久々に人気のBORA ULTRA35が41%オフに!ついでにBORAシリーズの12月20日現在の価格を。

ウイグルをチェックしていたところ、ボーラウルトラ35クリンチャーが久々に大幅割引になっていました。
最近ボーラ系の割引率が20%台と値引き率が悪い気がしていました(20%台の割引で不満というのも・・・)。

そんなボーラウルトラ35の価格を見ていきましょう。




ボーラウルトラ35 クリンチャー

定価 392,283円⇒230,558円(41%オフ)

性能    ★★★★★
値引き率  ★★★★☆
総合    ★★★★★

Campagnolo – Bora Ultra (ボーラウルトラ) 35 クリンチャーロードホイールセット

重量 F585g、R785g

1370g(ペア)

リムハイト 35mm
対応タイヤ クリンチャー
23cタイヤ ×(25C以上)
スポーク数 18/21
対応スピード シマノ8-11s

ボーラウルトラのうち、レッドラベルのみが41%の大幅割引になっています。
先々週時点では約29万円(26%オフ)でしたので、ここにきて一気に割引というところでしょうか。

ボーラにはボーラウルトラとボーラワンがありますが、これらはリム自体はどちらも同じです。
違いはハブのみ。

ハブの違いによる走行性能は、実際に走ってみるとそこまで大きな差にはなりにくい要素なのですが、カンパのCULTハブは驚くほどスルスル回ります。
これを体感できるのがボーラウルトラということですね。

35mmハイトなのでオールラウンドに使えるリムハイトですし、フルカーボンリムなので軽量で登りも結構いけます。
使い勝手、走行性能、見た目、どれをとっても所有欲を満たしてくれる一本かと。

久々に40%台の割引なので、これはチャンスですね。

このモデルは2017年モデルなので、リムがAC3加工されているモデルではありません。
2018年モデルからリムがマイナーチェンジしてAC3加工されたのですが、AC3加工というのはマヴィックのエグザリットみたいな感じで、リムにわざとギザギザを入れて雨天時でも制動力が落ちにくいようにされているものです。

ボーラワン35クリンチャーが2018年モデルとしてマイナーチェンジ!それに伴い2017年モデルが激安に。

これには雨天時の制動力確保という大きなメリットがあるのですが、実はデメリットもあります。
これは単純にブレーキシューのすり減りが早いということですね。
マヴィックのエグザリットとか、フルクラムのレーゼロナイトなどでも同じようなデメリットがあります。

なので雨天時に乗らない人には、むしろ旧リムのほうがコスパはいいかもしれませんよ。

ほかのボーラシリーズはどうかというと・・・

昨年はボーラシリーズのリムがマイナーチェンジした影響で、モデルチェンジ前にはボーラワンの大幅値引きがありました。
それ以降はちょっと落ち着いているというか、値引き率が悪いような印象がありますが、最近はどんな感じか調べてみました。

ボーラワン35クリンチャー(2018)

定価 256,850円⇒195,498円(26%オフ)

性能    ★★★★★
値引き率  ★★☆☆☆
総合    ★★★★★


Campagnolo – Bora One (ボーラワン) 35 クリンチャーホイールセット (2018)

重量 F600g、R805g

1406g(ペア)

リムハイト 35mm
対応タイヤ クリンチャー
23cタイヤ X(25c以上)
スポーク数 16/21
ハブ USB
対応スピード シマノ8-11s

こちらは新型リム(AC3)のボーラワン35クリンチャー。
さすがにニューモデル扱いなので値引き率はそこまで高くないようです。
またレッドラベルとダークラベルで大きく値段が違います。

走り自体はやはりボーラということで秀逸です。
加速感が高く、ハブもCULTには劣りますがスルスル回りますし、35mmハイトでオールラウンドに使えるのはボーラウルトラと同様。

サイクリングエクスプレスでボーラワン35AC3を見てみたところ、VIP価格で199,999円となっていました。
ただし在庫切れの模様。

ホイールをどこで買うかって結構難しいのですが、例えばウイグルは5000円以上の買い物で送料無料です。
一方のサイクリングエクスプレスは送料がかかる場合が多いのですが、キャンペーンが充実していて輸入消費税が無料になったり、クーポンで大型割引になったりします。

2017年12月20日現在のウイグルとサイクリングエクスプレスの割引の特徴をまとめてみます。

ウイグル サイクリングエクスプレス
送料 5000円以上の買い物で無料 有料
輸入消費税 商品受け取り時に支払う(購入価格の4.8%) サイクリングエクスプレスが負担
関税 ホイールは無税 ホイールは無税
キャンペーン なし 24日までクーポン利用で10%オフ

あまり知られていませんが、海外通販を使うと輸入消費税がかかります。
これは商品受け取り時に、配達員から支払いを求められますが、おおよそですが購入価格の4.8%と考えればいいです。
これが何気にデカい。

海外通販のWIGGLEで買うと、関税がかかる??真相に迫る

サイクリングエクスプレスだとキャンペーンで輸入消費税がサイクリングエクスプレス持ちになっているので、別途取られることはありません。
しかしサイクリングエクスプレスでは送料がかかります(キャンペーンの内容によっては送料無料の時もある)。

なので海外通販で安く買いたい場合、単純に価格だけを見るのではなく、輸入消費税や送料も考慮してどこで買うのが安いのかを調べたほうがいいです。
これで数千円とか万単位で変わることもありますから。

ボーラウルトラ50クリンチャー(2018)

定価 371,850円⇒260,665円(29%オフ)

性能    ★★★★★
値引き率  ★★☆☆☆
総合    ★★★★★


Campagnolo – Bora Ultra (ボーラウルトラ) 50 クリンチャーロードホイールセット

重量 F630g、R835g

1435g(ペア)

リムハイト 50mm
対応タイヤ クリンチャー
23cタイヤ ×(25C以上)
スポーク数 18/21
対応スピード シマノ8-11s

こちらはボーラウルトラ50クリンチャーの2018年モデルです。
ダークラベルのほうが値引き率が高いですね。
レッドラベルは定価のまんまという感じでしょうか。

サイクリングエクスプレスでは在庫切れですがプレオーダー可能になっているようです。
Campagnolo【カンパニョーロ】Bora Ultra 50 AC3 Dark Label Clincher Carbon Road Wheelset

ボーラワン50クリンチャー(2018)

定価 256,850円⇒188,721円(29%オフ)

性能    ★★★★★
値引き率  ★★☆☆☆
総合    ★★★★★


Campagnolo – Bora One (ボーラワン) 50 クリンチャーホイールセット (2018)

重量 1485g
リムハイト 50mm
対応タイヤ クリンチャー
23cタイヤ ×(25C以上)
スポーク数 18/21
対応スピード シマノ8-11s

こちらは2018モデルなのでリムがAC3になっているボーラワン50です。
ニューモデルにしてはまあまあの値引き率で、ウルトラよりは安いので買いやすくなっている感じがします。

50mmハイトなのでやはり平坦で輝けるホイールでしょうけど、リムがフルカーボンなので軽いので、登りが劇的につらいということはないかと。

サイクリングエクスプレスで見ると、在庫切れのプレオーダー扱いですが189,999円となっています。
24日までのクーポンを使えば、送料を考えても輸入消費税無料が効いて安く買えそうです。
Campagnolo【カンパニョーロ】Bora One 50 AC3 Clincher Carbon Road Wheelset

ただ、入荷予定は1月中旬となっている模様。

リムがモデルチェンジする前のボーラワン祭りのころは、40%台の値引きも結構ありました。
さすがにそこまで安くなることはもうしばらくはないと思いますが、ボーラウルトラの41%オフは久々に大型割引が来た!ということですね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする