SACRAがニューホイール、KYLE3とKYLE5を開発!今回はどうなのか??

元シマノの開発者ということで昨年あたりは話題になっていたSACRAブランドのカーボンホイール。
昨年はいろいろと叩かれていたりしましたが、どうやら問題点を克服した(?)ニューホイールとしてKYLE3とKYLE5をリリースしたようです。

そんなニューホイールを見ていきましょう。

KYLE3とKYLE5

前作のSACRAのホイールというと、ネット上ではいろんな噂が出ていました。
Pホイールとリムが同じだとか、リムの剛性は高くてもホイールの剛性は低いとか・・・
リムが公称値よりも重いとか・・・
首折れスポークで汎用ハブを使っていたので、実態は中〇カーボンホイールという話も出ていました。

新しく出たSACRAのホイールですが、どうやらリムが新設計に変わり、またチューブレスレディとなったようです。
クリンチャーも選択でき、チュー^ブレスレディを選択してもアップチャージなしの同一価格とか。
またハブもオリジナルハブに変わったようです。

KYLE5

KYLEは恐らく【カイル】と読むのでしょうか?
間違っても【カエレ】ではないでしょう。

まずはKYLE5のほうから。

SACRA KYLE5 チューブレスレディ シマノ/スラム用 前後セット

KYLE5

チューブレスレディ

KYLE3

クリンチャー

総重量 1375g 1356g
F重量 601g 592g
R重量 774g 764g
リム


リムは50g軽量化と書いてあります。
さらにリム幅は28mmとかなりのワイドリムになりました。
ホイール重量は1355g、価格は183,000円(税別)となっています。

KYLE5

チューブレスレディ

KYLE5

クリンチャー

リム重量 444g 434g
リムハイト 50mm 50mm
リム幅 28mm 28mm

リム単体での販売もあるようで、ホール数も選べます。
生産国は中国とのこと。

ハブ


ハブがSACRAオリジナルハブのミスリルハブになったようです。
ストレートスポーク仕様のワイドフランジハブです。

しかも別売りのフランジで組み方やスポーク数を変えることができるとのこと。

重量 F84g,R231g
スポーク ストレートプル
フリーボディ アルミ
ラチェット 6爪48tラチェット

ベアリングはNTNの非接触シールドベアリング。

スポーク

スポークはサピムCX-RAYのようです。

フロント16、リア21本のスポーク数で、リアは2:1組です。

シマノホイールはフロントスポーク数16本にこだわっていると聞いたことがあります。
16本よりスポーク数が増えると空力が落ちるというデータがあるそうですが、元シマノの開発者ということでここはこだわりなんでしょうか??

KYLE3


SACRA KYLE3 チューブレスレディ シマノ/スラム用 前後セット

KYLE3はリムハイトが38mmとなっているモデルになります。
KYLE5に比べてリムハイトが低いのでかなり軽くなっている様子。

ホイール重量は1292g、リムハイト38mm、価格は183,000円(税別)です。

KYLE3

チューブレスレディ

KYLE3

クリンチャー

総重量 1298g 1292g
F重量 563g 560g
R重量 735g 732g
リム


SACRA KYLE3 チューブレスレディ シマノ/スラム用 前後セット

こちらもリムが50g軽量化されているようです。
5と同様にチューブレスレディとクリンチャーを選択可能。

KYLE3

チューブレスレディ

KYLE3

クリンチャー

リム重量 401g 398g
リムハイト 38mm 38mm
リム幅 28mm 28mm

こちらもリム単体販売があり、なおかつ28mmのワイドリムになっています。

ハブ

ハブはKYLE5と同じもののようです。

スポーク

スポークも同じくサピムCX-RAY。

フロント16、リア21本のスポーク数で、リアは2:1組です。

KYLEは買いなのか??

前作に比べると大幅に値段が上がって、なおかつかなり軽量化されたようです。
オリジナルハブということなので、前作が手組だとすると今回は完組という感じでしょうか?

SACRAさんは空力にこだわっているようで、メーカーサイトではボーラワン50との比較、ROVAL CLX50よりも空力が優れていることが書かれています。
ただ問題なのはホイールの剛性がどうなのかというところでしょうか?
ホイールの剛性がしっかりしているなら、なかなか良さそうなホイールに見えます。

価格帯がだいぶ上がったので、なかなかこれを買うという人自体が少ないかと思います。
前に出していた著書では、非接触シールドベアリングはオススメしないとか、リム幅が30mmに近づくと空力が悪化するのではないかと思っているとか、リムが重いことは工学的、物理学的にエネルギー論から見るとあまりデメリットはないなどと書いてありましたが、今回は非接触シール採用、リム幅もかなりのワイドリムになりました。
またリムも大幅に軽量化されたようです。

著書での主張と開発するホイールに一貫性がないように思えてしまうところですが、最終的に大切なのは出来あがった製品がいいものかどうかなので、今回のモデルチェンジはいい方向と捉えるべきではないでしょうか?

【ロードバイク本音のホイール論】を読んで感じたこと。シマノの元ホイール開発者が執筆。

この価格帯だと、海外通販だとボーラワン50が買えそうなところまで来てしまいますし、なかなか厳しいのではないかと予想します。

Campagnolo – Bora One (ボーラワン) 50 クリンチャーホイールセット (2018)

重量 1485g
リムハイト 50mm
対応タイヤ クリンチャー
23cタイヤ ×(25C以上)
スポーク数 18/21
対応スピード シマノ8-11s

重量ではKYLE5のほうが軽いですけどね。

この手のものは人柱覚悟になってしまうのですが、もうちょい安く買えるなら使ってみたい仕様ではありますね。
軽いですし。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. みち より:

    このホイールはラテックスチューブは大丈夫でしょうか?
    〇〇〇〇〇〇〇〇のブログでラテックスチューブを使っていたのでコメントして質問したら、無視されてるのかコメントが削除?みたいにされちゃいまして。

    • roadbikenavi より:

      コメントありがとうございます。

      まず大変申し訳ないですが、特定のサイト名が記載されていたところは伏せ時に変えさせて頂きました。
      メーカー側がどのように指定しているかはわかりませんが、一般的に考えてダメだと思います。
      アルミの補強が入っているリムとかなら別ですが、カーボンリムの熱の籠りはどうしても避けられない現象なので、ラテックスチューブだとバーストする危険性が高いと思います。

      詳しくはメーカー側に直接お尋ねください。

Scroll Up