路肩・路側帯のライン上走行は違法では??【質問いただきました】

昨日アップした記事で、白線上を走行するということを書いたのですが、

道路の白線上をロードバイクで走るのはいいこと?滑る?

以下のようなメールを頂きました。

白線上を自転車が走行するのは道路交通法で違反ですよ。
まあ、私もやってしまうのですけどね。




これって違法なの??という疑問があったので調べてみました。

白線の意味

この白線は、車道外側線というのが正しい名称のようです。
この線から内側(車道側)を車道と定義している・・・のだと確かに違法なのかなと思ったのですが、どうもそんなに簡単な話ではないようです。

車道外側線は、二つの意味を持ちます。

歩道がない場合

歩道がなく車道外側線が引かれている場合、白線の外側は【路側帯】という呼び方になります。
なのでこの場合の白線は、路側帯の道路標識となります。

道路交通法 第二条 3の4

路側帯 歩行者の通行の用に供し、又は車道の効用を保つため、歩道の設けられていない道路又は道路の歩道の設けられていない側の路端寄りに設けられた帯状の道路の部分で、道路標示によつて区画されたものをいう。

ここは歩道代わりに設置されている場所になります。
なので車両の走行は不可なのですが、軽車両である自転車については、歩行者の歩行を妨げない限りは問題ないそうです。

なので白線上をロードバイクが走行するのは、歩行者に迷惑が掛からない限りは問題ないということになります。

ちなみにこの歩道がない場合の白線ですが、厳密には車道外側線とは言わず、路側帯と呼ぶのが正解のようです。



歩道がある場合

厳密には車道外側線という場合、こちらの【歩道がある場合】を意味します。
この線は何のために存在しているかというと、車両が左に寄り過ぎないように注意喚起している線という意味だそうです。

一般的には、この車道外側線から歩道までを路肩と呼んだりしますが、路肩という呼び方は道路交通法には定義されていません。

またこの車道外側線から歩道まで(いわゆる路肩)については、扱いとしては車道になるのが正解であって、自動車がここを通過しても何ら問題ありませんし、ましてやロードバイクがここを走行するのも何ら問題ないと言えます。

ただし、車道外側線の意味は【これ以上左によると歩道に当たるぜ??】と注意喚起しているものなので、左に寄りすぎると危険とも言えます。
また道路形状によっては車道外側線自体が存在しないところもあります。
歩道があっても車道外側線を必ず設置する義務があるというわけでもないようです。

でも、オートバイとか路肩走ったらマズくね?

時々言われることですが、オートバイは路肩を走っちゃいけないとか言われたりしますよね。
これは上でも書いた通り、路側帯(歩道がない状態)ならアウトです。
路肩(歩道がある状態)なら扱い自体は車道なので、何ら問題ありません。

で、オートバイがわざわざ路肩を走るときって、要はすり抜けや追い越ししたいときだと思います。
路肩を走ること自体が問題なのではなく、問題なのは【左側から追越しした】ということです。

道路交通法 第28条

1、車両は、他の車両を追い越そうとするときは、その追い越されようとする車両(以下この節において「前車」という。)の右側を通行しなければならない。

2、車両は、他の車両を追い越そうとする場合において、前車が第二十五条第二項又は第三十四条第二項若しくは第四項の規定により道路の中央又は右側端に寄つて通行しているときは、前項の規定にかかわらず、その左側を通行しなければならない。

路肩での追越しはこれに違反するからアウトというわけです。
路肩を通って追越しするとき、前方車は当然左車線にいるわけです。
これの追越しをする場合、右から追越ししないと違反というわけですね。

なので違法性はないようです

私も【それって違法じゃね?】と言われてビックリして調べてみましたが、法律上は歩道があっても歩道がなくても特に違法性はありません。
ただし歩道がない白線上を通る場合は、歩行者に注意して通行を妨げてはいけません。

ただし、車道外側線についての判例を見ると、なぜか車道外側線の外側(歩道と車道外側線の間の路肩)について、車道だとする判決と車道ではないという判決があるようです。

こちらの判例では、

「道路標識,区画線及び道路標示に関する命令」第5条別
表第3は,車道外側線を「車道の外側の縁線を示す必要がある区間の車道の外側」と定義し,道路交通法17条1項本文は「車両は,歩道又は路側帯と車道の区別のある道路においては車道を通行しなければならない。」旨の通行区分を規定し,さらに,同法2条1項3号は,車道について「車両の通行の用に供するため縁石線若しくは柵その他これに類する工作物又は道路標示によって区画された道路の部分をいう。」旨定義している。これら法令の規定からすると,車道外側線の左側部分は,車道とはいえないことが明らかであり,したがって,車道ではない,このような部分を車両で通行することは通行区分に違反し,特別の場合を除いて許されないものと解すべきである。

http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/334/002334_hanrei.pdf

大阪高等裁判所 平成13(ネ)2847損害賠償請求控訴事件

このように歩道があり車道外側線の外側(=つまりは路肩)を車道ではないとしています。

一方、この逆の判決もあります。

平成6年(ワ)第3770号 損害賠償請求事件 (交通民集29巻2号597頁)

1. 車道外側線の外側部分は「歩行してはならない車道」だとして,歩行者側に45パーセントの過失相殺を認めた

今度は車道扱いですねw
ただちょっと意味合いが違うというか、上の判例では車両の走行についての判決で、下の判例では歩行者が通行していいかの判決です。

上の判決ではいわゆる左折巻き込み的な状況のようなので、ちょっとまた意味合いが違うかもしれません。
ただ、どっちやねん!というツッコミはありそうですね。

前回の記事で取り上げた白線上の走行ですが、あくまでも道路のデコボコをさけて白線上を走ると気持ちいい的な話で合って、左方追越しの話ではありません。
なので総合的に判断すると、白線上の走行に違法性があるとは思えません。

もし間違っているようならご指摘くださいませ。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする