TIMEから史上最軽量のAlpe d’Huez(アルプデュエズ)が登場!!フランスの名門が作り出したクライミングバイクとは?

【いつかはTIME】と呼ばれるほど高級&老舗ブランドとしての地位を築き上げてきたTIMEですが、ここにきてTIME史上最軽量のAlpe d’Huezというフレームをリリースしてきました。

自社製造にこだわるTIMEですが、TIMEが作り上げてきたAlpe d’Huezとはどんなバイクなのでしょうか??



Alpe d’Huez(アルプデュエズ)

名前を見ればわかる通り、当然ですがツールドフランスでもお馴染みの激坂【ラルプデュエズ】から名前が来ているのでしょう。
LOOKの2018年として出してきた軽量バイクである785にも【HUEZ】という名前がついていますが、要はクライミングバイクとしての軽量性を打ち出してるのですね。

【2018年モデル】LOOK 785 HUEZ RSの国内定価が発表に!軽量バイクとして人気が出そうな一台。

さてTIMEのAlpe d’Huezですが、当然ながらフレーム販売のみです。
何年か前にTIMEも完成車を出したことがありましたが、すぐになくなりました。
TIMEらしさの一つとして、フレーム売りしかしないということがります。

重量

TIMEが出してきた軽量フレームということで注目を集めますが、重量は840g(サイズS)となっています。

この数字を見てどう思うかですが、例えばトレックには640gというエモンダSLRがありますし、LOOKの自信作である785HUEZでは730gとなっています。

なので840gという数字は決して軽量ではありませんが、TIMEのIZONと比較すると-8.6%を達成しているようです。

TIMEのこだわりとしては、決して軽さだけにフォーカスしたバイクを作りたくなかったようです。
あくまでも【TIMEらしい乗り味】と【軽量性】の両立。
TIMEの自社製造技術のRTM(レジン・トランスファー・モールド)を駆使しながら、軽量化しつつも剛性と快適性を確保しようとする試みですね。

プロのレースでは、バイクの総重量は6.8キロ以上ないとダメという規定があります。
トレックのエモンダSLRでは完成車重量4キロ台とか無茶していましたが、そういうバイクはそのままではレースに出ることもできません。
なので軽いだけが正義ではないというTIMEなりのメッセージなのではないでしょうか。

なお、重量剛性比は25%向上しているそうです。

BB規格

TIMEのAlpe d’Huezについては、BB386採用ということです。
この規格はハイエンドフレームに多い規格ですが、剛性を強化しながらも圧入BBに起こりがちな音鳴りなどのトラブルは起こりにくいタイプとされています。

フォーク

TIMEが得意とする、振動吸収システムのAKTIVフォークと、クラシックフォークの二つより選択可能とのことです。

ただしこれはアルプデュエズ1の話で、アルプデュエズ21では選択不可です。

ジオメトリ

ヘッドチューブがIZONやSCYLONよりも9mm短縮しているので、深い前傾ポジションにも対応可能になったとのこと。
シートステーの接合部がやや下がったのは最近のトレンドという感じでしょうか。

Alpe d’Huezのラインアップ

TIMEはちょっとわかりづらいラインアップだったりするのですが、可能な限りわかりやすくまとめてみます。

Alpe d’Huez 1

カーボン素材 : HMカーボン=60%、HR/HSカーボン=37%、ヴェクトラン=3%

フレーム重量 840g(サイズs)
フォーク重量 525g(アクティブフォーク)

モデル名 フォーク 価格 特記事項、カラー
Alpe d’Huez 1 LTD アクティブ 75万 限定50本

アルティウム

Alpe d’Huez1 アクティブ 70万 カスタムカラー
Alpe d’Huez1 アクティブ 81万 ハンドル&ステム付 カスタムカラー
Alpe d’Huez1 アクティブ 65万 レギュラーカラー
Alpe d’Huez1 クラシック 64万 カスタムカラー
Alpe d’Huez1 クラシック 75万 ハンドル&ステム付 カスタムカラー
Alpe d’Huez1 クラシック 59万 レギュラーカラー

※ 価格は全て税別。

アルティウムカラー

レギュラーカラー

ホワイトブラック

レッドブラック

フランスエディション

カスタムヒーロー

レーシングエディション

さすがはTIME!!と思わせるような価格帯ですね。

Alpe d’Huez 21

アルプデュエズ21では、アルプデュエズ1とはカーボンのグレードやフレームの設計が異なるものの、安価で手に入るフレームということになります。

こちらのスペックは、フレーム重量930g(サイズS)、カーボングレードはHMカーボン=8%、HR/HSカーボン=85%、バサルト=7%とのこと。

モデル名 カラー 価格
Alpe d’Huez21 カスタム 35万
Alpe d’Huez21 レギュラー 29万8千

※ 価格は税別です。

レギュラーカラー

ホワイトブラック

レッドブラック

カスタムヒーロー

アルプデュエズ21はフレームのみとはいえTIMEが30万円台で買えてしまうので、お買い得モデルとも言えそうです。

物欲を掻き立てる一台

TIMEというと高級ブランドの一つですし、中古市場でもTIMEのフレームは高値で取引される傾向にあります。
見た目のカッコよさもそうですが、【いつかはTIME】と呼ばれるほど高級路線と独自路線を突き進むブランドですね。

TIMEが出してきた軽量フレームということで、TIMEファンにはたまらない一台かもしれませんね。

どうしても重量にこだわるという人には、トレックのエモンダSLRのほうが圧倒的に軽いですし、LOOKの785HUEZのほうが軽いです。
しかしTIMEらしさを追求したフレームということなので、単に軽いだけとか単に硬いだけとかそういうフレームではないのでしょう。

TIMEらしい剛性と快適性の中に、軽さをプラスしたのがアルプデュエズということでしょうかね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up