ルイガノ LGS-HST 1。お買い得グラベルロードならこれ。

2016年モデルになってしまうのですが、ルイガノのグラベルロードが半額になっています。
モノ自体は非常に良さそうな一台で、オールラウンドにいろんなところを走れるグラベルロードとしてはかなりコスパがいい一台となっています。

そんなルイガノのLGS-HST1について見ていきましょう。



LGS HST 1


【※半額!】ルイガノ 2016 LGS-HST 1【ロードバイク/グラベルロード】【LOUIS GARNEAU】【在庫一掃sale】【自転車】

このバイクの特徴ですがコロンバス製のクロモリフレームを使い、さらにフォークはカーボンを使っているところが特徴的です。
クロモリとして評価が高いコロンバス製を使い、フロントは衝撃吸収能力向上のためにカーボンフォークという感じでしょうか。

コンポは105を使っています。
さらに機械式ディスクブレーキ採用ですね。
グラベルロードにはディスクブレーキの制動力がマストということでしょう。

スペック詳細はこちら。

フレーム COLUMBUS THORON
フォーク カーボン
STI 105
FD/RD 105
クランク 105 50-34
スプロケ 105 11-32
ブレーキ 機械式ディスク
ホイール MAVIC アクシウムワンディスク
タイヤ パナ グラベルキング28c
 重量 10.57キロ

105でコンポを固めて、ホイールはマヴィック、タイヤは評価が高いグラベルキングを採用。

Panaracer(パナレーサー) タイヤ グラベルキング [700×28C] ブラック F728-GK-B
Panaracer(パナレーサー) (2014-11-01)
売り上げランキング: 7,559

フレームもコロンバス製クロモリと豪華な構成なので、定価は24万(税別)です。

ですが2016年モデルで型落ち扱いなので、半額の12万なので超お買い得なわけです。

その代わり、型落ちモデルなのでサイズが限られてしまいます。
ただ、12万でこんな豪華なスペックの上質なグラベルロードが買えることは不可能に近い奇跡かと。

グラベル走行にも行けますし、ロードバイク風にロングライドもできるでしょう。
ツーリングバイクにしても面白そうな一台ですし、あえて通勤通学などに使うにもいいかと。

廉価モデルのLGS HST 3

ルイガノのグラベルロードのラインアップの中で低予算で買えてしまうのが、LGS HST 3です。
こちらのバイクは、上の【1】とはフレームが異なります。

【※半額!】ルイガノ 2016 LGS-HST 3【ロードバイク/グラベルロード】【LOUIS GARNEAU】【在庫一掃sale】【自転車】

1がクロモリフレーム&カーボンフォークなのに対し、3はアルミフレーム&アルミフォークという構成です。

3ではソラをメインコンポにしながらコストダウンしていますが、こちらも機械式ディスクブレーキ採用。
しかも定価12万(税別)が、半額の6万だというからぶったまげてしまいますね。

こちらも2016年モデルなので、在庫は相当限られています。
上の1はフレームも良く、コンポもしっかりしている印象です。
3のほうはアルミフレーム&アルミフォークにして、タイヤを32cと太めにしてタイヤによる振動吸収を達成しているような印象。

街乗りなどでも使い勝手が良さそうですよね。
クロスバイクを買うような値段でグラベルロードが買えてしまうのだから驚きです。

ルイガノというブランド

先日も書きましたが、ルイガノというだけで敬遠する人も正直なところいます。

ルイガノはなぜ評判が悪いのか?やたらと低評価である理由。

私はこういうルイガノ批判の多くはあまり信ぴょう性がないという風に受け止めていますが、実際に乗っているとお値段なりの普通の性能です。
これって結構大切な要素で、どこのメーカーとは書きませんが、お値段以下のバイクを作ってはさかんに宣伝しているブランドもあります。

2016年モデルなので半額となっていますが、この価格ならコスパは最強と言っていいでしょう。
なんとなくグラベルロードに乗ってみたいという人でも手を出しやすい価格なのではないでしょうか?




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up