【2018年モデル】FUJI BALLAD。クロモリのクロスバイクでオシャレ感も高く走行性能も高い一台。

近年のクロスバイクというと、やたらとレーシーなデザインを求めているモデルが増えてきているように感じます。
そんな中、FUJIの名車BALLADは、クロモリフレームを使ったオールド感を出しながら走行性能も高い一台にまとまっているのが特徴です。




FUJI BALLAD


FUJI(フジ) 2018年モデル バラッド/BALLAD【クロスバイク】

冒頭でも書きましたが、クロモリフレームのクロスバイクというのはさほど多くはありません。
ほかに思い当たるとしたら、ジオスのミストラルCrとかでしょうか。

近年のクロスバイクは、やたらとレーシーな方向性に振ったモデルが増えてきている気がします。
同じFUJIでも、よりレーシーな方向性を求めているのがルーベオーラですよね。

【P最大11倍+1200オフクーポン(3/6 10時まで)】2018モデル Fuji(フジ)ROUBAIX AURA(ルーベオーラ)スピード・クロスバイク【送料プランC】 【完全組立】【店頭受取対応商品】

スタンダードなクロスバイクというと、FUJIだとパレットという車種もあります。

FUJI(フジ) 2018年モデル パレット/PALETTE【クロスバイク】

こういうバイクはアルミフレームなので、どうしてもフレームのパイプが太くなります。
もうちょっとスタイリッシュな外見のクロスバイクが欲しい!という人向けなのがBALLADです。

こういうクロモリフレームだと、街乗りでも違和感なく馴染みますし、クロモリフレームの美しさが出ていますよね。
カラーリングは3種類。

クロモリフレームによく似合う、シルバーパーツを多用しています。

パーツスペックはこんな感じです。

フレーム クロモリ
フォーク クロモリ
クランク FUJI 44T

(シングル)

シフター アルタス
リアディレーラー アルタス(8速)
スプロケ 11-30(8速)
重量 10キロ

変速系はフロントシングル、リア8速という構成。
重量も10キロですので、まずまずのところに収まっているようです。

ちなみにBALLADをクロスバイクと書きましたが、フレームのジオメトリを見る限りではロードバイクに近いフレームです。
なので走りの性能もしっかり確保している模様。

街乗りからスポーツライクな走行まで一台でこなしてしまおうという欲張りな一台とも言えます。

FUJI BALLAD R


《在庫あり》FUJI(フジ) 2018年モデル BALLAD R (バラードR)[ホリゾンタル][スチールフレーム]

こちらは同じくクロモリフレームを使いながら、フラットバーではなくドロップハンドルを付けたロードバイクになります。
クラシカルな佇まいの中に、走行性能もしっかり味わえる一台。

ホリゾンタルフレームなので、最近のスローピングフレームとは違ったオールド感がたまらないですよね。
最近のレーシーなロードバイクのデザインとはまた違った趣を感じます。

BALLAD Rについてはコンポはシマノ クラリス(2×8)。
以前のモデルだとダブルレバーだった記憶がありますが、なんとここにきてSTI化してきました。

クロモリフレームだとダブルレバーのほうが似合う気もしますが、今なかなかダブルレバーというのも見かけない時代になりましたよね。
やはり安全性を考えると、ハンドルから手を離さなくても変速できるSTIというのは偉大です。

シルバーパーツへのこだわりなのか、クランクはスギノをセレクト。
シマノのクランクだと4アーム&ブラックになってしまいますが、クロモリフレームだと昔ながらのシルバークランクのほうがカッコいいですよね。

近年はシルバーパーツ自体が入手困難というか、なかなかいいものがなかったりします。
そういう中、スギノとかシマノ以外のメーカーの役割は大きいですよね。

人と違った一台が欲しい人向け

FUJIはなかなか独創的なバイクを出すブランドとしても有名ですが、多くのメーカーがクロモリフレームから撤退している中、BALLADのようなクロモリ系フラットバーバイクの存在というのは大きいです。
どうしてもアルミフレームだとゴツい外観になってしまいますが、クロモリフレームだとオシャレ感覚でも乗りやすそう。

ジオスの定番クロスバイク、ミストラルにもクロモリフレームバージョンが登場していますが、

【P最大11倍+1200オフクーポン(3/6 10時まで)】2018モデルGIOS(ジオス)MISTRAL Chromoly(ミストラルクロモリ)クロスバイク【送料プランB】 【完全組立】【店頭受取対応商品】

こちらはオールド感がFUJIに比べると薄めな気がします。
ミストラルクロモリはリアセンター長がクロスバイクと同じで長め、FUJIのBALLADは405mmとロードバイク同様になっています。
走りの軽快さも欲しいし、見た目もこだわりたい、レーシーな外観は苦手という方にはBALLADはオススメの一台と言えるでしょう。


FUJI(フジ) 2018年モデル バラッド/BALLAD【クロスバイク】




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ひろ より:

    お久しぶりです。以前にもコメントをして丁寧に返信頂きありがとうございました。
    ところで僕は自転車初心者で、最初の1台目がフジのバラッド、そこでハマって2台目がビアンキのインプルソ オールロードです。いつかツーリングに行きたいと思いながらもまだ行けてません…
    この2台を乗り比べた感想なのですが、クロスバイクのフジバラッドの方が速いというか、転がりが良い感じがします。どちらも完成車そのままの仕様なので、タイヤの問題なのかと思い、インプルソのタイヤを交換したいと考えています。オンロード用のタイヤでパンクに強いオススメのものはありますか?
    調べた限りではパナレーサーのリブモなんか候補かと。CRCだとシュワルベ プロワンとかも安くなっていて気になります。さすがにシュワルベ マラソンとかは重いでしょうか…?

    • roadbikenavi より:

      コメントありがとうございます。

      まず、バラッドは舗装路用、インプルソオールロードはオフロード、オンロード兼用です。
      フレームの特性から、舗装路ではバラッドのほうが速くて当然ですよ。

      インプルソオールロードはブロックタイヤが付いているのでスリックに変えるという手法もありますが、挙げていただいたタイヤは個人的にはどれもオススメしません。
      太いタイヤ前提の設計のバイクなので、細くするとせっかくの持ち味が台無しな気がしますが・・・

      • ひろ より:

        なるほど…ありがとうございます!

        これで方向性がハッキリしました。2台をもっと明確に使い分けして、グラベルロードはオフロード方向で、そしてフジバラッドの方こそ走行性を高める方向で進化させていこうと思います。