ロードバイクでオススメの安いタイヤはどれ??【質問いただきました】

ロードバイクのタイヤ選びについて質問いただきました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ロードバイクのタイヤを交換したいですが、安くてオススメのタイヤはありませんか?
できれば一本2000円以内だとありがたいです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



回答いたします。

2000円以下はいいものがない

クロスバイクやロードバイクで様々なタイヤを使ってきましたが、さすがに一本2000円以下だと使ってもいいかなと思うタイヤはありません。
ヴィットリアのザフィーロみたいに完成車によくついてくるタイヤは、実売だと2000円以下で買えてしまったりしますが、正直なところお金を出してまで買うなら、もうちょいお金出したほうが幸せです。

ザフィーロとかサーファスのセカとか、よく滑ります。
セカについては耐久性が相当イマイチです。
ありえないくらいにひび割れしだします。

実はこの手の質問はよくいただきます。
安くてオススメのタイヤを教えて!という質問ですね。

この手の質問をしてくる方で結構多いのですが、【レースに出るわけではないので高いタイヤは要らなくて】と書いてあるケースが多いです。
私自身全くレースには出ていませんが、タイヤはあまりケチらないほうがいいと思っていまして、タイヤは安全性に最も関係するパーツだからです。
ウェットな路面じゃなくても滑る安物タイヤもあるのと、安物で多いのは早い時期にひび割れしだしたりするので、交換時期が早くなります。
なのでもうちょっと予算を上げておいたほうが、トータルでは安くなるのです。

安くてオススメのタイヤ

私自身は、ロードバイクのタイヤは常に最上級のものを使っています。
コンチネンタルだとグランプリ4000s2ですね。

Continental – Grand Prix (グランプリ) 4000S II フォールディングロードタイヤ (ツインセット、25c)

普段使っているのはヴィットリアのオープンコルサCX3。

Vittoria(ビットリア) OPEN CORSA CX 3 700×23c FULL F-CX723-BB ブラック
Vittoria(ビットリア)
売り上げランキング: 58,516

高いと言えば高いのですが、ハイエンドタイヤを一度使うと、安いタイヤには戻す気になれません。
それくらい、タイヤの性能差って大きいんです。

ちなみにオープンコルサCX3は既に廃盤となっていて、コルサというタイヤにモデルチェンジしています。

そのおかげで、旧製品のオープンコルサは激安になっていますが。

とはいえ、これらのタイヤが高すぎると思う人もいるでしょう。
そういう人向けにオススメできるのはこちら。

Vittoria – Rubino (ルビノ) Pro G+ グラフェンフォールディングタイヤ

ヴィットリアのルビノプロG+です。

タイヤの品質、グリップ力、耐久性、値段を考えたら、安くてオススメできるのはルビノプロくらいしかありません。

同じような価格で買えるタイヤに、パナレーサーのクローザープラスなどもありますが、パナのタイヤは当たり外れが大きいというか、製品により個体差が大きい気がします。
過去に、パナレーサーのレースAを10本以上使っていますが、買ってきて取り付けた時点で初期不良だとわかるものもありました。
クローザープラスを買うのであれば、コンチネンタルのウルトラスポーツのほうがまだマシな気がしますが、どちらにせよルビノプロG+がほぼ同じ値段で買えてしまうので、無理にランクを落としてクローザープラスなどを買う理由もありません。

なのでもし安いタイヤでオススメを!と聞かれたら、ルビノプロがいいかと思います。
この価格以下だと、オススメできるものはありません。

タイヤインプレを読むときの注意点

ア〇ゾンでもウ〇グルでも、商品レビューという機能があり、購入した人がレビューを書いています。
こういうタイヤのインプレを読むときは、注意が必要です。

例えばですが、あるタイヤに【買ってすぐにパンクした】というレビューがあったとします。
タイヤに詳しくない人は、【このタイヤはパンクしやすいんだ】と判断する傾向がありますが、これは間違いです。

パンクするかしないかは、適正な空気圧を保っていることが条件ですが運次第です。
私が気に入っているヴィットリアのオープンコルサCX3ですが、買ってその日にパンクして、タイヤに大穴が開いて交換したこともあります。

この画像では小さな針金が刺さっています。

これだけを聞くと、【パンクしやすいからやめておこう】となるのかもしれませんが、私が買ってすぐにパンクしたときは、路面に散らばっていたガラス片の大きなものを思いっきり踏んでしまったからです。
ザックリ刺さってしまい、このタイヤの寿命は1日未満でした。

ただ、このケースではほかのタイヤであっても同様に終わっていたはずです。
別にオープンコルサが悪いわけではありません。

パンクするかしないかは運次第ですし、レビューした人が適正な空気圧を保っていたのかもわかりません。
また、段差で脱重も減速もせずに突っ込んでパンクしたのかもしれません。

なので新品タイヤを買ってすぐにパンクしたというレビューがあっても、単に運が悪かった人です。
ドンマイと声をかけてあげましょう。

私がロードに乗り始めたころは、タイヤなんてもっと安かったです。
タイヤは輸入品なので、円高と円安の影響で定価が変わるのですが、私がロードに乗り始めたころはタイヤの定価がもっと安かったです。
最近の高騰ぶりにはいささかうんざりしてしまいますが、下手に安いタイヤを使うと、耐久性がなくて結局は高くつくこともあります。
なので個人的に最低ランクと思えるタイヤは、ヴィットリアのルビノプロですね。

昔はパナレーサーのAとかも安かったんですけどね。
今はちょっと高くなってます。

私はクロスバイク時代からロード初めて最初の2年くらいは、パナレーサーばかり使っていました。
具体的にはレースAですね。

このタイヤ、結構いいですし当時は気に入って10本以上使ってきました。
ですがタイヤとしての寿命が短いというか、3000キロくらいを超えるとやたらとパンクが頻発するのが気になって他社に変えました。

ただパナレーサーは安く買えることもありますし、モノ自体は悪くないと思うので、レースAはお勧めできます。
ただ、質問者さんの望む価格帯とはちょっと違うかと。


Vittoria – Rubino (ルビノ) Pro G+ グラフェンフォールディングタイヤ




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up