壊れかけのビンディングペダルを無理させてみた結果。普段からペダルもチェックしましょう。

先週、正常なステップインが出来なくなったTIMEのペダルですが、とりあえず嵌まるという感じはないですが引っ掛かっている感じは残っていたので、短距離で平坦道なら持ちこたえられるかと思い乗ってみました。

結論から言うとやっぱり無理だったわけで。



既にニューペダルは発注済み。しかし

とりあえず1週間前に、ウイグルでTIMEのXPRESSO4を発注しました。

Time – Xpresso 4 ペダル

久々にウイグルでの買い物だったのですっかり忘れていたのですが、ウイグルさんは届くまで2週間くらいかかるんですね。
なので今日乗る分には間に合わず。

まあ、普通に買うよりもだいぶ安く買えましたし、仕方ないですね。
うちにはエアロバイクがあるのですが、あれに乗ってもとくに面白いという感覚もありませんので、50キロくらいなら壊れかけのペダルでも行けるかなと思い出発。

序盤はなんとか。終盤はアウト

序盤はとりあえず正常なステップインはできていませんでしたが、脱げることもないのでいいやと思い出発。
異変が起きたのは40キロ過ぎ。

パキっと音がして何か取れました。
正常な左ペダル。

壊れた右ペダル。

白いバネが取れてしまい、ここから先は引っ掛かるという感覚すら無くなってしまいました。
それ以降は右側はまともにペダリング出来ず、シューズがペダル上で滑って股間を強打×2回。

もうダメポということで、輪行で帰ってきました。

TIMEの寿命

TIMEのペダルは短命、というのがネットの通説のようですが、私が使っていたTIMEのペダルは私だけでも4年くらい使いましたし、元々譲り受けたものなので前の所有者がどれくらい使っていたのかわかりません。
ただ、モデル的には前の所有者も2年以上は使っていたと思われますので、なんだかんだ最低6年は使っていたはずです。

ここまで使えば壊れますよね。
特に短命だったという感触はありません。

個人的にはシマノペダルのほうが短命だと思うのですが、過去に使っていたシマノのPD-A600(アルテグラ)なんて1年半でベアリングがおかしくなって異音発生し、新たに買った同じPD-A600も同じく1年半くらいで異音発生したことがあります。
よっぽどシマノのほうが短命な気がしますけどね・・・

一つ言えることですが、ペダルが壊れて嵌まらなくなると、超怖いです。
よーく見るとペダルのボディに亀裂も入っています。

たぶんもっと前から亀裂が入っていたと思うのですが、正直ペダルはノーチェックでした。
TIMEのペダルについては玉当たりなども調整できない(代理店しか工具を持っていない)ので、事実上メンテフリーです。
普段からのチェック項目に、ペダルも入れたほうがいいですね・・・




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ee より:

    さすがにシマノが短命というのはないでしょう。
    シマノのベアリングをダメにしてるのは下手なグリスアップをして
    いじり壊している人がほとんどです。
    もしくは逆にグリスアップせずに使い続ける人。
    ま、そういったユーザーの無知も含めてどう設計するか(カップ&コーンにするのかカートリッジベアリングにするのか)というのもあるので、
    そこまで含めて短命というのであればその通りですが、
    ちょっとシマノがかわいそうじゃないですかね。

    • roadbikenavi より:

      コメントありがとうございます。

      これは私の体験談ですので、それがすべての人に当てはまるかは正直知りません。
      ただ、ショップにてメンテしてもベアリングからの異音が止まらないというのがシマノペダルで2回もあったというのが私の事実ですので(ともに寿命は一年半程度です)、それ以上でもそれ以下でもありません。

      ショップの人にも聞きましたが、この話を持ってくる人は全くいないわけではなく、たまにいると言っていましたよ。
      店名は出せませんが、スキルが高いことでも有名なところです。