【2019年モデル】ビアンキのORSO(オルソ)クラリス。スチールフレームのグラベルロードが新登場!

続々とビアンキの2019モデルが発表されていますが、なんと2019年モデルではスチールフレームのグラベルロードまで登場します。
それがORSO(オルソ)という車種です。

クラリスコンポにディスクブレーキというスペックで新登場します!



ORSO クラリス


Bianchi(ビアンキ) 2019年モデル ORSO CLARIS (オルソクラリス)[スローピング][スチールフレーム]

これが2019モデルとして新しく出た、オルソという車種です。
まだ詳細はわかっていませんが、今のところわかっているスペックはこんな感じです。

※詳細が分かったので追記しました。

フレーム クロモリ
フォーク カーボン
STI クラリス
FD クラリス
RD クラリス
クランク シマノ FC-RS200

46-34

スプロケ シマノ 11-34T(8s)
BB シマノ オクタリンク
ブレーキ シマノ BR-RS305
ホイール ビアンキ手組
タイヤ Wtb Riddler 700x37C
定価(税別) 133,000
カラー マットミリタリーグリーン

ネイビーブルー

マットチェレステ

ビアンキのグローバルサイトを見ると、ソラモデルと105モデルがある模様ですが、日本ではクラリスコンポのモデルがある様子。

https://www.bianchi.com/global/bikes/bikes_detail.aspx?rangeIDMaster=383282&categoryIDMaster=383288&bikeIDMaster=383528

グローバルサイトだと、履いているタイヤは40cとかなり太目です。
なのでグラベルロードとしてオンロード、オフロード問わず走れそうな一台ですし、なおかつ比較的安価で買えるグラベルロードということになりますね。

スペックを見ていくと、まずはディスクブレーキでもシマノの機械式ディスクブレーキを採用。
さすがにこの価格で油圧とはいかないようですね。
そもそもクラリスのSTIでは油圧が使えませんし。

クランクはクラリスR2000ではなく、ちょっとグレードを抑えてコストダウン。

タイヤは37cと極太タイヤが付いてきますね。
タイヤサイドが飴色になっていて、ちょっとカッコいい。

クランクも46-34Tとロードバイクよりもギア比を抑えています。
またスプロケも11-34Tとワイドギア採用ですので、とにかくいろんな道を走破したい人向けのスペックですね。

こちらがネイビーブルーでしょう。

こちらはマットミリタリーグリーン。

クロモリフレームということもあり、クラシカルなビアンキの雰囲気を残しているフレームです。
そんなクラシカルな雰囲気を感じつつ、ディスクブレーキ化してグラベルにしたというところも面白い。

クラリス搭載にしてはやや強気な値段に見えますが、スペック詳細を待ちましょう。

グラベルだけでなく、街乗りや通勤通学にもいいかも

クロモリフレームの頑丈さがありますので、グラベルロードとして使うのもいいでしょうし、荷物を積載してのロングライドにも面白そうな一台です。
最新の太いカーボンやアルミのフレームよりも、細身のクロモリパイプが好きという方も多いですよね。

ちょっと前にグラベルロードのアンケートを行いました。

グラベルロードはロングライドに向かない??【コメントいただきました】

グラベルロードとロードバイクとシクロクロスの違い。様々なご意見を頂きました。【アンケート付き】

私が思うにですが、グラベルロードってかなり間口が広いバイクです。
ロードバイクだとオンロード限定ですが、グラベルならオフロードも走れますし、荷物の積載もしやすくロングライドやツーリングにも使える。
また通勤通学にも、ロードバイクよりも使い勝手がいいかと思います。

2019モデルはもしかしたら、様々なメーカーから新型グラベルロードが出てくるかもしれませんね。
カーボンフレームのグラベルもありますが、古き良き時代を彷彿させながらディスクブレーキという新しいものを取り入れたオルソという選択肢も面白いかもしれませんね。


BIANCHI ビアンキ 2019年モデル ORSO CLARIS オルソ ロードバイク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up