人気のクロスバイク、ジオス ミストラルの真相に迫る





クロスバイクを買う人が必ず一度は検討すると言っても過言ではないバイク、そう、それがジオスのミストラル
対抗馬はジャイアントのエスケープR3ですね。
mistral_gb
ジオスのミストラルについては、いろんなところで論評されつくしている感がありますが、個人的に感じるのは、ミストラルというバイクは低価格なのによくできているし、よくまとまっているというのが本音です
R3よりもちょっとだけ格上に感じます。

ミストラルのスペック

max16011508-2_tp_v

ミストラルのスペックを書きますと、こうなります。

FRAME GIOS ORIGINAL ALUMINUM SPECIAL TUBING
FORK GIOS ORIGINAL CR-MO FORK
HEAD PARTS VP-A71 1-1/8
HANDLE BAR HL 540mm
STEM HL 90mm
BAR GRIP VLG-109
B.B. PARTS B910
BRAKE SHIMANO BR-T4000
CHAINWHEEL SHIMANO FC-M171 48/38/28T 170MM
CHAIN Z-72
F/DERAILLEUR SHIMANO FD-M191
R/DERAILLEUR SHIMANO RD-M310
SHIFT LEVER  SHIMANO ST-EF51-8R
FREEWHEEL  SHIMANO CS-FG31 8I
WHEEL  SHIMANO WH-R501
TIRE KENDA K-193 700×28C
SADDLE GIOS ORIGINAL COMFORT SADDLE
SEAT POST HL φ27.2
PEDAL LU-C3

スポーツバイクの知識がある人ならこれらの意味がわかるでしょうけど、素人さんにはチンプンカンプンですよね。
ざっくりいうと、「アルミフレームにクロモリフォークの車体。頑丈なアルミフレームだから安心感があるし、それでいてちょこっと曲がったクロモリフォークは振動吸収性が良い。変速機やブレーキは信頼のシマノ製品で固めており、3×8=24段変速。変速機のグレードはマウンテンバイク用のアルタスという下のほうのグレードだけど、シマノ製品は下のグレードでもきちんと変速するからこれで十分だYo!そんでもってロード用のR501というホイールがついていて、これはお買い得だYo!」という意味になります。(一部、意訳あり)



このバイクの美点ですが

フレーム&フォーク

mistral_gb

やや専門的になりますが、フレームの寸法図をジオメトリといいます。
まず見るポイントは、リアセンターが425mm。
これはクロスバイクの中では短いほうです。
hyo01
リアセンターが短いと加速性が高くなります
逆にリアセンターが長くなると加速性は落ちるものの振動吸収性が上がります。

ロードバイクはレーシングバイクで405mm程度、コンフォートと呼ばれるロングライドモデルで420mm程度です。
クロスバイクで425mmというのは、ロード寄りのクロスバイクという意味になります。

それでいて、フォークはクロモリのベンドフォーク。
ベンドというのは「曲がっている」という意味です。
アルミよりも振動吸収性がある素材のクロモリで、なおかつ曲げ加工してあるため、前方からの突き上げがマイルドな乗り味になります。

ホイール

tsu853_htnoakuryou_tp_v

このバイクの最大の特徴と言っても過言ではないのは、ホイールがシマノR-501です。
これ、ロード用としては下のほうになるホイールですが、クロスバイクに標準装備されているホイールとしてはかなり良いです。
他社のクロスバイクだと、これよりも数段下のホイールしかついてきません

パーツ構成

n811_higewoijirudansei_tp_v

変速機やブレーキなどの「コンポ」はシマノで固めてきてます。
この価格帯だと他社ならクランクやブレーキがシマノ以外になりますから、これはお買い得です。

よく、「ミストラルは見た目が安っぽい」と言われます。
これはシートポストやハンドルなどのシルバー部分を指していることがほとんどですが、正直この価格帯だから「安っぽいのではなく安い」のです。
ハンドルやシートポストを変えるだけでもかなり高級感が出ます。

ミストラルの乗り味ですが、振動吸収性はいいほうです。
加速性は標準的に感じますが、巡行しやすいフレームに感じます。

よく「こっちのクロスバイクに比べて500g重いからなぁ・・・」などと言われますが、持った重さと走った軽さはあまり関係しません。
走りの軽さを出すのはフレームのジオメトリのほうが重量よりも関係します。特にリアセンターの長さ。

標準装備されているタイヤはかなり重いので交換したほうが走りがシャープになりますね。

だいぶ値下げもされてきていますし、クロスバイク初心者にはミストラルは自信をもって勧めます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

GIOS ジオス 2016 MISTRAL ミストラル ブラック
価格:45300円(税込、送料別) (2016/9/4時点)

アンケートモニター登録

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 大盛り大好き より:

    こんばんは。アドバイスをいただけないでしょうか。
    ミストラルの購入を検討していたところ、こちらの詳しい紹介記事を参考にさせていただき今年中の購入を決めたところです。私は身長181cm、股下84cm、なで肩で腕長め、68kgですが、サイズは520mmで大丈夫でしょうか。近場に在庫のある専門店がなく、跨ることもできないため不安です。実際に跨った感覚が大事だとは思いますが、数値上では大丈夫なものでしょうか。よろしくお願いします。

    • roadbikenavi より:

      その身長ならほとんどの場合、520で問題ないと思います。
      人によっては480を選んだほうがいい場合もありますが、そこまでしっかりしたサイズ選びをしたいなら、リアル店舗で買うしかありません。

      あくまでも自己責任でお願いします。

Scroll Up