ローラー台って意外といいかも。平日時間が取れない人にもオススメです。

先日買ったばかりのローラー台ですが、昨日たまたま仕事を速く切り上げることができたので、家に帰ってローラー台回しました。

平日時間が取れない人のフィットネスやトレーニングにオススメです。



真夜中はちょっとね・・・

私が買ったのは比較的静かだと言われるミノウラのFG220というハイブリッドローラー。

【インプレ】MINOURA FG220。ハイブリッドローラーの騒音は?トレーニングに使える??

実はこれを買う前の約2年間、平日仕事後の運動にはいわゆるエアロバイクを使っていました。

ロードバイクとは全くポジションが違うので、ロードバイクの練習には全くなりません。
単に運動しておこうという程度の話。

ただどうもサドル高が合わないとか、ハンドルが近すぎるとかで単に疲れるだけなんですね。
メリットは静かなので真夜中でも可能なことや、本を読みながらでも出来るという点くらいです。

そんなわけで買ったFG220.

エアロバイクと比べると、騒音は2倍以上、振動は数倍は強くなる印象です。
なのでマット3枚敷きにして振動対策。

あとエアロバイクだとチェーンがないからチェーンノイズがしないわけですが、ローラー台だとロードバイクなのでチェーンノイズが出ます。
前回はちょっと気になったので、やや多めにチェーンオイルを付けてみてやってみました。

マンションでも大丈夫そう

振動対策にマットを補充し、チェーンノイズを減らすためオイルを多めに付けてみたわけですが、分譲マンションなら大丈夫そうな気がします。
賃貸マンションだと結構響くかもしれません。

分譲マンションの場合、壁の厚みがあるようで隣の物音は全くしません。
ただ鉄骨マンションの構造上、振動は鉄筋を伝って伝わるので、どれくらい下に響いているのかは疑問です。
とにかくマットを多めに敷いて振動対策は必須でしょう。

45分のフィットネス

とりあえず21時までには終わっておこうと思い、45分間ローラー台を回しました。
こういうのに乗ると、いかに実走での空気抵抗って大きいのかがわかります。
外で走ると恐らく35キロ前後だろうなというパワーで、ローラー台だと48キロくらい出ていたりします。

外を走るときに11Tは下り以外で使うことがないですが、ローラー台だとトップまで行ってみたりしますし。

退屈と言えば退屈なのかもしれませんが、目の前にPC置いてユーチューブ見ているだけなので、気が付くと45分経っている感じです。
私の場合はトレーニング目的というよりもフィットネス目的、汗かいて筋肉を動かしたいだけなので、特に目標を定めているわけでもありません。

エアロバイクの場合、疲れるのは太ももです。
太ももで踏むようなペダリングにしかなりません。

ローラー台はロードバイクですので、疲労が来るとしたら裏もものほうです。
いかにエアロバイクが無意味だったのかがよくわかります。

ただ気を付けたいのは、ローラー台でスピードが出る乗り方が身につくと、外を走ると遅いケースもあります。
ペダリングが雑でもローラー台なら回せますし、あくまでも外を走っている感覚で回すことが重要です。

前にコメント頂いた方でも【ローラー台で速い乗り方が身についてしまった】と聞いたことがあります。
ローラー台では空気抵抗もありませんが、実走をイメージしながら回すことが大切です。

私も実走を意識しながら回していますが、ローラー台では実走では全く感じない股間の痺れを感じます。
股間が熱くなっていくのではなく、股間が盛り上がっていくわけでもなく、痺れてきます。

実走では信号待ちでサドルから降りることもあれば、ダンシングすることもあります。
ローラー台ではずっと同じポジションになるのが原因かと。

ハイブリッドローラーにしてよかった

固定ローラー台だとフレームへの負荷が大きすぎるのでナシですが、ハイブリッドローラーではリアのフレームに負担がかかるわけではないので、一台しかなくてローラー台したいなら3本ローラーかハイブリッドローラーしか選択肢はないと思います。
アルミフレームでもカーボンフレームでも、固定ローラーはやめたほうがいいです。

ローラー台乗る人ってサブバイク、ローラー専用バイクを持っていたりします。
メイン機では負担が大きいということなんですね。

このようなローラー台は飽きて使わなくなる人もいるかと思いますが、なかなか悪くない商品だなぁと感じます。
騒音レベルがどれくらいか知りたい方がいましたら、予定さえ合えばうちのローラー台をお見せできますので。

MINOURA(ミノウラ) FG220 Hybrid Roller ハイブリッドローラー
ミノウラ(MINOURA)
売り上げランキング: 27,001




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする