シロッコC17のベアリングについて。カップ&コーン??シールドベアリング??

先日、ゾンダとシロッコの比較記事を掲載したのですが、

ゾンダとシロッコ、どっちを選ぶのが正解??大人気カンパニョーロホイールの比較。

これについて何人かの方からメールを頂いてまして、シロッコってカップ&コーンじゃなくてシールドベアリングじゃね??という話なんですが、これについてちょっと書きたいと思います。



確かに旧モデルのシロッコはシールドベアリング

2018年モデルとして登場したシロッコC17ですが、ワイドリム化する前のシロッコについては間違いなくシールドベアリングでした。
ゾンダ以上はカップ&コーン、ゾンダより下はシールドベアリングとなっていたのは皆さんもご承知のことと思います。

ここについて異論がある人はいないと思います。

Campagnolo – Scirocco (シロッコ) 35 クリンチャーホイールセット

シロッコC17のベアリングは??

で、旧モデルのシロッコがシールドベアリングであるということを踏まえて、シロッコC17もシールドベアリングだろうと思っていました。

で、今現在、日本でのカンパニョーロの代理店?なのはRIOGRANDEさんですが、どういうわけかもうしばらくの間、カンパニョーロのホイール紹介のページがメンテナンス中になっていて、イマイチどうなっているのかわかりません。
なのでイタリア本国のサイトを見てみたのですが、そちらではシロッコについて【カップ&コーン】と表記があったので、そのように前の記事ではご紹介しました。

https://www.campagnolo.com/JP/en/Wheels/wheel_scirocco_h35_mm

HUBの項目に【Cup-and-cone bearing system】と書いてあります・・・

なのでイタリア人を信頼してカップ&コーンと書いたのですが、ちょっといろいろと調べるうちに本当にカップ&コーンなのか、私自身も自信が持てなくなってきました。

そもそも日本で発表されているシロッコC17の重量ですが、1654gとされています。
このイタリア本国のサイトでは1755gとなっているのも気になるところです。

そう考えるとイタリア本国サイトも信用できるとは限らないのですが、正直ここら辺の真相は謎です。

国内サイトでの表記

国内のいくつかの自転車屋とかホイール転売屋さんのHPを見る限り、どこのサイトでもシロッコC17はカートリッジベアリング(シールドベアリング)と表記があります。

ただ、某〇〇ズさんなんかはシマノのデュラエースC40クリンチャーを【35mmだったリムハイトが40mmになった】みたいな記事があったりするのでさほど信用できないかなと思うのと(デュラC40は35mmハイトです)、ホイール転売屋さんについては正規取扱店ではないので論外かなと思うので、イマイチ信用できそうなソースがないんですよね・・・

全然話は変わりますが、最近ホイール転売屋さんって多くなった気がします。

ホイール転売屋さんというのは、ショップ的な感じで店を開いていますが、要は海外通販からホイールを取り寄せて国内のユーザーに売っているだけという商売のことです。

なので在庫はほとんど持っておらず、お客さんから注文が入り次第海外通販に発注するという商売です。

中間に入っている転売屋さんは、初期調整などをしてから売るわけでもなく、単に横に流すだけでマージンを得るという恐ろしい商売です。

さすがにどことは書けませんが、こういうところで買う人って【国内通販だから海外通販よりも安心!】と思ってやや割高な価格で買うわけですが、実態は海外通販そのまんまなんですよね・・・

真相は

申し訳ありませんが、現段階ではよくわかりません・・・
なので実際にシロッコC17を持っている方がいましたら、教えてくださいまし。

こちらでも調べてみますが。

<追記>
やっぱりシールドベアリングで正しいそうです。
イタリア本国サイトではカップ&コーン、重量も1755gとなっていますが、日本のカタログではシールドベアリング、1654gとなっているようです。
大変失礼いたしました。

イタリア本国とは仕様が違うのか、イタリア人がいい加減なのかは不明ですw


Campagnolo – Scirocco (シロッコ) C17 ロードホイールセット




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 勝野 仁士 より:

    実物のシロッコがないので、本当かどうかわかりませんが。
    2018日本版のカンパニョーロカタログがショップにあったので見てみました。
    (2018)まずウェイト、F746g R908gでした。
    そして、カップ&コーンではないです。やはり、カップ&コーンは、ゾンダ以上に採用されているようです。
    参考にならないかもしれませんが、情報です。

    • roadbikenavi より:

      いつもコメントありがとうございます。

      やっぱりシールドベアリングなんですね。
      イタリア人は信用できないのか、それともイタリア本国仕様と日本仕様が違うのかわかりませんが・・・

      情報ありがとうございました。