【フレーム特価】ラピエールのAIRCODE SL ULTIMATE フレームセットが半額に!

ラピエールと言えばフランスの老舗ブランドですが、2017年モデルですがエアロロードのAIRCODE SL ULTIMATEのフレームセットが半額以下となっています。
これはお買い得。




なのでAIRCODE SL ULTIMATEを見ていきましょう。

AIRCODE SL ULTIMATE


【メーカー在庫処分】 AIRCODE (エアーコードSLアルチFDJ)フレームセット[ロードバイク][フレーム・フォーク]

エアコードSLアルチメイトはエアロダイナミクスを追求したフレームで、ジロ・デ・イタリア、ツール・ド・フランス、ブエルタ・ア・エスパーニャなどで数々の輝かしい戦績を誇ってきたフレームです。
軽量性と空力、剛性を追求したバランスのいいフレームです。

調べた結果、2016年モデルとスペックは同じようなのです。

スペックはこちら。

カラー FDJ,ブラック
対応BB PF86
シートポスト 31.6mm
ブレーキ Fダイレクトマウント

Rノーマルキャリパー

フレーム重量 950g
定価 379,000(税別)

いろんなところから情報を引っ張ってきたので、もしかしたら間違いがあるかも知れませんがご勘弁を。
2018年モデルのエアコードのフレーム重量が1050gという情報もあるのと、エアロフレームなので実際のところ1000gをちょっと超えるくらいかなと推測します。
ただ、エアロフレームで1000gチョイはかなり軽いです。

カラーリングは二種類。
FDJカラー。

ブラックカラー。

このカラーリング感がラピエールらしさを出しているような気がします。

BBもシマノPF86を採用。
ちょっとややこしいのはブレーキで、フロントはダイレクトマウント、リアはノーマルキャリパーです。
リアは空力はあまり関係しないと言われていますし、整備性に優れるノーマルキャリパーのほうが嬉しいところですね。

エアコードSLアルチメイトがほぼ半額!

一体いくらになっているのよ?という話ですが、在庫処分特価で税込199,000円です。

税込み定価は409,320円ですから、約51%オフですね。
これだけのプロレースでの実績十分のフレームが、20万以下で買えてしまうのだから驚きです。


【メーカー在庫処分】 AIRCODE (エアーコードSLアルチBLK)フレームセット[ロードバイク][フレーム・フォーク]


【メーカー在庫処分】 AIRCODE (エアーコードSLアルチFDJ)フレームセット[ロードバイク][フレーム・フォーク]

どちらもサイズも豊富に残っている模様。

最近、エアロフレームに付いての質問もたくさん来ますが、多いのはアルミのリアクト400に付いての質問です。

メリダ 2018年モデル REACTO 400 / リアクト 400 【ロードバイク/ROAD】【MERIDA】【送料無料/沖縄離島除く】【smtb−k】【kb】

実売で16万くらいで買えてしまいますし、ロードバイク1台目でエアロに惚れて買いたい!という話は良く聞きます。
ただ、皆さん懸念されているのは【重くて登りがつらいかどうか】ということです。

リアクトについてですが、何と比べて登りがつらいかという比較論で言うならば、一般的なエアロではないロードバイクに比べると登りは苦手です。
さらにアルミフレームなので、どうしても重さは感じます。

ラピエールのエアコードSLアルチメイトですが、これはエアロフレームの中でもハイエンドモデルです。
こういうフレームならば、登りもサクサクこなします。
もちろん、高額な超軽量フレームには劣りますが、エアロフレームの中では登りも強いほうでしょう。

最高峰のフレームが20万以下なので、もし既にロードバイクをお持ちなら、フレーム交換という形でコンポなどを載せ替えてしまうというのもアリです。
エアコードはフロントだけダイレクトマウントなので、ほとんどの人はフロントブレーキは買い替えだと思いますが。

SHIMANO(シマノ) BR-5810 フロント用 R55C4シュー ブラック BR-5810
SHIMANO(シマノ)
売り上げランキング: 418,237

ラピエールはフランスのブランドなわけですが、個人的には同じフランスのマヴィックホイールがよく似合いそうな気がします。
せっかくのエアロフレームなので、やはりディープリム系が合いそう。
コスミックプロカーボンとか今なら安くなっていますし。

Mavic【マビック】Cosmic Pro Carbon Clincher Carbon Road Wheelset

重量 F735g、R915g

ペア1650g

リムハイト 45mm
スポーク素材 スチール
スポーク本数 F16,R20
対応タイヤ クリンチャー
23cタイヤ ×(ワイドリム)
タイヤ イクシオン プロ 25c

210g

あと、ラピエールは乗っている人がほかのブランドより少なめな印象です。
近年メリダ辺りはやたらと増えてきていて、リアクト400らしきバイクは結構見かけるようになりました。
他人と違うバイクが欲しいとか、そういう人にもお勧めですね。

ちなみに2018年モデルのエアコードSLは、2017年モデルよりもフレームが進化しています。
ただ、お値段は見たところではほぼ定価ですね。


【先行予約受付中】LAPIERRE(ラピエール) 2018年モデル AIRCODE SL ULTIMATE フレームセット (エアコード SL アルティメットフレームセット)[ロードバイク][フレーム・フォーク]

こういういいフレームが20万以下になることは珍しいですが、昨年はBHのG6とかも大幅に値下がりしていましたよね。
フレームは、こういう風に時々大幅値下げになります。
フレーム組み替えを考えている人は、こういうお買い得フレームから探すのもアリでしょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする