【2019年モデル】ビアンキ OLTRE XR3 DISC 105。人気のオルトレXR3のディスクブレーキモデルが遂に登場!

とうとうビアンキの2019年モデルが発表されました。
見たところ2018年と大きなラインアップの変化はないようですが、人気が高いオルトレXR3のディスクブレーキモデルが登場します。
昨年既に海外サイトではお披露目されていましたが、やっと日本にも上陸するようです。

【2018?2019モデル?】ビアンキからOLTRE XR3 DISCが登場!日本での発売はある?

それでは見ていきましょう。



OLTRE XR3 DISC 105


Bianchi(ビアンキ) 2019年モデル OLTRE XR3 DISC105 (オルトレXR3ディスク105))[カーボンフレーム][ロードバイク・ロードレーサー]

オルトレXR3というと、ビアンキが誇る振動除去システムのカウンターヴェイルを織り込んだカーボンフレームですが、それのディスクブレーキモデルということになります。
昨年発表では、フレーム重量は1150g(サイズ55)。
キャリパーブレーキのオルトレXR3は1100gなので、フレーム重量はたった50gですが重くなります。

ていうか、メッチャかっこいい・・・

今回は105コンポのモデルなので、当然ですが新型R7000になります。
R7000では油圧ディスクコンポが出ていますので、当然それでしょう。

フレーム Carbon w/Countervail Disc
フォーク Carbon w/Counervail 1.1/8″-1.5″
BB PF86
STI 105ディスク
クランク 105 52-36
FD 105
RD 105
スプロケ 105 11-28
ブレーキ 105ディスク
ホイール Shimano WH-RS170
タイヤ VITTORIA ZAFFIRO PRO
700×25C
カラー ブラックチェレステ
定価(税別) 358,000

ちなみにオルトレXR3のディスクモデルは、105のみのようです。

オルトレXR3は初心者でも上級者でも満足いく一台

昨年オルトレXR3の試乗をしていますが、

【試乗インプレ】ビアンキのOLTRE XR3を体験。カウンターヴェイルを搭載したエアロレーシングバイクの実力は、想像を超えた世界だった。

ビアンキというメーカーは乗りやすいモデルが多いのですが、振動吸収性と剛性のバランスが秀でていて、初心者でも乗りやすい、また上級者でも十分満足いくスペックだと感じました。
振動は吸収しているというよりも、フレームに織り交ぜたカウンターヴェイルの働きで、強力に振動を除去しているようなフレームです。

なのでロングライドでも輝ける一台ですし、レースシーンでも体力を温存しながら輝ける一台かと。

ぶっちゃけですが、もし今乗っているLOOK765よりも先にオルトレXR3を試乗していたら、間違いなくオルトレ買っていたと思います。
それくらいレベルが高いフレームでした。

ビアンキらしい弓なりになったエロカッコいいトップチューブ、人気が高いブラックチェレステ、これは争奪戦になりそうな一台ですね。
ディスクブレーキモデルも日本でジワジワと人気が出ていますし。

オルトレらしい滑らかな加速、そしてそれを受け止める強力なブレーキ、これさえあれば鬼に金棒!!


Bianchi(ビアンキ) 2019年モデル OLTRE XR3 DISC105 (オルトレXR3ディスク105))[カーボンフレーム][ロードバイク・ロードレーサー]




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up