工具なしでフラットペダルとビンディングペダルの交換が可能な三ヶ島のEzy Superior。輪行や街乗り時にも便利!

先日、ビンディングペダルをフラットペダル化するパーツをいくつか紹介させていただきましたが、

ビンディングペダルをフラット化する方法はある??【質問いただきました】

三ヶ島のペダルに、工具なしでペダルを取り外せるものがあり、フラットペダルとビンディングペダルの交換が容易なものがあると読者様から教えていただきました。
せっかくなのでご紹介いたします。



三ヶ島 Ezy Superior

まずこのEzy Superiorですが、厳密に言うとEzy Superiorシリーズといったほうがわかりやすいと思います。
前回の記事で紹介したのは、ビンディングペダルに被せモノをすることでフラットペダルに変換できるパーツです。
このEzy Superiorシリーズは、工具なしでクランクからペダルを外すことが可能なため、フラットペダルとビンディングペダルの交換がラクチンというものです。

なのでEzy Superiorシリーズでフラットペダルとビンディングペダルを使う場合、ペダル自体は二つ必要なことに注意です。

工具なしでペダルの脱着と聞いて意味が分からないと思う人もいるかと思いますが、まずはEzy Superior用のアダプターをクランクに付けます。
アダプターの取り付けにはスパナが必要です。

このアダプターを付ければ、同じ【Ezy Superiorシリーズのペダル】ならばこのアダプターに工具なしで脱着可能になるようです。
似たようなもので【Ezyシリーズのペダル】もありますが、【Ezy】と【Ezy Superior】ではアダプター形状が違うので互換性がないことに注意です。

このアダプターを使えば、同じEzy Superiorシリーズのフラットペダルとビンディングペダルなら、工具なしで交換可能。
こういうフラットペダルもあれば、

ロード三つ穴形式のクリート用のビンディングペダルもあるようです。

片面フラット、片面ビンディングのペダルもあります。
こちらはSPDタイプのようですね。

当たり前ですが、ペダルを買うとクリートとアダプターは付属してきます。
なので工具なしでフラットペダルとビンディングペダルを使い分けたい場合、最終的には手元にアダプターが一個余る形となります。

三ヶ島 Ezy

似たようなものでEzyシリーズもあり、上でも書いたようにEzyとEzy Superiorではアダプターが違うので互換性はありませんが、同じように工具なしで脱着可能です。
なので同じEzyシリーズのモノ同士ならフラットペダルとビンディングペダルの取り換えが容易。

こちらがEzyのフラットペダルで、

こちらがEzyのビンディングペダルです。

Ezyシリーズの場合、ロード三つ穴対応(SPD-SL)はなく、SPDタイプのみとなっています。

フラット⇔ビンディング交換、輪行などで便利かも

気軽にフラットペダルとビンディングペダルを使い分けたいと思った場合、ペダル交換だとイチイチ面倒だと思う人も多いと思います。
かといって、前の記事で紹介した【ビンディングペダルに被せモノをしてフラット化するパーツ】の場合、所詮は疑似フラットペダルなのでガシガシ乗るには不安。

またシマノPD-A530のような片面ビンディング、片面フラットペダルの場合、フラット面は【使えなくはないけど、チョイノリ程度なら】という感じになります。

この三ヶ島のEzy Superiorシリーズの場合、ペダル交換自体を簡単にすることで気軽にフラットペダルとビンディングペダルの交換が可能という点では、使いやすいかもしれません。
また輪行でペダルを外すときに工具が要らないというメリットもあります。

三ヶ島のペダルというと耐久性の良さや回転性の良さには定評がありますが、ビンディングペダルとしての性能はあまり聞いたことがありません。
口コミなどを見る限りではクリートの遊びがかなり大きいようなので、レースシーン向きというよりはロングライド向きのペダルなのかもしれません。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up