クリートカバーを無くしたので、再びシマノクリートカバーを加工してTIME用にした話。

先日、ロードから降りて歩いていて、再び乗ろうとしたらクリートカバーの片側が行方不明に。
探したけどなさそうだったので、クリートバーを買うかとアマゾンを見てみたわけです。

ペダルはTIMEを使っていますが、TIMEは純正のクリートカバーが地球上に存在しません。
ちょっと前にアマゾンで、サードパーティ製のTIME用クリートカバーがあったのを思い出し、買ってみようと。



既に在庫切れ・・・

TIME用のクリートカバーは、私が知る限りこの二つしかありません。

クリートスキンズのTIME用。

プレミアのTIME用。

premier プレミア クリートカバー TIME (タイム) 用
premier プレミア
売り上げランキング: 4,323

この二つはどちらもスポット入荷だけのようで、継続的に日本に入ってくるものではなさそうです。
今回も諦め気味でアマゾンを見たら、どっちも品切れ。

私が知る限り、半年以上は入荷が見込めないので、仕方なくシマノクリートカバーを加工することに。

シマノクリートカバーを加工


これは良く知られたことですが、シマノのクリートカバーを加工すると、TIMEにも使えます。

カッターなどで一部を切ればいいのですが、過去にやった時は恐ろしく疲れたというか、ゴムが硬くて全然切れない。

TIMEが純正のクリートカバーを出していない理由は、メーカーいわく【耐久性もあり滑りにくいクリートだから】ということです。
しかし、あらゆるクリートの中で、最も耐久性がないのはTIMEのクリートです。

歩いていて滑らないし、歩きやすいのは間違いないのですが、TIMEクリートはカバーを付けずに使うと半年も持ちません。
逆にカバーを付けていると、一年以上は持ちます。

とりあえず、やるか。

やらなきゃ意味ないよ?

で実際にやってみました。
カッターナイフの使い方を考えれば、前回みたいにパワープレーで切るのではなく、あっさり切れました。
なんていうか、ゴリゴリ歯を当てて押していくイメージだと1分かからず完了。

これがカット前のクリートカバー。

カット後のクリートカバー。

左がカット後、右がカット前。

こんな感じで切るだけです。
TIMEペダル利用者で、クリートカバーなしで使っている人はこれは必須のアイテムです。
TIMEはクリート自体も高めなんですが、半年で終了するのが一年以上は余裕で持ちます。

シマノクリートカバーはどこでも手に入るというメリットがありますね。

シマノ クリートカバー ペア SM-SH45 ESMSH45
シマノ(SHIMANO) (2011-12-08)
売り上げランキング: 532

今回無くしたのは片側だけなので、一個だけ加工しました。
もう一個はとりあえず予備で。

純正ではないので、外れやすい

シマノクリートカバーを加工すればとりあえずTIMEにも使えますが、所詮は純正品ではないので歩いていて外れることもあります。
これは正直しょうがないです。

上で紹介したTIME用に設計されたものだと、外れにくいというかそもそも嵌めづらいらしいですが、シマノ用だと嵌めるのも簡単だし、外すのも簡単。
つまりは外れやすいです。

ですがこれがあるかないかでクリートのモチが違うので、これは必須なわけです。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする