クリンチャー
23cタイヤ ×(25C以上)
スポーク数 18/21
対応スピード シマノ8-11s

ボーラは値動きがありません。
最高峰のホイールなので、もうちょい安いとうれしいですよね。
35mmハイトでオールラウンドに使えるのが魅力。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ティラロンゴ より:

    抜糸ならぬ抜き針金
    おめでとうございます〜
    完治が待ち遠しいですね。
    くれぐれも御養生下さい。

    ところで相談なのですが、
    元付けのテクトロのブレーキを
    105[5800]にするか
    アルテグラ[R8000]にするかで
    迷っています。

    鶴の一声を下さい〜
    よろしくお願いします。

    • roadbikenavi より:

      こんばんは。
      コメントありがとうございます。

      針金抜いてスッキリしましたw

      さて、ブレーキの件ですが、迷ったら高いものを!というのがロードバイク界の鉄則です。
      とはいえ、個人的には105のブレーキでも効きすぎだと思っているので、アルテグラにする必要性も薄い気がします。

      6800キャリパーなら安く買えそうな気もしますが・・・

Scroll Up