メルカリやヤフオクで中古のロードバイクを買うときの注意点。

時々寄せられる質問なのですが、メルカリやヤフオクなどで中古品のロードバイクを買おうと思ているという話を聞きます。
これについてですが、質問されてくる人のほとんどはロードバイク一台目の初心者さんです。

確かに、一見安く買えるような気がして価格のみで飛びついてしまいますが、きちんと見極めないと騙されることもあるわけで。
なので若干タブー的な内容もありますが、中古品を買うときにあなたが見極めないといけないポイントを書いていきます。



中古ロードバイクに関わる疑問

これを書くのは若干気が引けるのですが、メルカリやヤフオクなどを見ていて、【本当にそうなのか??】と疑問に思うことがあります。
それについて書いていきましょう。

走行距離 〇×キロの美品

ヤフオクやメルカリでよく見かける表現ですが、【走行距離300キロのほぼ新品】とか、【2回しか乗っていません】などの表現があることが多いです。

これについてですが、その表現を鵜呑みにして当サイトにメールしてくる方がいまして、ヤフオクなどのURLを付けて【走行距離300キロしかないらしく、傷もほとんどないということですがお買い得でしょうか?】と聞かれることがあります。

これについてですが、まず走行距離〇×キロというのが本当だと思わないほうがいいと思います。
メルカリでもヤフオクでも売り手はなるべく高く売りたいはずです。
なので【証明不可能なこと】についてはなるべくいいことを書きたくなるのが人間です。

走行距離がどれくらいだったかなんて、証明しようがありません。
ごくまれにサイクルコンピューターの累積走行距離の画像を付けている方もいます。
サイクルコンピューターなんて、リセットすれば数字はゼロになりますが・・・

なので【走行距離 〇×キロ】というのは全くあてになりませんし、参考にもしないほうがいいでしょう。

だいたいにして、走行距離300キロだったとしたら、3回から多くても10回程度しか乗っていない計算です。
なんでそんなに早く手放すのか理解不能です。

特に要注意なのは、走行距離300キロとか書いてあるのに、ロードバイクの年式は数年前のものなどです。
どう考えても走行距離は偽っています。

私が昨年7月にロードバイクを売った時ですが、走行距離は2万キロ以上と書きました。
これの計算根拠も書きました。

このように真実を書くと売れにくくなるのは間違いありませんが、人を騙すのは好きになれませんので。
その代わり、激安で売却しました。

詳しくないので細かいことはわかりません

これも時々見かける表現ですが、【ロードバイクに詳しくないので、質問されてもわかりません】みたいなことを書いている場合もあります。
これについてはいくつかの可能性があり、

・盗難車
⇒そりゃ、詳しいことはわかりませんよ・・・

・転売目的で格安で買ってきている
⇒そりゃ、詳しいことは答えたくありませんよ・・・

・本当に知らない
⇒それでも年式や購入価格くらいは答えられるはずです。

質問されてもわからないと書いているケースでは、あらかじめ予防線を張っているわけです。
詳しいことは聞くなよ、と。

この場合、聞かれたら答えにくいことがあるか、本当に知らないかどっちかなのですが、こういうモノに手を出してよかった試しがありません。

譲渡証明書発行不可

ロードバイクを個人から買った場合には、譲渡証明書を発行してもらわないと防犯登録できなくなります。
譲渡証明書の発行を拒む場合、何らかの不都合があるわけです。

代表的なのは盗難車ですね。

中古車を買うときに覚悟すべきこと

タイヤ、チェーン、ワイヤーなどの消耗品は交換前提

売却前にフルオーバーホールしてパーツ交換している場合を除き、タイヤ、チェーン、ワイヤーなどは交換前提であると考えたほうがいいです。
特に気を付けなければならないのはタイヤで、見た目で大丈夫そうでも劣化が進んでいることがあります。
走行中にバーストしたりしたら爆死しますので、交換前提だと思ったほうがいいです。

消耗品関連を交換すると、なんだかんだ2万円程度は飛んでいきます。

この手の話を書くと、【僕はガチ乗りではなく普段使いなので、とりあえず乗れればOKなんで】と言ってくる人もいます。
別にあなたが事故って死のうが知ったこっちゃないですが、自転車程度で死ぬのはほとんどの人が勘弁だと思いますし、最低でもタイヤ、ワイヤーなどは交換したほうがいいです。
ワイヤーは切れると、ブレーキが出来なくなりますよ。

自力で見極められる人はどれくらいの劣化度なのかわかると思いますが、自力で見極める力がない人は最低でも自転車屋でのチェックくらいしてもらいましょう。
売主が大丈夫と言っている、というのはナシです。
売主は売りさばくために都合がいいことしか言いません。

ベアリングなどは死んでいる可能性も

これは結構多いことなのですが、回転する部分にあるベアリングが錆びていたり死んでいる場合も多々あります。
ですがこれでも、一応走ることは可能です。

こういうところまで前の持ち主がちゃんとメンテナンスしていたかどうかにもよりますが、グリス切れを起こしていたり、ベアリングの交換が必要になる場合もあります。

ただ、こういう状態で走っている人も結構いますし、ちゃんとメンテナンスしているオードバイクと乗り比べすると差がわかるものですが、結構気を付けたほうがいい部分です。

あとベアリングの錆は開けてみないとわかりませんので、外からは【錆なし】と言われてしまいます。

放置すれば錆が広がるのは当然です。

スタンドがついているロードバイクはやめたほうがいい

メルカリやヤフオクなどを見ていると、特に10万以下のロードバイクでキックスタンドを付けている画像が載っている場合があります。

ロードバイクはスタンドを付けるようなことを想定していない乗り物です。
なので下手にキックスタンドを付けていると、フレームに負荷がかかっていて脆弱になっていることもあります。

特にカーボンフレームやアルミフレームは、スタンドを付けていると結構危ないです。
長期間スタンドが付けられていたならフレームが弱くなっている可能性もあるので、買わないほうがいいでしょう。

105やアルテグラという表記に騙されない

105がついていますとかアルテグラ装備です、ということで値段を釣り上げている場合もありますが、これも要注意です。
105やアルテグラ、デュラエースでも旧製品の【10速アルテグラ】などの場合もあります。

最近のシマノのコンポはちょっとややこしくて、旧製品だと補修パーツが手に入りにくいものもあります。
なので105やアルテグラ、デュラエースでも【10速】は手を出さないほうがいいでしょう。

また同じ理由でティアグラ4600系も避けたほうがいいですね。
現行モデルのティアグラ4700系とは何ら互換性がないので、パーツ破損時にはパーツ調達に苦労するでしょう。

騙されないよう

出品者が悪意を持っているのかどうかは知りませんが、メルカリやヤフオクで出品されている10万前後のロードバイクを見たときに、私の印象では【高すぎじゃね??】と思うものは結構あります。

例えば3年前の定価が15万、売却価格が10万とか。
上に書いたように、いろいろとパーツ交換などでお金がかかる可能性が高いのが中古車なので、この程度の割引ならむしろ新品買ったほうが安い場合すらあります。

昨年の夏に私のロードバイクを売却した際ですが、このサイトを通じて知り合った方に5万ちょっとで売りました。
現在の同じ車種の定価は税別で約18万、105装備の4年半使用という状態でした。

自分なりに大切にしてきて、洗車したりワックスがけしたりしてきたものですし、定期的にパーツ交換してきたものです。
またホイールとタイヤ&チューブは完全未使用の新品を付けて、この価格です。

個人的には中古車の価格はこれくらいだろうと思いましたが、メルカリやヤフオクなどを見ると本当に割高だなぁと思います。

もちろん売主も騙す意図があるのではなく、単に高く売りたいだけだとは思いますが、私が見る限りではヤフオクやメルカリのロードバイクは高すぎると感じます。
とりあえずなんとなく乗ってみたいと思う人が手を出すのはいいかなと思いますが、ロードバイクとして走ってみたいと思う人にはあまりお勧めしません。

新車でも、いろいろ探していくと結構安く買えるものだってあります。
例えばですが、いまだに売れ残っているルイガノの2016モデルの新車とか。

【※半額!】ルイガノ 2016 アクシス SL2/AXIS SL2【ロードバイク/ROAD】【LOUIS GARNEAU】【ガノー 2016年モデル】

これだって新車ながら5万円台です。

ルイガノ 2017年モデル LGS-CRC【ロードバイク/ROAD】【LOUIS GARNEAU】

ビアンキのセンプレについても、ソラ完成車は在庫限りですが定価が4万円も下げられましたよね。

【今だけ!ビアンキ純正パーツプレゼント♪】ビアンキ 2018年モデル SEMPRE PRO SORA(センプレプロソラ)【ロードバイク/ROAD】【Bianchi】

センプレはなかなかのカーボンフレームで、ソラ完成車とは言え12万弱で買えるのだから超お買い得です。

ルイガノだから・・・という人もいるかもしれませんが、個人的には別に悪い印象はないんですよね。
試乗してみたこともありますが、そこまで悪いという印象もありません。

センプレのソラ完成車についても、【ソラだから・・・】という人もいますが、中古で10速105がついているバイクなんかと比べたら新型ソラのほうがマシな気がします。
性能的にどうこうというより、劣化が進んでいる10速105で、なおかつ補修パーツの調達もままならないものよりはマシという意味です。

どういう使い方されてきたのかもわからない中古車に手を出すくらいなら、こういったお買い得バイクを買ったほうがはるかに幸せになれそうな気がしますが。

ルイガノについてですが、確かに一部ではバカにするような風潮はあります。
ルイガノは街乗り、別ブランドのガノーがレーシングという分類になりつつあるのも一つの影響ではありますが、デザイン性はいいですし走ってみてそこまで劣悪とは思いませんけどね。
アパレルブランドが出しているから・・・とかいう人もいますが、台湾のジャイアントだって元はうなぎの養殖業ですよ??
何が問題なのかがよくわかりませんけどね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ティラロンゴ より:

    ルイガノ推しです!

    ルイガノR2200
    (2004年時、1番安いロードバイク )に
    13年乗りましたが、まだまだ現役です。

    ルイガノについては
    インターネット上で散々な言われようですが、
    実際乗ると良いバイクでしたよ。
    ブランドイメージで悪く語る人は多く
    お見かけしますが、
    実際に乗った人の文句は
    かなり少ないと思います。

    R2200も安いアルミフレーム、
    クロモリフォークなので
    乗り心地は良くも悪くも値段なりです。
    1日に180kmも走ると、それなりに振動が来て
    肩、腰にかなりのダメージを喰らいます。
    但し、頑丈なバイクでした。
    ホイール、クランク、スプロケット、チェーン
    などの消耗品は一度ずつ交換しています。

    その後、しばらくして
    ルイガノのカーボンフォークの
    お値段高めのバイクに乗ったら
    路面からの振動が優しいので
    ビックリしました。
    やはり値段なりの部分はありますね、、

    ルイガノR2200は
    自分にとっても初めてのロードバイクで
    知らない事ばかりだったのですが、
    新車で購入したので、
    自転車販売店の方には幾度となく
    相談に乗ってもらい、
    大変お世話になりました。
    全ては語りませんが、その時悟ったのは、
    「ロードバイクは買った後が大切」
    という事です、
    初心者にはバックアップしてくれる人(店)が
    必要だと痛感しました。

    初回投資額の安さで中古車に
    惹かれる気持ちも重々分かるのですが、
    自分も初心者にこそ新車をオススメします。

    中古車は目利きが出来て、中古車購入後に
    起こる様々な問題に、自力で対処出来る方が
    買うべきだと思います、、

    正直、自分の周りでも
    車体番号が消してあるフレームを
    ヤフオクで知らずに落札した人も居ました。
    分かって頂けると思いますが、
    これは正常な状態では有りません。
    (フレームに物理的な問題は無くても、
    精神衛生上、気分が悪いですよね。)

    老婆心ながら書き込みしました。
    「信頼出来る近所のロードバイク専門店で
    新車で購入」
    これに勝る買い方は無いと思います。
    季節によっては定価の40%オフで
    売っているので、
    もしネット上での中古車購入を考えている
    初心者の方が居ましたら
    是非とももう一度、購入方法を御一考下さい。

    管理人様へ
    それでは長文失礼しました。
    いつも楽しみに見ております。

    • roadbikenavi より:

      いつもコメントいただきありがとうございます。

      ルイガノですが、ホント評判はイマイチですよね・・・
      実際に乗ったことがある人がどれくらいいるのかわかりませんが、私は【値段なりに普通の性能】だと思っているので、毛嫌いする必要はないと思っています。

      ここにメールを頂く方の内容を見ていると、とにかく安く買いたいという層が一定数いるような気がします。
      それ自体はごく自然な論理なのですが、下手に安物の中古を買うと、買ってから高くつくということを知ってほしかったので書きました。

      私がよく行くショップでも、時々40%オフなどやっていたりします。
      過去には60%オフで、30万の完成車が12万になっていたこともありますがw

      信頼できるショップを探すというのが一番安上がりなんですよね。

      コメントありがとうございます。

      • ティラロンゴ より:

        御返答、ありがとうございます。
        自分はルイガノを3台保有しております。

        安物の中古車は特に
        どう言う乗り方をされていたのか、
        盗品なのか?
        素性が全く分からないと言うのが
        不安ですよね、確かに旧型の105より、
        新型のSORAの方が明らかに
        トラブルに掛かる手間と
        ランニングコストは上だと思います。

        あとフレームのサイズ感も、
        体格によってはサイズの境目に
        当たる人も居る訳でして、
        サイズ表だけを目安に購入するのは
        大変怖いです。
        例えるなら、試着無しにスーツを
        買うような無謀さを感じます。

        以前、自分[178cm]の
        友人で小柄な人[165cm]が、
        自分よりも大きなフレームの
        ロードバイク(新車)をヤフオクで
        買っていたのに気付いて
        ビックリしました。

        聞くと酔った勢いでサイズも確かめずに
        ヤフオクで落札したそうです。
        案の定、みんなで行ったサイクリング中、
        峠下りのコーナーで
        コントロールに失敗して落車して、
        顔から流血する程の大ケガを
        してしまいました。
        それ位のサイズ違いなら問題無しと
        購入時は思ったのかもしれませんが、、
        友人は事故前にも乗っていると
        「身体が突っ張る」と訴えていたので、
        購入時のサイズ選択ミス(原因)と結果は
        リンクしていると確信しています。

        初心者の方にこそ是非、
        実際にロードバイクに跨がって
        サイズを判断して貰いたいですね。

        話は変わって
        ルイガノに正当な評価を
        しようとして頂き、
        ありがとうございます。
        自分も最初はルイガノのロゴが
        「ルイヴィトンみたいでカッコいい」
        といった安易なキッカケで
        購入しているので
        偉そうな事は言えないのですが、
        乗ってみると初心者向けロードバイクは
        「普通に」良いです。

        フレーム素材も他のメーカーには
        あまり無い物をラインナップに
        加えていた時期も有り、
        とてもチャレンジングなブランドなので、
        皆さんに好きになって貰う必要は
        無いですが、
        変な偏見は持って欲しくないですね。
        印象が悪いのかもしれませんが、
        良いところも見てあげて下さい〜
        ルイガノユーザーからのお願いです。

        ルイガノ(ガノー)に乗ったライダーが、
        グランツールのどれかに勝てば
        世間の見方は変わると思うのですが、、
        それはもう少し先になりそうです。
        2018年 team UKYOはガノーから
        FUJIに乗り換えましたね(笑)

        それでは‍♀️

        • roadbikenavi より:

          コメントありがとうございます。

          ルイガノについて一点気になるところがあるのですが、2018年モデルから代理店がサイクルベースあさひに変わりましたよね。
          これがよりスポーツ感を無くす原因になりかねないのではと危惧しています。

          スポーツサイクルとして売りたいなら、あさひは無しだと思うのですが・・・

          UKYOはガノーじゃなくなったんですね!
          知りませんでした・・・

Scroll Up