センチュリオン クロスライン30 RIGIDが大特価だ!

人気のクロスバイク、センチュリオンのクロスライン30リジッドが大特価ですね。

センチュリオンって知ってる?あまり聞かないメーカーだけど・・・

max99_nanba-one20141025132405_tp_v

センチュリオンは日本ではあまり馴染みがないメーカーですが、ドイツの由緒正しきメーカーです。
ドイツ製品は丁寧にかつ確実な作りをすることでも有名で、安心して乗れる一台です。

センチュリオンを知らない方に!
メリダ(MERIDA)って知ってますか?知ってますよね?
自転車売り上げでは世界第二位のメーカーです。
そのメリダのバイクの設計や開発をしているのは、何を隠そうセンチュリオンなんです!

ここでプチ歴史を。
メリダは元々、アメリカメーカーの委託製造(OEM)を手掛けることで発展したメーカーです。
自社でもバイクを開発したけど、なかなか売れるバイクが作れずに苦しんだ時期があります。
そのときに、ドイツで評判が高いセンチュリオンにお願いをして、メリダセンチュリオンジャーマニーという会社を共同で立ちあげて、設計や開発でセンチュリオンのノウハウを学びました。
ここからメリダの快進撃が始まっています。

そのため、メリダのバイクは、ドイツで設計や企画を行い、製造は台湾という形を取っています。
センチュリオンのバイクも、ドイツで設計され台湾のメリダで製造されています。

センチュリオンはだいぶ前ですが、トライアスロンで流行った時期があり、今はロードバイクからMTBやシクロクロスなどを手掛けるメーカーです。
最近はどちらかというと、MTBやシクロクロスなどオフロードバイクのほうが有名ですね。



クロスライン30RIGIDの乗り心地

kenta839_roadbikeyoutube_tp_v

このバイクの特徴ですが、まずしっかりとした剛性がありよく進むバイクです
標準装備は32cとやや太めのタイヤですが、気になるなら28cなどにしてみるのも面白い。
変速ギアが3×7です。
リア7速というのはスポーツバイクでは最下層になります。人によっては「リア8速以上がクロスバイク」などといいますが、7速と8速で大きな違いは正直なところないです。

このバイクのいいところは、フレームがきれいです。
似たような価格帯にジャイアントのエスケープR3がありますが、R3よりもフレームの質はいいように感じます。

あと、サイドスタンドが標準装備です
これが何気に使いやすい。要らなければ外すことも可能です。
実は過去にクロスラインを所有していたことがありますが、よく走るし乗っていて面白い一台です。
某有名自転車屋も「R3よりもはるかにいい」と言っていました。
R3も乗ったことがありますが、クロスラインのほうが楽しいです。

サイドスタンドが標準装備なのと、ハンドルがやたらと長いのと、タイヤが太いため、初期装備での重量はやや重めです。
ところが、スタンド外してハンドルを適切な長さにカットし、タイヤを軽いのにすればすごく走る子です。

あと、キャリアをつけるためのダボ穴も標準装備されています。
また、ディスクブレーキ化できるように、フレームとフォークにディスクブレーキ台座がついているのもポイント。
ディスクブレーキ化するにはホイールの交換が必要ですが。

街乗りからサイクリング、ツーリングまでしっかりとこなしてくれるセンチュリオンのクロスラインは、初めてのスポーツバイクにピッタリな一台ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up