4月6日現在、WIGGLEでお買い得になっているホイールのまとめ。あんまり値動きがないかも・・・

4月6日現在、ウイグルでお買い得になっているホイールをまとめてみました。
最近ゾンダが高くなってしまったり、レーシング3のC15モデルが売り切れになったりいいことが少ないウイグル事情ですが、今週はどうでしょうか?

最近カンパニョーロのホイールの値動きがおかしいというか、以前みたいな大幅割引がなぜか減っています。
例えばですが、シロッコなんかはちょっと前まで29999円とかだったのですが、今は約38000円だったりします。
ゾンダも高値が続いていますよね。

それでは早速見ていきましょう。




シマノ WH-RS700-C30

定価 106,490円⇒55,498円(47%オフ)

性能    ★★★☆☆
値引き率  ★★★★★
総合    ★★★☆☆


Shimano – Ultegra (アルテグラ) RS700 C30 クリンチャーホイールセット

重量 1560g(ペア)
リムハイト F24mm、R28mm
対応タイヤ クリンチャー、チューブレス
23cタイヤ
スポーク数 16/21
対応スピード シマノ8-11s

シマノのニューモデル、RS700は先週と比べて値動きはありません。
ていうか、なんでこんなに安くなっているのでしょうかね??

RS700は旧モデルのRS81と同様に、リムはデュラエース相当のアルミリム&カーボンラミネートされたものを使っているのが特徴です。
C30とありますが、F24mm,R28mmというモデルで、デュラエースにもこのリムハイトはありません。

C24だと剛性の不安が・・・という人にはいい選択肢かも知れませんね。
オールラウンドに使えそうなホイールです。

ボーラウルトラ35 クリンチャー

定価 392,283円⇒230,558円(41%オフ)

性能    ★★★★★
値引き率  ★★★★☆
総合    ★★★★★

Campagnolo – Bora Ultra (ボーラウルトラ) 35 クリンチャーロードホイールセット

重量 F585g、R785g

1370g(ペア)

リムハイト 35mm
対応タイヤ クリンチャー
23cタイヤ ×(25C以上)
スポーク数 18/21
対応スピード シマノ8-11s

ボーラウルトラ35クリンチャーも先週と比べ値動きはありません。
このホイールは2017モデルです。
2018モデルではリムがマイナーチェンジしてAC3加工が入っています。

AC3加工はブレーキゾーンに凹凸を付けて排水性を上げて、雨天時でも制動力が落ちにくいという特徴がありますが、晴天時しか乗らない人にはこっちのほうがいいかもしれません。
というのも、AC3加工されたモデルはブレーキシューのすり減りが早いそうです。

カンパニョーロ ゾンダC17

定価 69,541円⇒51,464円(25%オフ)

性能    ★★★☆☆
値引き率  ★☆☆☆☆
総合    ★★★☆☆


Campagnolo – Zonda (ゾンダ) C17 ホイールセット

重量 1596g(ペア)
リムハイト F25mm、R30mm
対応タイヤ クリンチャー
23cタイヤ ×(25C以上)
スポーク数 16/21
対応スピード シマノ8-11s

ゾンダも先週と比べて値動きはありません。
一ヶ月くらい前までは39999円だったので、割高感が目立ちますね。

今は価格帯としてはシマノRS700と均衡しているイメージですが、鉄下駄からホイールを買い替えるなら、最低でもゾンダ以上にしておいたほうがいいです。
それ以下だと違いがわかりづらいというか、せっかくお金を出す意味が薄いです。

シマノ WH-R9100-C24

定価 158,050円⇒94,897円(39%オフ)

性能    ★★★☆☆
値引き率  ★★★☆☆
総合    ★★★★☆

shimano-dura-ace-9100-c24-carbon-clincher-wheelset
R9100-C24

重量 F585g、R804g1389g(ペア)
リムハイト 24mm
対応タイヤ クリンチャー
23cタイヤ
スポーク数 16/21
対応スピード シマノ8-11s

デュラエースC24も先週と比べて値動きがありません。
C24はアルミクリンチャーとしては登りでは最強です。
ただ剛性が低いホイールなので下りでの不安定感や平坦での物足りなさを訴える方もいます。
体重が重めの人は避けたほうがいいでしょう。

カンパニョーロ ニュートロン ウルトラ

定価 109,054円⇒86,374円(20%オフ)

性能    ★★★☆☆
値引き率  ★☆☆☆☆
総合    ★★★☆☆


ニュートロン ウルトラ

重量 F630g、R879g

1509g(ペア)

リムハイト 18mm
対応タイヤ クリンチャー
23cタイヤ
スポーク数 22/24
対応スピード シマノ8-11s

ニュートロンウルトラも先週と比べて値動きはありません。
ていうか、カンパの10万以下のホイールの値動きが最近おかしいですね。

ニュートロンウルトラは軽量なリムを多めのスポークで支えている構造で、ヒルクライムやロングライドに向きます。

ボーラウルトラ50クリンチャー(2018)

定価 371,850円⇒260,655円(29%オフ)

性能    ★★★★★
値引き率  ★★☆☆☆
総合    ★★★★★


Campagnolo – Bora Ultra (ボーラウルトラ) 50 クリンチャーロードホイールセット

重量 F630g、R835g

1435g(ペア)

リムハイト 50mm
対応タイヤ クリンチャー
23cタイヤ ×(25C以上)
スポーク数 18/21
対応スピード シマノ8-11s

ボーラウルトラ50クリンチャーは、先週よりもちょっと値上げされています。
こちらは2018年モデルなので、リムがAC3加工されているものです。

ダークラベルとブライトラベルでは結構な値段差があるので要注意です。

フルクラム レーシングゼロカーボン

定価 252,882円⇒182,524円(27%オフ)

性能    ★★★★★
値引き率  ★★☆☆☆
総合    ★★★★☆


Fulcrum – Racing Zero (レーシングゼロ) カーボンクリンチャーホイールセット

重量 1358g
リムハイト 30mm
対応タイヤ クリンチャー
23cタイヤ ×(ワイドリム)
スポーク数 16/21

アルミスポーク

対応スピード シマノ8-11s

レーゼロカーボンも先週と比べて値動きはありません。
こちらもリムがマイナーチェンジする前のモデルになります。

軽量なフルカーボンリムを使い、なおかつ剛性が高いアルミスポークを使っているホイールなので、ヒルクライムでダンシングしたときはかかりがいいホイールです。

カンパニョーロ ユーラス

定価 117,273円⇒93,254円(20%オフ)

性能    ★★★★☆
値引き率  ★★☆☆☆
総合    ★★★★☆


Campagnolo – Eurus (ユーラス) Mega G3 クリンチャーホイールセット

重量 F640g、R864g

1504g(ペア)

リムハイト F26mm,R30mm
対応タイヤ クリンチャー
23cタイヤ
スポーク数 16/21
対応スピード シマノ8-11s

ユーラスも先週と比べて値動きはありません。
ユーラスはカンパニョーロのアルミクリンチャーでは珍しくナローリムのままです。
なので23cタイヤを使いたい人にはいい選択肢かと。

カンパニョーロ シャマルウルトラC17

定価 141,613円⇒116,185円(17%オフ)

性能    ★★★★☆
値引き率  ★☆☆☆☆
総合    ★★★★☆


Campagnolo – Shamal Ultra (シャマルウルトラ) C17 クリンチャーホイールセット

重量 1495g
リムハイト F27mm,R30mm
対応タイヤ クリンチャー
23cタイヤ
スポーク数 16/21

アルミスポーク

対応スピード シマノ8-11s

シャマルウルトラも先週と比べて値動きはありません。
シャマルはユーラスと同等のリム(ただしワイドリム)を使いながら、ハブをセラミックベアリングにしているモデルです。
見た目の良さや走行性能、使い勝手がいいアルミリムということで人気が高いホイールですね。

フルクラム レーシング3

定価 83,410円⇒83,410円(0%オフ)

性能    ★★★☆☆
値引き率  ☆☆☆☆☆
総合    ★★★☆☆


Fulcrum Racing 3 Wheelset

重量 1560g(ペア)
リムハイト F25mm、R30mm
対応タイヤ クリンチャー
23cタイヤ x(25c以上)
スポーク数 16/21
対応スピード シマノ8-11s

レーシング3も先週と比べて値動きはありません。
先週から登場した2018モデルのレーシング3ですが、ワイドリム化しながらもうまく軽量化して重量の増加は前モデルと比べて5gに抑えています。
ゾンダよりも期待できそうな気がします。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up