【2019年モデル】ビアンキのIMPULSO。ハイスペックアルミフレームは継続モデルの様子。

毎度毎度ビアンキばかりで申し訳ないところですが、2019年モデルのビアンキのインプルソが発表されています。
先日お伝えしたように、同じくビアンキのアルミフレームのヴィアニローネはフレームが変わりました。

【2019年モデル】ビアンキ VIA NIRONE 7 PROがモデルチェンジ!ワイヤーが内臓に!

ヴィアニローネよりも上位フレームであるインプルソは、昨年とフレーム自体に変化はないようです。
ですがコンポは105のみとなっています。



2019 ビアンキ IMPULSO 105


Bianchi(ビアンキ) 2019年モデル IMPULSO105 (インプルーソ105)[アルミフレーム][ロードバイク・ロードレーサー]

ヴィアニローネとインプルソって何が違うの??という質問を受けることがありますが、ヴィアニローネはエントリーグレードの頑丈なアルミ、インプルソは軽量なアルミという位置づけになります。
インプルソは特殊な溶接痕処理をしているため、ヘッドチューブとトップチューブのところに溶接痕がありません。
一度溶接した後に再び金型に入れてハイドロフォーミングして一体成型しているので、剛性も上がりますし、軽量化にもなりますし、何より見た目が美しい。

私も前に乗っていたのはインプルソですが、このフレームは秀逸です。
2011年ころは、プロチームがレースにも使っていた実績があるフレームです。

ビアンキ インプルーソ105(IMPULSO)の乗り心地 2017モデル

弓なりになったトップチューブと、細めで湾曲したシートステーが振動吸収性を高めながら加速性も出している印象のバイクです。

スペックの比較を、2018年モデルとしてみましょう。

2018 2019
フレーム アルミ(ハイドロフォーミング トリプルバテッド) アルミ(ハイドロフォーミング トリプルバテッド)
フォーク カーボン(アルミコラム) カーボン(アルミコラム)
STI 105 105(R7000)
クランク シマノ FC-RS510

50/34

シマノ FC-RS510

50/34

BB SM-BBR60 Shimano BB-RS500
FD 105 105(R7000)
RD 105 105(R7000)
スプロケ 105 11-32T 105 11-32T
ホイール シマノ WH-RS010 シマノ WH-RS100
タイヤ Vittoria Zoffiro 700x25C Vittoria Zoffiro 700x25C
ブレーキ 105 105(R7000)
カラー チェレステ

マットブラック

チェレステ

マットブラック

定価 173,000(税抜) 173,000(税抜)

ホイールがRS010からRS100に変わったくらいで、それ以外は同じのようです。
まあ2018年モデルだと105といっても5800系、2019モデルはR7000系なので、コンポが刷新されたと見ることも出来ますか。

RS010とRS100の違いですが、ほぼ同じです。
カタログ値ではRS100のほうが数十グラム軽く、RS100はワイドリムになっています。
ただ、一般的にはどちらも鉄下駄と呼ばれます。

ワイヤーは外装のまま


個人的な予想として、インプルソもワイヤーが内蔵になるのではないかと予想していました。
ヴィアニローネは2019モデルから内臓になりましたが、インプルソは外装のままです。

内臓か外装かで特に性能が変わるわけでもありません。

ワイヤーの内装と外装、どっちがいい?性能は変わる??【質問いただきました】

インプルソの場合、フレームの造形や溶接痕処理に力を入れていたので内臓までは想定していなかったのかもしれません。
トレックの軽量アルミ、エモンダALRも外装ですよね。

ビアンキアルミロードで105が欲しいなら、インプルソ

ビアンキのアルミロードで105コンポだと、ヴィアニローネとインプルソの二つがあります。
インプルソのほうが上位フレームなのですが、そこまで大きな価格差があるわけでもないので、インプルソを買ったほうがお買い得です。

過去にはプロチームがパリルーベのレースで使ったくらい実力は高いフレームなので、この価格帯のアルミロードの中では個人的にオススメです。

去年いくつかアルミロードの試乗をしましたが、雑誌やネットで絶賛されていても正直たいしたことないモノもありました。
インプルソはハズレがないアルミロードだと思っています。

なぜかティアグラモデルなどがなくなってしまいましたが、2019モデルのインプルソは105だけです。


BIANCHI ビアンキ 2019年モデル IMPULSO 105 インプルーソ105 ロードバイク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする