クリートは消耗品!クリート交換の目安とは??

ロードバイクに乗る人にとって、ビンディングペダルは必須のアイテムです。
ビンディングペダルとシューズをつなぐクリートは樹脂製ですので、摩耗します。
なので時期が来たら交換しなければなりませんが、どれくらい減ったら交換すべきかイマイチわかりづらいものです。

なのでクリートの交換時期と目安について説明します。



クリートの消耗

クリートですが、様々な要因で摩耗します。
ペダルへの脱着時の擦れもそうですが、一番大きな要素としてはクリート剥き出しで歩行した場合の摩耗です。

なのでクリートカバーをつけることで、摩耗することはある程度は防ぐことができます。

私はTIMEのペダルを使っていますが、TIMEについてはクリートカバーが販売されていません。
シマノ、LOOK、スピードプレイは、それぞれメーカーがクリートカバーを販売していますが、TIMEについてはありません。
クリートスキンズという会社がTIME用のクリートカバーを出しているのですが、この商品は劇的に入手困難です。

クリートスキンズ クリートグリップス(タイム用) ブラック
クリートスキンズ
売り上げランキング: 4,013

TIMEユーザーでも、シマノのクリートカバーを加工すれば使うことはできます。

わかりづらいですが、シマノのクリートを買ってきて、カッターなどで両端を切り取ります。
メチャクチャ硬いですが。

そうすればTIMEのクリートにも、シマノのクリートカバーを付けることは可能です。

クリートの交換時期

これは約1年半使ったTIMEのクリートです。

正直なところ、今回はクリートカバーを使ったのでここまで持ちました。
クリートカバーを使わなかった場合、半年くらいで寿命を迎えます。

クリートの交換時期ですが、見た目でうんぬんというよりも、正常にステップインとステップアウトが出来なくなったらもうダメです。
TIMEのクリートについては、寿命に近づくとコーナーリングの最中にペダルからクリートが抜けます。
ペダリングを止めてコーナーリングしている上の脚側が横にズレるように外れるのですが、これが出たらもうダメです。

なので新品に交換しました。

クリートを買うと、ネジ類は付属します。
なんですが、古いほうのネジ類がまだ全然使えるので、今回は新しいネジは全く使わずにキープします。

一度経験したのですが、クリートを止めるネジも振動で緩んでくるので、ネジが一本無くなったことがあります。
そういう時のためにキープします。

クリートもきちんとメンテ

頻繁に見る必要はありませんが、先ほど書いたようにクリートを止めているネジも緩みます。
なので時々緩んでいないかチェックしたほうがいいでしょう。

クリートの交換目安は、先ほど書いたように正常にステップインやステップアウトが出来なくなった場合です。
また、不意に外れるようなことがあれば、即座に交換したほうがいいでしょう。

シマノはどこの自転車屋でも在庫がありますが、TIMEとかスピードプレイだとない場合も結構多い気がします。

ちなみにですが、SPDの場合はさほど摩耗しません。
これは構造的にクリートが靴底に埋もれていることや、金属製のクリートだからという事情があります。
前にSPDを使っていたときは、3年くらい変えなくても何ら問題はありませんでした。
ただし、ネジ先端にドロが詰まってしまい、外せなくなることもあるので要注意です。

ビンディングペダルって何がいいの??と質問されることが多いですが、私はTIMEが一番いいと思っています。
TIMEは膝に優しい独特の機構がついていますし、グレードが低いペダルでもデュラエースより軽かったりします。

Time – Xpresso 4 ペダル

初めてのビンディングペダル。何を選べばいいのかわからない人へ




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする